FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

治療時間は人によって違う

2019.12.10 (Tue)

治療時間について
私はいろいろと考えて来ました

と言うのは
人によって治療時間が全く違うと言う事です

人それぞれです

これは私の今までの疑問でしたが
ある理解が出来ました

治療をするとリラックスします
血流が良くなります

生体反応としては
良いはずです

副交感神経反射です

では、やればやる程に良い!のか

ところが・・・

ある人には1時間やって楽になる人
1時間するとやり過ぎになる人


それは副交感神経には
2種類の反応があると言う事です

強いストレスがあると
生体反応をストップさせると言う原始的な副交感神経反射

これは早産などで早く生まれた人に
多いと言われています

新しい副交感神経が発達するのが
妊娠30週以降なので

それ以前に生まれた人は
新しいタイプの副交感神経が発達していなく

古いタイプの副交感神経が発達しているため
と言われています

と言う事は

古い副交感反射が発達している人にとっては
やり過ぎる治療はストレスになると言う事が言えます

新しい副交感反射が発達している人にとって
治療はやればやるほど良い結果が出ると考えられます

この違いは見た目では分かりません
やって見ないと分からないと言う事です

だから私の治療院では
まず基本となる治療

30分で様子を見て頂きます

それで物足らないと言うようでは
60分の治療に置き換えます

これが私の考える治療時間です

人によって全く体質は違う!

と言う事です

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com

器具
スポンサーサイト



13:23  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

踵骨々端炎の治療

2019.12.06 (Fri)

踵骨々端炎の方です

踵

踵骨々端炎の方のような成長痛は
痛むところをローラーで転がすと

転がすというよりも
探すと言った感じです

すると必ずと言って良いほど
小さな「しこり」を感じます

その「しこり」は痛みがあります
その痛みを取って行くのが治療です

また、その「しこり」は一つとは限りません
数箇所にも「しこり」を感じ

それを取って行きます

また、「しこり」を取ると言っても
全身を診なければなりません

全身のバランスの乱れから
ほんの小さな箇所に負担がかかり

そして、小さな「しこり」となって
痛みが出ていると私は考えています

この時、全身の治療を施すのとしないのでは
全く結果は違います

従って私の踵骨々端炎の治療は
必ず局所の痛みのある「しこり」を確認してから

全身の治療にも入ります

全身と局所だけの治療では
結果は全然違います

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター
http:www.ashiya-rolling.com

器具
20:19  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

反射区を治療

2019.12.05 (Thu)

今日、久々に来られた方ですが
ローリングを転がすと

痛むしこりがいつもより
たくさんありました

この「しこり」は
内臓からの反射として現れる時が多いです
 
(腹部の反射区)
juyyfttrftghg.jpg

(背部の反射区)
njjhghh.jpg

いろいろな箇所に
反射区として現れます

その反射区には
筋肉の硬結、しこりとなって現れます

そのしこりは
ローリングに対して

痛い、くすぐったい
と言う反射で現れます

kjhygffguuuhhnnj.jpg

その反射を取って行くのが
私が施しているローリング療法です

この反射は
日数が開けば開くほど

過敏な反応を示します
負担が掛かって来てると言う事です

人にもよって違いますが
二週間に一回は全身くまなく治療した方が良いと思います

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com

器具
20:30  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

内臓のこり

2019.12.03 (Tue)

内臓の凝りと言われ
ピン!と来る人は多いと思います

しかし、あるDrの話によると
内臓が一番凝ると!

血流が悪くなりやすいため
病気になりやすいと言われています

そのため
私が施しているローリング治療では

まず一番に
内臓の治療を重視します

20091031215343eb6_201912031939275cf.jpg

治療をしていて
一番に副交換神経(リラックス神経)が一番緊張し易い箇所は

内臓です

よって私が施している
ローリング治療では

まず最初に
腹部の治療


内臓を重視します

これが私が内臓の治療を重視する理由です

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashoya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com

器具
19:48  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

持続力が無くなった、集中力が無くなった

2019.12.02 (Mon)

現在ではメンタルトレーニング
非常に重要です

いろんなトレーニング法があります
これは専門の先生がおられますが

その以前に
体のメンテナンスが十分でなければ

十分な集中力、持続力は
発揮出来ません

そののために私は
試合前などに集中力の邪魔をするもの

体のメンテナンスをします

ハムストリングスのつまりを取る

少しでも気になる箇所を施術してあげ
試合中に集中力を上げるための施術です

しかし、一番肝心な事は
普段からメンテナンスを怠らず

十分なメンテナンスをする事です
現場ではその十分な時間もありません

現場でこの場合
気を付けなければならない事があります

それは「よし行くぞ!」となっている状態を
リラックス状態に持って行かないと言う事です

この場合は交感神経(緊張神経)がほど良く緊張し
副交感神経(リラックス神経)を緊張させては行けません

もっと言うのなら
交感神経を緊張させる施術!

普段の施術と反対ですが
これをきっちり見極めた施術!


これをしなければ
普段の施術とは逆に

試合前にリラックスしているようでは
試合の準備の妨げとなります

試合前は
ほど良く交感神経(緊張神経)を緊張させる

試合後は
十分なリラックスを目的とした副交感神経(リラックス神経)を緊張させる


試合前の施術
試合後の施術

この見極めは
非常に重要です


メンタル専門のトレーナーの方がいます
しかし、その前に体にいろいろと不調があると

十分なメンタルは生かせません

そのための施術も非常に重要になります

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com


器具

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com


ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
18:55  |  ローリング療法  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT