FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

踵骨々端炎

2019.09.14 (Sat)

踵骨々端炎とは成長痛の事です

私は今までこの疾患の患者さんに対して
基本は安静だと考えていました

もちろん痛みがきつく、
炎症を持って骨に圧痛のある時は安静が大事です

しかし、私が先日診た患者さんについて思った事は
いくら骨に圧痛があっても

必ず、その骨に痛みを来たしている原因
これを絶対に把握しなければいけない!という事でした

下の写真は踵骨々端炎の患者さんを
治療しているところです

hhhhhjijojiijooioiooiijoiiuhu.jpg

この写真を見ていると
踵骨にローリングをしているように見えますが

踵骨を治療しているのではなく
ある「しこり」を治療していました

このしこりですが
後脛骨筋腱です

この治療を施した後に患者さんに痛み具合を聞くと
やはり「楽になった!」といわれました

ただ、踵骨の痛み
炎症は少し残っていますが

今回、私が非常に勉強になったのは
常識だけに捉われず

あらゆる面から患者さんの痛みを診る!
という事でした

現に後脛骨筋腱を治療すると
痛みは楽になりました

今までの私の成長痛に関しての考えは
安静がなければ痛みは取れない!というものでしたが

それだけではない!という事で
本当に日々勉強です

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com

bytftgghhghghgghhh_201904052012253be.jpg

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
スポンサーサイト



19:34  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アキレス腱周囲炎

2019.09.12 (Thu)

アキレス腱痛、周囲炎ですが
アキレス腱痛とはアキレス腱自体に痛みがあり

肥厚といって
アキレス腱自体が分厚くなって来る疾患です

アキレス腱周囲炎とはアキレス腱の周囲の組織に炎症を来たし
痛みを伴って来る疾患ですが

アキレス腱の肥厚とともに
周囲の組織に摩擦が起こり

それが原因で発症と思われますので
私の考えとしてどちらかを区別するという事はありません

文献では原因をオーバーユーズとされていますが
勿論それも私はあると思います

ところが私はこれだけが
原因とは思っていません!

下の写真をご覧下さい、
mjnhghgbhjhjnjnk.jpg

これは腰椎のズレを診ているところです
この場合ですがL5が右の方に回旋しズレていると思われます

そうすると骨盤が歪んで行き
下肢の長さが違って来ます

そうする事で

必ず体のあちこちに引っ張られる箇所や
圧迫される箇所が出て来ます

そうした箇所にオーバーユーズなどの負担がかかり
痛みが発症すると私は考えています

ただ、その方によって痛みにの出て来る箇所は違います
この辺が臨床を行うによって難しい所と言えます

そして、今回来院された方はアキレス腱に痛みを訴えておられたので
このL5のズレを矯正してアキレス腱局所の治療を行って行きました
lkjhhhhjj.jpg

痛みの出ている所は
アキレス腱でした

私は局所だけを診ていても
治癒はないと思いました

勿論局所だけを治療していても
良い結果が出る時はあります

しかし、その方や症状によって
原因は全く違います

全体を診なければ
施術の意味はないと思います

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling
com

bytftgghhghghgghhh_201904052012253be.jpg

ラグビー治療院
http://ww.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
19:19  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

捻挫の早期復帰には周囲の状態を良くする

2019.09.12 (Thu)

大学生のメンテナンスです
juuhjjhghgg.jpg

昨日は暑かったです
やる度に汗がポトポトと落ちて来ます

しかし、現場での施術に対し
そんな事で文句を言って来る者はいません

その場が必死の状態です

先週に診た者ですが
幾分、先週よりもマシになっていました

内側々靭帯の圧痛自体は
まだ、圧痛はありましたが

周囲の状態が
かなりまでは言いませんが

良い状態になっていました

kjiuyytytftyiuijkmkmnkjbhjbsjd.jpg

三週間前に捻挫をされた方ですが

靭帯の圧痛はありましたが
関係のない場所までも圧痛があります

関係のないところの
圧痛は取れて行きましたが

やはり、靭帯の圧痛は
残存しました

しかし、三週間経っている以上
局所だけを意識していてはいけない

周囲の状態も考えないと
復帰にかなり遅れると選手に伝えました

まだ、診なければいけない者は
いくらでもいます

また行ける時いは行きます
よろしくお願い致します

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com

bytftgghhghghgghhh_201904052012253be.jpg

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
18:14  |  ラグビー治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

試合前の施術

2019.09.09 (Mon)

大きな試合になればなる程に緊張します
すると、選手というのは普段は非常に厳しい練習をされています

体のどこかに負担がかかっていないと言う事はありえません
選手の性格、緊張具合によって何らかの痛みを訴えるものが出てきます

「そんなん、気の持ちよう!」
「精神力が弱い!」

「集中していない証拠!」という大人が多々います

私はそれは違うと思います
私が選手と接していて感じる事は

「そんな時こそ選手のニーズに答える!」
これが大事と思います

現に少しの事(治療)をしてあげる事で
選手は納得して喜んでくれます

10年以上も経って
「あの時に治療してもらった!先生には世話になった!」
という選手も少なくありません

この痛みを取ってあげる事が
試合に対しての集中力をつける!

相手に対して負けない精神力をつける!と
私は認識しています

私たち大人が選手に対して
集中力をつけてもらう!

精神的に強い人間になってもらう!
と言う事の手助けをしてあげなければならないのに

頭ごなしに
「お前は大事なときになると、いつもこれやな!」

このような類の事を選手に言うと
選手は必ず反感の気持ちを持ちます

私は絶対にこれは
間違っていると考えています

私から言わすと
これは選手を批判していると言う事です

自分の事を批判されて
どんな状態で試合に挑めるでしょうか!

いろいろな選手、
子供たちの気持ちが分かる!

私はそういう治療家
トレーナーを目指したいと思います

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com

bytftgghhghghgghhh_201904052012253be.jpg

>ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
16:33  |  ラグビー治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

下肢が浮いている

2019.09.09 (Mon)

こういった方もおられます

写真を見て頂ければ
お分かりになると思います

右足が浮いている

右下肢が浮いておられます

右下肢全体にどことなく
不調を訴えておられました

もちろん施術をして行きました
施術後、下の写真のように右下肢の浮きはしずまったと思います

両方の足が沈んでいる

やはり、この状態なら
いろんな障害を併発すると思います

どこに障害が出るとは分かりませんが
やはり状態を良くすることが重要と思います

また、今回私も非常に勉強になりましたが
痛みが出ている所のみを診ているようではダメだと思いました

局所も大事ですが
このように全体を診ておかなければ

局所だけの施術では
結果は良くないと思います

今回の臨床ですが
非常に勉強になりました

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-roling.com

bytftgghhghghgghhh_201904052012253be.jpg

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
16:15  |  スポーツ障害  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT