09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

細かい施術

2017.10.02 (Mon)

大学ラグビーの帯同でした
jjhgfff.jpg

試合前、選手から痛みのある箇所について
相談を受けました
kkuyfdf.jpg

ストレッチでは伸びない
自分自身では対処しきれない箇所です
nhhggffhuu.jpg

触って診ると
指に反発して来る硬結が何か所かありました

これを施術して行きます
jhhhygffffftg.jpg

試合前なので
時間をかけてゆっくり施術する訳には行きません

他にも選手がいるため
その箇所だけの施術となりますが

これをする事で
ストレッチの効果が全く違って来ます

試合前のコンディショニングについて
補助的な役割をさせて頂いております

しかし、これは現場だけの施術だけでなく
治療院においても同じ事は行っております

治療院ではその箇所だけではなく
関わって来るであろう箇所も丁寧に施術させて頂いております

このように
ストレッチでは対処出来ないような細かい痛み

ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

480kakeru.jpg
スポンサーサイト
21:07  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

細かい治療

2017.09.19 (Tue)

ラガーマンの治療をしております
lkgggvgh.jpg

筋肉が盛り上がっているため
痛みの箇所は探しにくいです

しかし、原因となっている箇所は
硬結となって現れています

その硬結は一つではありません
米粒のように色々な形になって現れています

一か所の硬結を治療するだけで
痛みは軽減、消失する場合もありますが

ほとんどの場合、複数の硬結となって現れ
こじらせて来院されるのがほとんどです

このようにはっきりと分からないような痛み
痛みの根源が分からないと言う方

ぜひご相談下さい!
    ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

480kakeru.jpg
19:19  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

痛みに対する施術の基本

2017.04.01 (Sat)

痛みを訴えて来られる方

主訴とする箇所には
必ず指や器具に反発する硬結があります

硬結とする筋肉は
走行から外れ変形しています
ズレた筋肉

この筋肉のどこかに
指、器具に反発する硬結があります

反発する硬結は
必ず少しの圧で反応する圧痛があります

これはうっ血を取ってやると
痛みは軽減します

この時、変形も意識して施術しますが
すべての痛みを取る必要はありません

この時点では
軽減で十分です

局所のみを意識すると
必ずやり過ぎの悪い反応が出やすいです

軽減が確認出来れば
全身のバランスを整える治療に入ります

このように変形するのは
私はバランスの悪さからだと思います

と言うのは

同じ練習や仕事をしても
痛みが出る人と出ない人があります

痛みが出る要素があると言う事ですが
この要素は筋肉の変形だと思います

痛み(反発する硬結)があるから変形するのではなく
体のバランスが悪くなってある箇所の筋肉に変形が生じる

私はこのように考えます

そのため反発する硬結の痛みをすべて取るのではなく
軽減を確認すれば全身のバランスを整える事により

より変形した筋肉はゆるみ
正常な形に戻る事により

反発する硬結は反発しなくなり
痛みもより軽減もしくは消失して行きます

以上が私が考える
痛みの治療の基本施術です

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


480kakeru.jpg
20:58  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

肩の筋肉(前鋸筋)へのアプローチ

2017.03.25 (Sat)

前鋸筋という筋肉へ
アプローチをかけます
kjutfrf.jpg

【前鋸筋の起始・停止】

(起始)

第1~第8ないし第9肋骨の外側面の中央部に付着

(停止)

肩甲骨の上角、内側縁、内角に付着

【前鋸筋の主な働き】

肩甲骨を前方へ滑らせる。肩甲骨を上方回旋する。肋骨を挙上する

jjhgfftyyyhhhnjnj.jpg

前鋸筋

前鋸筋というのは
上の写真を見て頂ければ分かりますが

すべてを徒手で触れる
不可能ですが

写真のように
やり方によっては

少しでも触れることが出来ます

肩甲骨の外側からアプローチをしかける時は
ろっ骨に沿って圧をかけて行きます

写真にはありませんが

肩甲骨の内側からしかける時には
上方に肩甲骨に圧をかけて行きます

肩甲骨の内面にあるため
すべてにアプローチをすることは無理ですが

これをする事で
肩甲骨の動きの一部は良くなります

肩甲骨の動き

またアスリートに限らず
一般の方の五十肩の予防にもなると思います

ストレッチというのは
決して無理をしてするものではありません

ストレッチをする前に
筋肉へ少アプローチをかけると

ストレッチが楽に出来て
より効果があると思います

ぜひ試して見て下さい!

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!

info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
山西整骨院(各種保険取扱)
http://www.ashiya-rolling.com

480kakeru.jpg
17:52  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

原因のない痛み

2017.02.20 (Mon)

痛みと言うのは原因が無く
レントゲンを撮っても異常が無く

他人に分かってもらえない!

ラグビーだけでなくアスリートの場合
厳しい練習を強いられます

痛みのため
いつまでも休んでいると

チームメートからは
早く復帰をするように言われます

焦ります

ストレスがかかります

交感神経が緊張して
よけいに治りが悪くなります

ひどい場合は
チームメートといざこざが発生します

また分かってくれない指導者も多いです

痛みにはいろいろな原因があります

病院に行って目に見える痛みなら話は早いですが
ほとんどの場合は上にも書いていますが

目に見えません!

ここで私が考える痛みですが
痛みの局所を触って診ると

必ず「しこり」を感じます

この「しこり」は米粒状や
それよりも小さいブツブツの「しこり」など

感じ方はバラバラです

そして痛みの発生している「しこり」は
ローリング器具や指に反発して来ます

この時「しこり」に圧を加えると
必要以上の敏感な痛みがあります

この痛みの原因は
「うっ血」です

よって「うっ血」を解消してやると
痛みは緩和、もしくは解消します

そして「しこり」のある筋肉は
硬くなって変形を生じているものもあります

写真のようになっています
(変形は様々です)
筋肉変形

この硬く変形した筋肉を
やわらかく正常な形に戻さなければなりません

この時、あまり変形意識して施術しなくても
「しこり」を治療することで変形の治療にもなると思います

そしてある程度の「しこり」と変形が緩和することを確認すると
全身のバランスを整えるための施術に入ります

この時、そんなに時間をかけずとも
15~20分くらいでも十分バランスを取れると思います

そして「しこり」と変形を確認すると
「しこり」の痛みはさらに解消し

変形している筋肉はさらにやわらかくなり
変形も正常な状態により戻っていると思います

「しこり」の治療と全身の治療で
20~25分くらいが目安ですが

こじらしている痛みがあり
この場合は「しこり」が一つだけではなく

何個も点在している場合があります
この時は時間が余計にかかります

これが私が考えて施している
原因不明の痛みの治療です

原因不明の痛みでお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com

480kakeru.jpg

芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com

器具
16:57  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT