05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

内臓反射を診る、そして即治療

2018.06.19 (Tue)

ローリングをするとくすぐったい、痛いというのが
異常体であることを告げる肉体からのメッセージならば

その受け取り方を間違えないようにしなければなりません

これはきちんと勉強した人だけにできる診断です

人間の内臓を、東洋医学で五臓六腑といい
五臓は心臓・肝臓・腎臓・脾臓・肺臓のこと

つまり中身のつまった臓器です

腑は胃や腸、膀胱などのように
中が空洞になっている臓器をいいます

この五臓六腑、それぞれがバランスを崩してくると
それが体のあちこちに信号となってあらわれるとされています

人間の体は不思議な構造をしていて不調があると
その場所だけでなく別の個所にも痛みなどの反応が現れます

これが反射区とよばれるもので
肝臓などの「臓」の反応は右肋間に

胃などの「腑」の反応は左肋間に現れやすいのです

もちろん、こうした反射反応がでるのは肋間だけでなく
背中や耳や手足など、それこそ体じゅうのあちこちにあります

鍼灸や指圧で、ツボとよばれている部分も反射反応のあるところですが
同じ症状を改善するツボは一箇所だけではありません

ローリング治療でも同じで、肋間でりゃっ感(くすぐったい所)を訴えられたあと
別の反射の場所をローリングし、診断に間違えないかを確認します

体の不調を告げる反射の箇所は
ローリングではうっ血やしこりの異常発見の手がかりというだけでなく

治療の個所にもなります。

そこをローリング器具で加圧して
うっ血やしこりを取り除き、滞った血流をよみがえらせる

このことが治療にもなるわけです

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

roller_ion_all.jpg

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
スポンサーサイト
18:36  |  ローリング療法  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ご家族やご自身でするローリング治療・上肢編

2015.05.29 (Fri)

四つ玉マイナスイオンローラー
上肢の治療について書きたいと思います

○前腕
下の写真はセルフで行っているところです

◆手背側を治療しているところですが
これを三線に分けて行うと経絡に沿って治療する事が出来ます

親指側から手の陽明大腸経
真ん中が手の少陽三焦経
小指側が手の太陽小腸経
写真の場合は手の陽明大腸経を治療しています

前腕をセルフで四つ玉で治療

◆手掌側を施術しているところです

手掌側も三線に分けて治療します

親指側から手の太陰肺経
真ん中が手の厥陰心包経
手の少陰心経

それぞれ意識して治療して頂くと
より効果が出ると思います

前腕の手掌側をセルフで四つ玉で治療

次に家族同士や選手同士でやり合う治療ですが
この場合、術者の大腿部を前腕に入れて固定するとやり易く出来ます

手掌側はこれをひっくり返し
背側の治療です

腕の治療(四つ玉)

下の写真は手の少陰心経にロリングしています
セルフではこのようにすればやり易いと思います

前腕・手の少陰心経をセルフで四つ玉で治療

また、家族同士や選手同士で治療するには
下の写真のようにやって頂ければやり易いと思います

前腕・手の少陰心経を四つ玉で治療

   (前腕の経絡・経穴)
   ※手背側
     手の陽明大腸経 陽谿 偏歴 温溜 下廉 上廉 三里 曲池
     手の少陽三焦経 陽池 外関 支溝 会宗 三陽絡 四瀆
     手の太陽小腸経 陽谷 養老 支正 小海

   ※手掌側
     手の太陰肺経 尺沢 孔最 列缺 経渠 太淵
     手の厥陰心包経 曲沢 郄門 間使 内関 大陵
     手の少心経 少海 霊道 通里 陰郄 神門

   (経穴による効能)
   
   ※手背側
     曲池 風邪引き熱・のどの腫れによる痛み、皮膚病、婦人科疾患
     陽渓 「陽明経の谷」という意味、のど・歯・耳の炎症や痛み
  
   ※手掌側     
     曲沢 「肘の曲がるところで、沢のようなくぼみがある」
         心臓病、精神不安定、肘の痛み
     郄門 「筋骨の隙間にあって反応が激しく、出たり消えたりするツボ」
         動悸がする、息苦しい、胸がつまる、のどが痛い、せきがひどい、
         鼻血、吐血、喀血など救急止血のツボ
     内関 「関所のようなツボ」
         心臓病、心悸亢進、心窩部痛みやつかえ、
         消化器の痛み、頭痛 
     少海 「心経の深いツボ」
         頭痛、発熱、目・鼻の充血、耳鳴り、肘の痛み、心臓病 
     神門 「心臓の門」
         心臓病一般、ノイローゼ、不眠症、胃腸病、便秘、乗り物酔い

○上腕
前腕と同じく手背側と手掌側に分けます
やはり三線に分けて頂き経絡に沿ってローラーして頂ければ

より良い効果が出ます

ただ、上腕の場合
手の太陽小腸経と手の少陰心経については

セルフでするには少しやりにくいと思います
(この場合のやり方については、下に後述します)

下の写真は手の陽明大腸経をセルフで治療しているところです

上腕をセルフで四つ玉で治療

手掌側をセルフで治療しています
この場合、手の厥陰心包経になります

四つ玉マイナスイオンローラーで上腕の手側をセルフで治療する

手の少陽三焦経の治療については
セルフで行うよりも家族同士や選手同士で行うなう方が

しっかりとした治療が出来ると思います

手の少陽三焦経を四つ玉で治療

手の太陽小腸経について、
下の写真のような位置で治療して頂くと非常にやり易いと思います

手の太陽小腸経を四つ玉で治療

手の少陰心経についても
下の写真を参考にして頂ければ良いと思います

上腕・手の少陰心経を四つ玉で治療

(上腕の経絡・経穴)
  
   ※手背側
     手の陽明大腸経 肘髎 五里 臂臑 肩髃
     手の少陽三焦経 天井 清冷淵 消濼 臑会 肩髎
     手の太陽小腸経 肩貞 臑兪

   ※手掌側
     手の太陰肺経 天府 俠白
     手の厥陰心包経 天泉 
     手の少陰心経 極泉 青霊

   (経穴による効能)
     臂臑 五十肩、腕の痛み、じんましん、皮膚病、白内障、緑内障、声がれ

上肢については
セルフだけではやりにく箇所もあります

しかし、上肢を治療することで
治療に対する結果は全然に違うと私は考えています

これは私の考えですが
誰でも腕はよく使います

食事をされる時もこうしてPCを打つ時も
これは下肢にもいえる事ですが

その疲れやストレスが
必ず上肢から肩を通じて上がって来るように私には思えます

それが頭に行ったり
いろんな臓器に行き

いろいろな疾患の原因になって来るのではないか!と
私は考えています

この事から私は上肢は必ず必須で
重要であると考えています

痛み、体調不良でお困りの方
ぜひ、ご相談下さい
     ↓
info@ashiya-roling.com


ラグビー治療院
ローリング健康センター芦屋院・豊中院
山西整骨院(各種保険取扱)
http://www.ashiya-roling.com
20:20  |  ローリング療法  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

勉強会

2012.06.17 (Sun)

先日、ローリング療法の勉強会をしました。
勉強会

どこに行っても整骨院の看板を見かけると思います。
みなさん柔道整復師の先生方です。
今、整骨院は過剰状態と言っても過言ではありません、
しかし、この先生方のように新しい事を吸収しようとされている先生、
このような先生方に関しては、
まだまだ成長されて行く事と思います。
この業界の未来は暗い!と言われる先生も多く、
事実、廃業されて行かれる先生もよく見かけます。
しかし、私はこの業界はまだまだ未知な世界があると確信しています。
これは勉強をすればする程感じる事です。
努力と工夫次第でまだまだ明るい業界を私は思います。

名神豊中ローリング健康センター
http://www.toynaka-rolling.com/
23:15  |  ローリング療法  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |