07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

選手の苦手を克服させない

2016.01.12 (Tue)

選手(治療に来られている方)と話をしていると
このように言われている方が多いです

苦手を克服するように!

指導者に言われているそうですが
得意より苦手を克服すると

苦手が得意を打ち消して行きます

スランプに陥ってしまいます

この場合、得意を徹底的に伸ばして下さい

そうすると得意が苦手を打ち消して行き
パフォーマンスは上がります

他の選手にも聞いていると
あまりにも苦手を克服するように言われている指導者が多いです

極端に言うと野球選手で右利きの投手が
左も同じように投げれるように指導されているようなものです

長所伸展法と言って
必ず得意、長所から伸ばすようにして下さい

しかし、私はこれにもう少し
付け加える事があります

いくら長所を伸ばし
短所を消し去る事をしても

短所が0パーセントになる事はありません

長所が100パーセントとなり
短所が0パーセントとなると

これは天才です

私は未だ天才など見た事はありません
(中にはいるかも知れませんが)

世の中に天才など無い!

と言うのが私の持論です

私が現役の頃
殴る、どつくは当たり前の時代で

練習を嫌々していた覚えがあります
この状態で選手が伸びる訳がありません

選手の短所を指摘して
それに罵声と暴力を浴びせ

短所を治そうとしている訳です

これでは選手が短所ばかりを気にして
長所が伸びる訳がありません

しかし、引退して30年も経つと
今では楽しく、おもしろい思い出になります

チームメートと酒を酌み交わすと
笑いが絶えません

時間が嫌な思い出を打ち消している事ですが

ここで私が思った事ですが

短所を0パーセントにすると言う事は
この嫌な思い出も打ち消す

記憶から無くすと言う事で
そんな事は記憶喪失でもならない限り無理です

と言う事は

いくら長所を伸ばして短所を打ち消しても
長所100パーセント、短所0パーセントにならないと言う事です

これが叶えば
上記している天才と思います

長所で勝負していても
ある程度、微妙な短所も出て来ると思います

そんな時、私が選手に言ったり
僕自身も自分に言いかけている事ですが

人に完璧など無い!

天才などいない!

と言う事です

そして短所を克服しようとしている選手に見かける事ですが
頑張り過ぎて顔がこわばっている選手を見かけます

こんな時には「こんなものだ!」と思い
頑張り過ぎないようにする事だと思います

得意な事や好きな事をしている者には
余裕があります

以上の事から選手には

苦手は克服しない!

長所を伸ばす!

頑張り過ぎない!

人に完璧など無い!

これらを伝えています

人によって考え方は違うかも知れませんが
これらが私の苦手を克服させない理由です

痛み、体調不良でお困りの方
ぜひ、ご相談下さい
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
スポンサーサイト
20:14  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ラグビー人気

2015.10.13 (Tue)

ラグビー日本代表が南アフリカに勝って
非常に話題になっております

今までラグビーのラの字も無かった人達が

ラグビーっておもしろい!
五郎丸のキックは正確だし、男前だ!
ラグビーを知らなかったけど、泣きそうになった!

この様な事を良く言われます
五郎丸選手

私なりに考えた事ですが
この人気には意味があると思います

これは経験者で無いと
分からないかも知れませんが

ラグビーの試合前
感極まって泣いている選手がいます

また遺書を書いて試合に臨む者もいます

このような行為は
おそらく日本人だけです

試合前、国家を歌いながら
泣きそうになっている選手もいますが

号泣したり遺書を書いたりと
やはり日本人特有の習性だと思います
(トンガの選手にも泣いてる者を見ましたが、やはり日本人の方が感情を顕わだと思います)

この習性は
例えは悪いかも知れませんが

大東亜戦争時代の神風特攻隊
国のために命を差し出す

やってはいけない事ですが
習性は同じだと思います

これは早稲田大学の故・大西鉄之助先生が言われていた
闘争の倫理で

組織と組織が生じると
必ず軋轢が生じる

この最悪の結果が戦争である

その戦争を回避し
軋轢を平和的に解消するには

スポーツが最も優れている

このように言われておられました
(思い出しながらなので、言葉は少し違っていると思います)

上に神風特攻隊と書きましたが
この習性を神風特攻隊に持って行ってはいけません

これは誰が考えても分かる事です

今回のように
この習性をラグビーに持って行った!

私はこれは凄い事だと思います

これはラグビーに限らず
スポーツは平和のきっかけになると言う事です

今回のラグビーブームは
私が思うにこの習性にみなさん火が点いた!と思います

日本人にこの習性がある限り
JAPANが強ければ

私はラグビーは
国民的スポーツになると考えています

山田選手580

ただ、まだまだラグビーにしろ
日本のスポーツと言うのは

封建的な社会も残っています

最近では無くなりましたが
練習中に水を飲まない!

これは軍隊の教育に
体育を取り入れた背景があると思います

第二次世界大戦では
軍隊はジャングルに入ります

ジャングルの水を飲めば
コレラが潜伏します

一人がコレラになれば
部隊は全滅状態になります

しかし、一人二人が熱中症で命を落としても
部隊は全滅しません

そのため軍隊には水を飲むな!と教育が持ち込まれ
戦後の体育の教育に軍隊の教育が逆に持ち込まれた結果と考えています

今では水を飲むのは常識になっておりますが
まだまだ見ていれば

理不尽な練習方式が
残っているチームもあると思います

これらの封建的なやり方と言うか教育

これではせっかくラグビーを始めた子供たちも
嫌になってやめて行くのは目に見えています

これが誰が考えても納得のいける教育であれば
ラグビーは国民的スポーツになると思います

今回の記事で
治療とは全く関係無い事を書きました

これが私が考える
今回のラグビーブームのきっかけです

痛み、体調不良でお困りの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院Ⓡ
http://www.ashiya-rolling.com
19:02  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

高見

2015.05.14 (Thu)

サッカーをされている小学生6年生の方で
いわゆる成長痛(踵骨々端炎)です
陸くん治療

上の写真は超音波をしているところです

普通に治療をしていたのですが
背中に書いてある文字が気になりました

NAKAMURA 25

nakamura25.jpg

この時に思った事ですが
誰も嫌いな人のネームの入っているシャツなど着ません

その方が好きか憧れているからこそ着られていると思います

やはり、将来はNAKAMURA選手のようになりたいという
願望を持たれているはずです

私はこの時
ただ治療をするだけではなく

子供の将来を見据えます

将来この人がどんなアスリートになるのか
そんな事は誰にも分かりません!

NAKAMURA選手以上になるかも知れません

今回の患者さんは踵骨々端炎ですが
将来のためにやはりきっちりと治療しておかなければならない!

このように私は思います

  (※踵骨端炎の場合
   踵が突出して大人になっても変形が残存している方がいます

   たかが成長痛と考えず
   将来の可能性を見据え

   しっかり治療して行くべきです)

また小学生の方に

「将来、君がどんな選手になるのかは分からない、
  何億円稼ぐトップアスリートになる可能性は十分にある!」

このように伝えると
子供達のテンションは必ず上がります

治療の向上にも繋がります

この時、よくある問題があります

小学生の場合
付き添いにご父兄が来られます

そのご父兄がよく言われますが

「この子にはそこまで無理ですわ!」

子供のテンションは下がります

私は今までに
普通だった子が日本を代表するようになった選手を

何度も見て来ました

生まれて来た時
持っていたものはみんな一緒です

こう言うことが
子供の脳にインプットされて行き

せっかくやる気になっている子供の
潜在能力をつぶして行くのだなぁ~と

人間やって見ないと分かりません
親の言葉で子供のやる気を抑えてはいけません

私はどんな子供に対しても
高見を見さす治療をして行きたいと思います

     成長痛でお困りの方
     ぜひ、ご相談下さい!
          ↓
    info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
     芦屋・豊中ローリング療法治療院
     山西整骨院(各種保険取扱)
     http://www.ashiya-rolling.com
20:45  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

股関節の施術にてパフォーマンス向上

2015.05.11 (Mon)

股関節の解剖学です

股関節筋群
こかんせつ筋480×380

坐骨神経
坐骨神経480×380

血管
股関節血管Ⅱ480×380

靭帯
腸骨大腿靭帯480

恥骨大腿靭帯480

坐骨大腿靭帯Ⅱ480

輪帯480

股関節にはこのように
いろいろな筋、血管、神経、靭帯が存在します

股関節のストレッチ、トレーニングがあります

私が股関節に注目しているのは
股関節には非常に強固な靭帯が存在します

靭帯には何らかの固有知覚が存在する
言わば体のセンサーが存在すると私は考えております

他の関節にも靭帯は存在しますが
とくに股関節の靭帯は強固で大きい靭帯です

何らかの不具合で靭帯のバランスを崩すことで
固有知覚、センサーに悪い影響を与える

下の図のように体幹がゆがむと
パフォーマンスが向上するとは思えません
股関節のバランス400

パフォーマンスのみならず

内臓の位置異常も来し
健康にも悪影響を及ぼして行くと思います

内臓は平滑筋と言って
自律神経支配です

自律神経に悪影響を及ぼすと言うことは
脳へストレスを与えます

これはパフォーマンスとあまり関係ないですが
内臓だから病気を起こすと言うのではなく

自律神経が集中していると言うことは
ストレスがかかり易い

ストレスがかかると血流障害を招きます

血流が悪くなり易いため
病気になり易い

こう言うことも言えると思います

少し脱線しましたが

私の股関節の治療は
股関節の筋肉や靭帯をほぐし

股関節の動きを良くすることで
パフォーマンスを向上すると言う意味だけでなく

固有知覚を刺激し
脳へのセンサーはスムーズに働かせ

そしてパフォーマンスを向上する!

こう言う意味も兼ね備えております

股関節の施術風景
[広告] VPS


股関節の施術についてご興味のある方     
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
http://www.ashiya-rolling.com/info.html


ラグビー治療院
ローリング健康センター芦屋院・豊中院
山西整骨院(各種保険取扱)
http://www.ashiya-rolling.com
13:06  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

将来を見据える

2014.10.11 (Sat)

小学校6年生の方です
下の写真のところにやや強目の圧痛があります
踵の外側が痛む

踵骨骨端炎と言う成長痛です

今回の日記では治療の事はあまり書くつもりはなく
成長痛についていつも気になっている事を書きます

それは子供と一緒に来る親についてです

私も出来るだけ早く現場に復帰出来るように治療してますが
やはり限度があります

痛みもきつく腫れも著明の症例に対しては
やはり練習や試合は少し休んでくれ!といいます

ところが

「今練習を休むと次の試合に出れない、今回のために今まで頑張って来た!」

気持ちは分かります

しかし今無理をすれば踵骨々端炎なら
踵が突出して変形が残存するケースがあります

骨にはいくらWollfの法則があるといえ
将来において決して良い事ではありません

いくらかの変形、かなりの変形を成人になっても残存されている方もおられます
こうなっては本格的にスポーツをされる時に何らかの支障を来たします

その辺の所を親に説明してもあまり聞いてくれない方もおられます
今回来られた方も将来はJリーグでプレーしたいといっておられました

下の写真はラグビーの日本代表のジャージです
ジャパン

これをくれた患者さんも私は中学生の頃から知っています
その方には失礼かも知れませんが

まさか日本代表までなられるとは思ってませんでした

何がいいたいか!ですが

誰にでもトップスリートになって日本を代表する選手や
何億円を稼ぐ選手になる可能性はあります

誰がどんなアスリートになるか
小学生ではまだまだ分かりません!

小学生で痛みがあるのに無理をすれば
この可能性を潰してしまう事になり兼ねません!

今度それを親にいうと

「この子にそこまで無理ですわ!」

そんな事はありません!

誰にでも必ずチャンスはあると私は考えています

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
17:41  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT