FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

低年齢化する顎内障

2009.05.17 (Sun)

平成18年9月5日

顎内症の患者さんの治療をしました。
今回の人は右でしたが、これははっきりしたことは断定できませんが、
私が診る顎内症の患者さんは、ほとんどが右側のように思えます。
これは右利きの人が多く、そのため右の顎関節に「圧迫やズレ」がでてくると考えます。
しかし、いくら「圧迫やズレ」があったとしても、いつでも痛みがでる訳ではありません。
やはり、ストレスが原因だと思えます。
ストレスから血液循環が悪くなるため、
そういった負担がかかっているところに、痛みが出てくるのではないかと考えます。
このときの治療ですが、体全身ローリングを施し、全身のバランスを整えていきますが、
顎内症の場合、ひとつ目安になることがあります。
それは下顎骨(耳の下辺りのところ)と後頭骨(乳様突起)の間、
または下顎骨(奥歯の下)のところに、圧痛のある「しこり」が必ず出ています。
それを取っていくわけです。
これは私の顎内症の治療のパターンです。
その「しこり」を見つければ、結構早く痛みは取れると思います。
しかし、治療をぜんぜんしていなく、その「しこり」自体が硬くなっている人は、
ちょっと時間がかかると思います。
ただ、この「しこり」が見当たらず、いくら治療をしてもよくならない顎内症があります。
それは子供が「アゴが痛い!」と言ってきたときです。
子供と言っても、小学生の低学年の人がこれを訴える人がいます。
圧痛はありますが、「しこり」が見当たりません。
とにかく治療はしますが、大人の場合はたいてい「良くなった!楽になった!」と
言ってもらえますが、子供の場合は、そんなふうにはいきません。
治療が終わって「どうかな??」と尋ねますが、
首を傾けて、「分からない!」と言われることがあります。
私は何故こんな子供が、アゴなんか痛くなるのか疑問に感じていましたが、
自分の子供が小学生に通うようになり分かりました。
やはりストレスです。
大人の場合もストレスですが、大人と違い筋肉も硬くありません。
ストレスが姿勢を悪くして、顎関節に痛みを出していると思います。
大人の場合は、まず局所を治療していきますが、
子供の場合は、まず気持ちが大事です。
学校に行くようになり、人間関係も出ていきます。
私が小学生のころと違い、塾通いもすごいです。
親にも気を使っているでしょう。
子供の顎内症の場合は、付き添いの親にそのことを伝えるようにしています。
子供の場合はあまり熱心に治療するよりも、
話をよく聞いてあげて、冗談のひとつでもまじえた方が、
結果はいいように思えます。
スポンサーサイト



11:49  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

この時期に来る患者さん

2009.05.17 (Sun)

平成18年8月3日

毎年、この時期になれば来られる患者さんがおられます。
21年前、日航機の事故で息子さん夫婦と孫さんを亡くされた方です。
「先生、今年も山に登るんですわ!」
今年でおそらく80歳くらいになられる人です。
20年以上経って道はかなり良くなっているそうですが、
やはり車で行けるところから、かなり歩くそうで、
毎年、「せめて、あと一年、あと一年!」と言われます。
やはり80歳という高齢のため、かなりしんどくなってきている見たいです。

いろいろな患者さんを診ていますが、
御巣鷹山に登るため、私を頼って来てくださるのは、
身内を亡くされて失礼な言い方かもしれませんが、
治療家冥利につきます。
「今年もそろそろ来られるな?!」と思っていた頃でした。
「先生、いつもこの時期だけに来てすみませんね?!
普段から、ちゃんと来とかなあかんのにね?!」と言われますが、
私としては、本当に光栄です。
09:07  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

水泳・近畿大会

2009.05.17 (Sun)

平成18年7月28日

近畿高等学校選手権水泳大会が和歌山県営・秋葉山プールでありました。
報徳学園水泳部に同行してきました。
私自身、本格的な水泳競技は始めてなので非常に楽しみに行ってきました。

e0061361_14184994.jpg

みなさんウオーミングアップをされています。
独特の雰囲気があります。

報徳学園水泳部の垂れ幕です。

e0061361_14195927.jpg

私は水泳部のOBではなくラグビー部ですが、
母校報徳学園のスクールカラーを見ていると、やはり嬉しく思えます。

治療に入っていきます。

e0061361_14222791.jpg

最近学校でよく治療させて頂いていました。
ローリングをすると「体が軽くなり競技がし易くなる!」と言ってくれていましたので、
治療は非常にやり易くできました。

e0061361_14255195.jpg

この場合は治療というよりもコンディショニングです。
軽めに行い、時間も短めに行います。

スタートです。

e0061361_1427463.jpg

自分がローリングした選手だけに緊張します。
私はラグビーをしていただけにラグビーの現場ばかりに行っていましたが、
競技に関わらず、自分が治療した選手が試合に挑むところを見ると、
自分が試合に出て行ったときよりも緊張します。

今回、水泳部に同行させて頂き本当に楽しかったです。
「水泳選手の体つき」と言えば、おかしい言い方かもしれませんが、
そのようなところも勉強させてもらいました。

報徳学園水泳部のみなさんです。

e0061361_20191068.jpg

これからもよろしく!
08:46  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

スポーツ・ローリング療法研究会

2009.05.17 (Sun)

平成18年6月25日

川西ローリング健康センターで、ローリング研究会がありました。
今日のテーマは「歯の噛み合わせ」でした。

歯の「噛み合わせ」は、私たち治療家にとっても重要な疾患です。
というのは、「噛み合わせ」が悪くなると歯だけに症状がでるだけではなく、
体全身に症状が現れてきます。
その証拠に、私が頬にローリングをかけてもらうだけで、
次のような結果がでました。
まったく、ローラーをかけてもらう前ですが、
私も体がかたく、床に手がつきません。

e0061361_22102336.jpg

頬骨筋にローラーをかけてもらいました。
少し前屈できるようになりました。

e0061361_22131090.jpg

次に割り箸を噛み、ローラーをかけてもらいます。
ぜんぜん違ってきます。

e0061361_22152314.jpg

頬にローラーをかけるだけで、これだけ効果があります。
私ではありませんが、下のようにローラーをかけてもらいます。

e0061361_22174489.jpg

また、次のような結果も出ました。
足の長さもそろいます。
本当に、頬にローラーをかけるだけです。

e0061361_22193174.jpg

歯の「噛み合わせ」を調整するだけで、
体全身、これだけ影響しているということです。

今日関心させられたのは、
ちょっとした発想をもつだけで、これだけの効果をもつということです。
常に前向きに勉強されていると、関心させられました。

今日の議題と話は変わりますが、
先日、「なにわ突撃隊」のタックル長位が来院されました。

e0061361_2230656.jpg

100キロ・マラソンを走るそうで、そのためにローリングに来られました。
その後連絡がありません。
ローリングをした後、
「これで100キロ走れますわ!絶対に走ります!見といて下さい!」
と言っていましたが、
ちゃんと走ったんでしょうか?
01:10  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |