FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

内臓疲労の原因

2009.05.19 (Tue)

平成19年5月23日

前回のブログに「内臓疲労のラガーマン」という題材で書きました。
この内臓疲労ですが、
いったいどういう事か?という事を書きます。

世間一般的にいわれている内臓疲労ですが、
食べすぎ、飲み過ぎ、これらの事を思い浮かべられると思います。
もちろんこれらも内臓を酷使されて疲弊します。
ところが私が考える内臓疲労とは、
この事だけを指しません。

私は内臓が疲労する前に、
まず最初に血流障害を受けていると考えています。
肩が痛い!腰が痛い!これらすべて、
まず最初に内臓に血流障害を受けています。
では何故、内臓に血流障害を受けてしまうのか!
これはまさしくストレスであり、
交感神経緊張状態を強いられているという事です。
嫌な事を考えたり、悩みすぎたり、上司からきつく叱られる、など、
これらは、すべてにおいて体にストレスを受けます。
そのストレスのまず最初の対象が内臓という訳です。
そのために悪性腫瘍が出来るのは、
ほとんどが内臓です。
胃潰瘍、膵臓炎、肝脂肪、潰瘍性大腸炎、胆石など
これらのすべて、私はストレスが原因と考えています。
また内臓だけの疾患ではなく、
肩、腰、膝、これらすべてにおいても、
まず内臓の血流障害が根本的な原因になっているはずです。
Dc234.jpg
そして本題の内臓疲労ですが、
このストレスによって血流障害を受けている内臓に、
バランスの悪い食物が入ってくれば内臓はどのような状態になるでしょうか!
また、ストレスを受けて血流障害を受けている内臓に、
飲み食いでストレスを発散するような事をすれば、
内臓はどのような状態になるでしょうか!
健康の事に関しては、
食生活のばかりを重視するように思える時がありますが、
基本にストレスから受ける血流障害がある事が、
取り上げられてない気がします。

スポーツ選手に関しても、
きつい練習をされて体全体に血流障害を受けていますが、
と、同時に内臓にもストレス、負担がかかり、
必ず血流障害を受けている事を忘れてはいけません。
試合、練習が終わると差し入れを頂く時もあると思いますが、
練習、試合後、直後に食物を摂る事は、
決してよくありません。
42、195kmを走られたマラソン選手にいきなり食物を摂らすと、
とんでもない事になる可能性があります。
フルマラソンも走れば、内臓はかなり疲弊しています。
体全体が究極の交感神経緊張状態になっていますが、
この状態では内臓はほぼ機能できません。
そのため、この状態に食物を入れると、
内臓が機能しきれないために体が食物を敵と見なします。
体は交感神経が緊張しているために、
食物を攻撃していきますが、
この時、自分自身の体までも攻撃します。
そして活性酸素を放出し内臓を錆付かせて行きます。
内臓が疲弊しているところに活性酸素が臓器を錆付かせるために、
臓器はまったく機能できなくなります。
非常に危険です。
普通はここまで行く事はありません。
臓器不全までは行かなくとも、
スポーツをした後にいきなり食物を入れるという事は、
同じ原理が働いているという事です。

私が考える内臓疲労とはこの事までを指します。

どのような疾患でも、
まずは内臓が基本という事です。
スポンサーサイト



20:55  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

内臓疲労のラガーマン

2009.05.19 (Tue)

平成19年5月20日

高校ラグビー、県民大会の帯同に行ってきました。
試合前は、選手のテーピング、治療を施します。
テーピングをする事により怪我の予防になります。
テーピングに対する怪我の予防ですが、
解剖学的、機能的な事だけではないと思います。
もちろん、関節可動域の制限、挫傷部位の圧迫をする事により、
障害を受けている部位の保護になり、怪我の予防になります。
しかし、私はテーピングをする事により選手の集中力がアップすると考えています。
その結果、怪我の予防になると思います。
以上の事を踏まえてテーピングを施します。
Dc109.jpg
肩のテーピングに関しては、
肩関節脱臼の予防、習慣性になる事の予防を考えて行います。
ところが、解剖学的に考えるとやはりテーピングだけでは、
実際のところ完全な予防は不可能です。
しかし、テーピングは行わなければなりません!
どういう事かというと、やはり、テーピングをする事により、
選手に安心感を与えて集中力を付けてもらう、
この集中力も肩関節脱臼の予防になると思います。
これだけしても、脱臼する時にはやはり脱臼しますが、
できる事は絶対にしなければなりません。
試合前の体のぶつけ合いですが、
試合前に体をぶつけ合う事で体が衝撃を意識します。
戦闘態勢に入って行きます。
Dc101.jpg
そして、試合が始まります。
Dc106.jpg
今日は怪我が本当に少ない試合です。
見てても気持ちが良かったですが、
やはり、目線はラグビーに行かず、
常に怪我人を意識します。
試合終了、怪我人が出なくてホッ!としました。
クールダウンですが、
今日は少し暑かったので、
ゆっくりされても良いと思います。
Dc102.jpg
そして数人、治療しました。
Dc94.jpg
ラグビーといえば非常に激しいスポーツで、
いろいろな箇所が傷んでいると思われます。
ところが、今日私が感じた事は、
内臓疲労を起こしている選手が多いという事でした。
押さえる!というよりも、ちょっとした圧で痛がります。
それも、ある箇所だけでなく、あちらこちらの箇所です。
これは、内臓が疲労している証拠です。
よって、内臓の血流を良好にする事に重点を置きました。
内臓を無視して選手の主訴のみを治療していると、
その箇所に炎症をもつ可能性があると思います。
また、内臓の血流障害を良好にする事で、
肩、首、腰、膝、すべての箇所に血液は流れて行きます。
やはり、ラグビー選手であっても基本は内臓だと考えます。
何はともあれ今日は本当に怪我がなくて良かった!
現場に出てなんぼ!
今日も勉強になりました。
私の現場での仕事道具ですが、
これに超音波、中周波も持参しています。
ラグビー選手のような体格のいい方には、このベッド少し小さいですが!
Dc95.jpg
20:50  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

試合前の治療

2009.05.19 (Tue)

平成19年5月15日

大きな試合になればなる程に緊張します。
すると、選手というのは普段は非常に厳しい練習をされている訳です。
体のどこかに負担がかかっていないと言う事はありえません。
選手の性格、緊張具合によって何らかの痛みを訴えるものが出てきます。

「そんなん、気の持ちよう!」
「精神力が弱い!」
「集中していない証拠!」という大人が多々います。

私はそれは違うと思います。
私が選手と接していて感じる事は、
「そんな時こそ選手のニーズに答える!」
これが大事と思います。
現に少しの事(治療)をしてあげる事で選手は納得して喜んでくれます。
10年以上も経って「あの時に治療してもらった!先生には世話になった!」
という人も少なくありません。

この痛みを取ってあげる事が、
試合に対しての集中力をつける!
相手に対して負けない精神力をつける!
と、私は認識しています。

私たち大人が選手に対して、
集中力をつけてもらう!
精神的に強い人間になってもらう!

と言う事の手助けをしてあげなければならないのに、
頭ごなしに「お前は大事なときになると、いつもこれやな!」
このような類の事を選手に言うと、
選手は必ず反感の気持ちを持ちます。
私は絶対にこれは間違っていると考えています。
私から言わすと、これは選手を批判していると言う事です。
自分の事を批判されて、どんな状態で試合に挑めるでしょうか!

いろいろな選手、子供たちの気持ちの分かる!
私はそういう治療家、トレーナーを目指したいと思います。
20:27  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

いろいろと勉強

2009.05.19 (Tue)

平成19年5月13日

ラグビーの試合の帯同に行ってきました。
現場に行くと本当に様々な障害、怪我を診れます。
Dc90.jpg
ベッドを持っていなかったので地べたに寝かして治療です。
とにかく選手はその場に何とかしてくれ!と言う事を訴えられますので、
その場その場が勝負になってきます。
まぁ?これも好きでやっている事であり、
勝負と言うよりも楽しく選手と冗談を言いながらやっています。
そして、ラグビーの場合は何と言っても外傷です。
まず、怪我を診れなければ正直話しになりません。
とくに、高校生みたいな子供たちの方にごまかしは通用しません。
Dc52.jpg
テーピングも必須になってきます。
これもただ巻くだけでは話しになりません。
肩の場合、テーピングの巻き方に二つの要素があります。
これは、診ればすぐに分かりますが、
その疾患の程度、これをしっかりと診て選手に納得して頂けなければなりません。
するとお互いに、何らかのイメージが湧きます。
それに従い、お互いにコミュニケーションをとってテーピングを巻くわけです。
一回巻けば、ある程度のイメージはつきますので、
最初が肝心と思います。
外傷の事、障害の事、やはり現場に出ると言う事はいろいろな勉強になると言う事です。
Dc60.jpg
気をつけなければいけない事は、
競技に目が行ってはいけないと言う事です。
いつ怪我が発生するか分かりません。
発生機転を見逃しては絶対にいけない事です。
しかし、私はラグビーが楽しいものですから、
つい目がゲームに行ってしまいそうになる時があります。
怪我人を探す目、養って行きたいと思います。
19:35  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

あらゆるスポーツ障害

2009.05.19 (Tue)

平成19年4月29日

ラグビーの現場に行くと、いろいろな勉強をさせられます。
習慣性肩関節脱臼、ACL損傷、中手骨骨折、
肘関節後方脱臼、肩鎖関節脱臼、前距ひ靭帯損傷etc.....
選手たちと接していると本当に、
その選手によって何を言われるか分かりません。
この時に大事な事は、
今、この選手にとって何が必要か重要かと言う事です。
例えばACL損傷の方ですが、
受傷直後、痛みのために診察する事はほぼ不能です。
しかし、ただ単なるRICE処置だけでは説得力がまったくありません。
痛み方の具合、受傷機転をよく考慮し、
何なりかの支持をしなければなりません。
紹介するDr、手術の必要性、手術の方法、後のリハビリ、試合に復帰できる期間、
すべて伝える義務が私にはあります。
中手骨骨折、現場にレントゲンなどありません。
では、どう言うふうに診るか、そしてその結果、
ただ単に「レントゲンを撮ってくれ!」と言うだけなら極端ですが、
誰にでもできます。
肩関節脱臼、すぐに整復してあげなければなりません。
この場合はとにかく予後、詳しく説明する必要があります。
肘関節後方脱臼、なぜ習慣性になるのか、
手術の必要性、手術の仕方、すべて伝えます。
現場に行けば、予想もしなかった事に出くわします。
その時に選手にとって、選手の立場になって考えます。
非常にいい勉強になります。
これらの事を考えると、
私が普段している仕事などは、まだまだ先の事であります。
今、この場で選手が何を望んでいるか!
これが、一番大事な事だと私は考えています。
19:20  |  スポーツ障害  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

久々の市尼ラグビー部

2009.05.19 (Tue)

平成19年4月12日

久しぶりに市尼ラグビー部に行ってきました。
練習中のミーティングです。
e0061361_3512627.jpg
やはり、練習中の意見の交換、喋ると言う事は非常に大事です。
この一つ一つの積み重ねが一年間の結果になってきます。
みなさん一言一言が真剣です。
そして、ぶつかり合いの練習に入っていきます。
ラグビーではこれをモールと呼びますが、
ただ単に押し合い、ぶつかり合いをしているのではなく、
これも一つ一つに意識を持ち、
このごちゃごちゃの中で、しっかりとコミュニケーションを取っています。
e0061361_3581989.jpg
私は現役の頃はバックスだったためにモールは苦手です。
というのは、押し合い、ぶつかり合いはやはり痛い時があります。
私はそれが嫌だったために、
とにかく痛いところには出来るだけ近づかないように要領よくしていました。
さぼる事だけは誰にも負けませんでした。
みなさんが一生懸命にしているのを見ると、
尊敬させられるものがあります。
e0061361_455943.jpg
さて、来た以上は何かをしなければなりません。
早速怪我人を探し、治療に入って行きました。
前距ひ靭帯損傷です。
e0061361_473999.jpg
内出血が下の方に下りて来ているために、
足首全体が損傷しているように見えますが、
前距ひ靭帯のみに圧痛が限局します。
この場合、靭帯損傷を治そうと思ってもすぐに治るものではありません。
靭帯自体に部分断裂があるためです。
そして、この時の治療の意識の仕方ですが、
これは人によっても違います。
この方の場合はアスリートです。
この前距ひ靭帯と言う箇所は、
足首の捻挫の中で一番に問題になる箇所です。
なにが問題になるかと言う事ですが、
いい加減な治し方をすると、
自分が本来持っている「潜在能力を落とす!」と言う事です。
感性が鈍り、スポーツレベルにおけるパフォーマンスが下がる可能性があります。
損傷している箇所はある程度仕方がありませんが、
とにかく選手の感性を鈍らせないための治療をしていきます。
足関節、膝関節、股関節、腰部、頚肩部全体を緩めて、
体全体のバランスを崩さない、
または、バランスが崩れてしまったところを正常に戻していく治療をしていきます。
治療自体はいつもと変わりません。
ただ、私はいつも大事と思っている事は上記している事を、
選手に必ず「意識をさす!」と言う事です。
腹部から入っていきました。
e0061361_4284837.jpg
普通の人が見ると「何で捻挫にお腹を押さえるの?」と思われると思いますが、
体全体のバランスを正常に保つためです。
「感性を崩さない!」と言う事には非常に大事と私は考えています。
全部の治療を写真に写す事はできませんが、
下の写真のハムストリングスも非常に大事と思います。
足全体、体全体が緩む感じがするからです。
e0061361_433373.jpg
治療前はほとんど屈曲できませんでした。
この写真は治療前です。
e0061361_4353513.jpg
治療後です。
屈曲できるようになったのが分かると思います。
e0061361_4364911.jpg
この治療の他にも股関節なども入念に治療を施しました。
治療前の足首です。
e0061361_4382759.jpg
治療後の足首です。
e0061361_4401117.jpg
受傷後すぐなので、目に見える効果は分かりませんが、
少し可動域が広くなりました。
前距ひ靭帯の場合、
捻挫が癖になると言われ、捻挫を繰り返されるケースが多いです。
しかし、現在はリハビリ、テーピング技術の向上、品質の良いサポーターなどにより、
かなり、高度な治療が可能なので、
通院されている治療院の先生の指導を忠実に守っていれば、
それほどの問題はないと思います。
しかし、「この感性が鈍り、パフォーマンスが下がる!」と言う事は、
非常に繊細なリハビリ、本人の意識が必要です。
以上、長くなりましたが、
こうブログを書いていると、
捻挫一つ取ってもいろいろな考えが浮かんで来ます。
また一つ勉強をさせて頂いた気分です。
最後に、まだまだ桜は綺麗でした。
e0061361_4595730.jpg
18:35  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

お彼岸明けの腰痛

2009.05.19 (Tue)

平成19年3月28日

暑さ寒さも彼岸まで!とよく言われます。
今年はお彼岸が来れば本当に暖かくなりました。
先人たちはよく言ったものだな?!と感心しました。
最近、お彼岸を期に腰痛で来られる人が多いように思えます。
私は腰痛は正月明け、5月の連休明け、夏が終わりたての秋、
これが私の腰痛の多くなる時期だと考えていますが、
今年はお彼岸明けの腰痛も加わりそうです。
自分なりにこの謎を考えてみました。
これはあまり難しく考える事はないと思います。
これは気圧の関係だと私は考えました。
お彼岸を期に暖かくなりました。
高気圧になり酸素消費量が多くなります。
交感神経が緊張し活性酸素が増加します。
それまでは寒かったために体を冷やし酸素の消費量も幾分か少なかったと思います。
足腰も冷やされていたでしょう。
血流障害を起こしているところが標的になります。
治療としてはいつもと何ら変わりません。
内臓の血流を良くし、足の末梢の治療に重点を置きます。
しかし、私自身が大事と思っている事は、
自分がイメージした事を必ず患者さんに言うと言う事です。
それを患者さんに意識して頂く事で必ず結果は違います。
これはいつも私が言っている事ですが、
私自身も忘れてはいけない事なので、
何回も意識するようにブログに書かして頂いています。
また、正月明けの腰痛、5月の連休明けの腰痛、夏の終わりたての秋の腰痛、
これらに関してのイメージはまた全然違います。
以前にもブログでこれは書いていますが、
その季節に詳しく書きたいと思います。
その季節ごとの腰痛の方は必ず来院されます。
お彼岸明けの腰痛、これも私のレパートリーに入りました。
12:14  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

妊婦さんの治療

2009.05.19 (Tue)

平成18年2月1日

妊娠間もない方ですが、ひどい頭痛と手足がひどくむくんでおられます。
一種の「つわり」と思いますがお産を控えてのご婦人にとっては非常につらい症状です。
妊婦にとって胎児はいくら自分の子供とは言え異物として捉えてしまいます。
この状態は、胎児を外に出そうとする言わば副交感神経緊張状態です。
外に排出すると言う動作や反応はすべて副交感神経反射です。
お母さんの体が胎児を異物と捉えて外に出そうとしています。
そのために血管が拡張し頭痛や手足にむくみが出ていると言う事です。
しかし、いくら胎児の反応とは言えお母さんにとっては非常につらいです。
私の治療はこの反応を取って行くわけですが、
私はこの反応を「取ってしまう!」と言うよりも、
私はこの時、母親に「受け入れてあげる!」と言うふううに意識させます。
そうする事で胎児もこれが自分の親だと言うふううに認識すると思います。
「受け入れてやる!」と言う事は「反応を出し切ってあげる!」と言う事です。
つらい反応を出し切ってあげればお母さんも胎児に対してより深い愛情が出ると思います。
「つらい!つらい!」といつまでも思っていれば、
胎児に対して愛情どころではない時もあると思います。
この反応を「受け入れてやる!」と言う事は、
「子供の言いたい事を聞いてあげる!」と言う事と同じだと私は考えています。
「つわり」は胎児と母親の最初のコミュニケイションだと私は考えています。
この時に「反応を出す!」と言う動作をすれば「胎児も出るのではないか?」
と言う意見もあると思います。
別の言い方をすればトイレに行って排出をする時に一緒に胎児も出てしまう!
と言う事にもなると思います。
ところがトイレで排出物と一緒に「胎児も出てしまった!」などは、
あまり聞いた事がありません。
これは子宮が交感神経支配であると言う事です。
普通の臓器は副交感神経支配です。
しかし、子宮が副交感神経支配だと上記しているとおり、
トイレで排出行為をしている時に胎児も一緒に出てしまう可能性があります。
そのために子宮は交感神経支配であると考えられます。
また子宮が副交感神経支配だとお産の時に母親はあまり苦しまなくていいと思います。
しかし、交感神経支配は基本的に出すと言う神経ではありません。
そのためにお産と言うものは非常につらいものであると考えられます。
少し「つわり」の意見から脱線したかもしれませんが、
「つわり」を訴える方にいつも言っている事は、
「症状を嫌がっているよりも、受け入れてあげなければ楽にはなれませんよ!」
と言っています。
11:03  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |