FC2ブログ

肝臓

2009.07.19 (Sun)

脂肪肝と聞けば、美食家でご馳走の食べ過ぎと思われると思います。
ところが、私が普段臨床をしていて気付くことですが、
必ず美食をされている人が「脂肪肝になっているとは言えない!」と言えます。
確かに、極端に肥満の人が脂肪肝になるケースも多々ありますが、
やせ細って、そんなに普段からご馳走を食べていない人も多いです。
それは何故かということですが、
やはり、ストレスが第一の原因だと思います。
ストレスを溜め込むことにより、交感神経緊張状態となります。
そのストレスが肝細胞を攻撃していくものと考えます。
破壊された肝細胞を修復しようとエネルギーが必要となります。
肝臓が脂肪を取りこんで、脂肪肝になります。
このように、脂肪肝は食事制限だけでは良くならないと言うことです。
やせた細った人が食事制限をすれば、ストレスが溜まり、
余計に脂肪肝になります。
食事制限をして「脂肪肝が治った!」と言う人を、私は聞いたことがありません。

こんな人もおられます。
少ししかお酒を飲んでいないのに、次の日お酒がすごい残ると言う人です。
これらの人も、普段からストレスによって肝臓を攻撃されていると考えます。
頑張りすぎ、悩み過ぎによって肝臓を酷使されているところに、
お酒が入ることによって、少しのお酒で肝臓を痛めつけると思います。
ですから、普段からストレスを解消して、頑張りすぎの生き方を見つめ直せば、
適量のお酒であれば体にいいはずです。
(あくまで適量です。飲み過ぎは厳禁です。)
肝臓の数値が高い人も、ストレスを解消して適量のお酒であれば、
必ず数値も下がるはずです。
よく、お酒を分解する酵素が少ないためにアルコールが処理できない、
ということをよく聞きますが、
これも普段のストレスが原因で、アセドアルデヒトを処理できない肝臓になっています。
気の合う友人と楽しいお酒を飲めば、次の日は快調ではないでしょうか!

生まれたばかりの赤ちゃんも脂肪肝になります。
この場合も、胎内から出てきて始めて肺呼吸をすることによって、
交感神経緊張状態となり肝臓に脂肪を溜め込みます。
エネルギーを配給しようとして肝臓に脂肪を溜め込むためです。

以上のことから肝臓という臓器は、
ストレスによって、非常に状態が左右されるということです。
10:00  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マイナスイオン・ローリング器具

2009.07.18 (Sat)

ちまたにマイナスイオンという言葉をよく聞きます。
マイナスイオンが健康に良いというのは、
どなたでもご存知かと思います。
今回のブログは私が普段使っているマイナスイオン・ローリング器具が、
どのように皆様の健康に役立っているかという事を書きたいと思います。

マイナスイオン・ローリング器具を体表面に当てる事で、
体全身の細胞に作用します。
細胞内のMgイオンが血液内に移動し、
Caイオンとのバランスが整います。
MgイオンとCaイオンのバランスが整う事により、
細胞膜の透過性が高まり、
栄養と酸素が入り易くなり、
細胞内に溜まった老廃物や炭酸ガスも出易くなります。
つまり、細胞は活性し新陳代謝が盛んになるという事です。
もし、細胞内の膜電位が何らかの理由で低下した時、
細胞は栄養を吸収しにくくなったり、
老廃物を排出しにくくなり、
細胞は病気や老化の原因となって行きます。
これが血管壁に起こった場合、
動脈硬化が始まります。
脳で動脈硬化が起これば脳卒中や認知症、
心臓で起これば心筋梗塞、
腎臓で起これば尿毒症となります。

以上の事から、
マイナスイオン・ローリング器具を体全身に施し、
体全身の細胞が元気になる事により、
健康を取り戻したり、
健康を維持する事のお役に立てるという事です。

(マイナスイオン・ローリング器具を施術する事により効果が期待できる)
鎮痛作用、疲労回復、不眠症、
便秘、若返り、美容、肝機能の改善、
腎機能の改善、血圧効果、自律神経を調節、
脳を活性させる etc

(マイナスイオン・ローリング器具の測定)

マイナスイオンローラー FC2 VPS 仮想専用サーバ 
09:15  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2009.07.17 (Fri)

僕が高校時代、クラブの卒部式で頂いたジャージです。
報徳ジャージ
高校を卒業して24年間、
タンスの中に眠っていましたが、
今回、ようやく額に入れて治療院に飾りました。
やっぱり額に入れて飾ると良いものです。

この他にも患者さんがくれたジャージがたくさんあります。
後輩達がくれたジャージ
まだ額に入れてませんが、
少しずつ額に入れて行こうと思います。
20:36  |  ラグビー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マイナス思考が痛みを作る

2009.07.17 (Fri)

どこかが痛むと言って来られる患者さんで、
よく言われる事があります。
「これは体質ですか?親も椎間板ヘルニアだったから、
やっぱり私もなってしまうんですね!」
またこんな方もおられます。
「私は水を飲んでも太るんです!太る体質なんですね!」
これは、ローリング療法創始者、故・蓑原右欣先生のお考えでもあり、
私もそのお考えに全く共感していますが、
上記している事は決して体質ではなく、
ご自分が作った異常体です。
そもそも異常体というのは、
白色人種、黒色人種、黄色人種のように肌の色が違う、
狩猟民族と農耕民族の腸の長さの違いなどを言います。
蓑原右欣先生のお考えではこの異常体を作るのは、
普段の食生活による不摂生や、
またはカロリー摂取に見合わない運動量等をあげておられます。
まったく、その通りだと思います。
そして、これは私の考えですが、
悩みすぎる、考えすぎる、それもマイナス思考に考えてしまう!
と言う事も私は加わってくると思います。
と言うのは「痩せていて食事の量も少ない、お酒も飲まない!」
にも関わらず、
「肝臓が悪い、糖尿病になる、高血圧である!」
と言う方が非常に多いです。
私はこれはマイナス思考に考える事により、
自分の体にストレスを与え、
交感神経を緊張させているものと考えられます。
ただ、私の治療でこのマイナス思考に考えさせられる原因が、
解決する訳ではありませんが、
ストレスを受け血流障害を受けている体を活性させ、
マイナス思考を少しでもプラス思考になって頂く事は、
私たちの治療でも可能ではないかと私は考えています。
人それぞれ性格はあります。
その性格を基本的に変えてしまう事はできません。
しかし、血液循環を良好にし、
血液に活性を与える事で、
考え方がマイナスからプラスに少しでも近づく
と思います。
そうする事で痛みの緩和も求められるはずです。

結論ですが、
マイナス的な考え方が痛みや体調不良を作ると言う事です。
マイナス思考になりかけた時は、
お風呂などに入って体を暖める事により血液を活性させ、
プラス思考の考えに持って行く!など、
無理にでもプラス思考に持って行く!と言う事です。
08:43  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ショパール関節

2009.07.16 (Thu)

先日、ラグビーの選手でショパール関節に痛みがある選手がいました。
私がその選手の治療をしましたが、
それを見ていた柔道整復師の学校に通われている方が質問をされました。
「教科書通りの患者さんなんか来ませんね?!」
その通りで教科書通りの患者さんなんかは、まず来られません。
ということでショパール関節の治療について書かせて頂きます。

まずショパール関節とは、普通の人が聞けばまず分からない関節だと思います。
ショパール関節とは横足根関節と呼ばれます。
外側が踵骨と立方骨、内側は拒骨と舟状骨の間を通る関節のことです。
そのところが腫れてしまい、痛みが出てきます。
その痛みですが、二通りあります。
まず捻挫の場合です。
この時は捻挫の治療をしてあげればよいです。

問題になってくるのは捻挫もしていないのに痛みが出ている時です。
この場合の診断ですが、
本人の主訴で大体分かりますが、腫れ具合が捻挫と全然違います。
その違いは言葉では言いにくいです。
臨床を積んで行けば分かることです。
上記の学生さんが言ったことのように、この辺が教科書に出てこないことです。
しかし、この違いが分からなければショパール関節の治療はできません。
次に治療に入っていきます。
まず周りの筋肉をほぐしていきますが、
この時ですが股関節が一番大事のように思います。
股関節の開きをよくすることで、足首の動きがかなり良くなります。
もちろん全体をほぐすということは、いうまでもありません。
その次に整復に入ります。
まず、患者さんをうつ伏せに寝かせ膝を90度に曲げ、
患者さんの膝の裏に片方の足を置き、
患者さんの足首を両手で少し力を入れて引っ張ります。
その時に上手くいけば、二つの整復音を感じます。
足首とショパール関節です。
その二通りの整復音を感じられれば、ウソのように痛みは消えます。
この時の原因に、「足を踏まれて痛くなった!」という人が多いです。
これは決して捻挫の痛みや、踏まれたことによる打撲の痛みではありません。
しかし、整復をしてもなかなか上手くいかない場合もあります。
この時は、「徐々に痛みが出てきた!」と言われる人に多いです。
この時はうつ伏せで整復した後に、あお向けになってもらい、
あお向けで行います。
一方の手で踵を固定して、一方の手でショパル関節を牽引して動かす感じで
整復していきます。
この場合、一回で治るケースもありますが、普通は何回かのアプローチが必要です。
しかし、何回かの治療で最初の診断さえ誤らなければ必ず良い結果がでます。
捻挫の人にこんなことをすれば、拷問でしかありません。

ちょっと私の言っていることが分かりにくいと思います。
私自身も正直どう書いていいかよく分かりません。
これが教科書通りではないということです。

ラグビーの会場などで見かける柔道整復師、鍼灸師、スポーツトレーナーの学校に
通われている学生さんに言いたいことですが、
決っして「やり方」にこだわる治療家になって欲しくないということです。
私もまだまだ未熟者ですが、やはり「感性」を追求する治療家、先生になって下さい。
わけの分からない治療の仕方を書きましたが、
なかなか「感性」というものを、言葉や文章にするのは難しいです。
しかし、少しでも私の言っていることや、
行っていることに共感して頂ける若い治療家の先生が出てくれば嬉しいです。
09:13  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

アルツ

2009.07.15 (Wed)

患者さんでアルツと言う注射を月に一回されている方がおられます。
アルツと言う注射は変形性膝関節症に用いられる注射です。
この注射をしてもらうと膝はかなり楽になります。
ところが先日レントゲンを撮ってもらうと「変形が進んできている!」とドクターに言われた
そうです。
この患者さんはこの注射をしてもらって約2年位になります。
こんなに注射をしてもらっているのに「何故変形が進むのか?何故治らないのか?」
と疑問に思い、自分なりに考えてみました。

まずこの注射は薬を入れる前に膝に溜まった水を抜きます。
そして痛み止めをいれます。
その次にヒアルロン酸を入れて関節面のコーティングをします。

まず膝の水を抜くと言うことですが、この水と言うのは膝のどこかに炎症があり、
その炎症を修復したり防御しようとして溜まります。
また骨と骨との潤滑液でもあり、動きをスムーズにしてくれていますが、
炎症があるため動きが悪くなり、必要以上に水が溜まります。
水を抜くと言うことはこれらの反応を完全に無視して排除すると言うことです。
(ただ、私の本音はあまりにも腫れ(水)がきつい場合は抜いてあげた方がいいとは
思いますが。)

次に痛み止めを入れると言うことですが、痛み止めは血流を抑えます。
血流を抑えると言うことは、組織の修復ができないと言うことです。

次にヒアルロン酸を入れて関節面をコーティングすると言うことですが、
関節面の修復ができていないのに薬で関節面をコーティングすれば、
体は「修復しなくていいのか!」と言うふうに認識してしまいます。
自然治癒力の意識が低下すると言うことです。

注射をすることにより、上記している三つの役割がなくなってしまします。
そして、あと関節に残っている組織と言えば、骨しかありません。
そのため骨でカバーしようとして、「骨が出て来て変形して行く!」と考えました。
また、「骨でなくても筋肉があるではないか!」と思われる方もおられると思いますが、
このような人は筋力も低下しています。
支持力がありません。
筋肉で関節を支持できない分、骨で関節を支持しようとします。
そのために骨に負担がかかってくると考えます。

結論ですが、血流を良くして人間本来持っている自然治癒力で組織の修復をはからなければ
注射だけに頼っていると骨の変形はどんどん進み、
本当の意味での治癒はないと言うことです。
もちろん足をよく使って筋肉を鍛え支持力をつけ、
骨にかかる負担も減らすと言うことも当然大事なことです。

何か分かったような事を書きましたが、間違っていることも多々あると思います。
しかし、間違っていようがなかろうが自分が考えたことをブログに書き、
行動に出ると言うことが非常に大事なことだと私は考えています。
人それぞれ考え方は様々だと思います。
その考え方が勉強になってくると思います。
教科書通りでは、感性が生かされていないと私には感じられます。
09:49  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

廃墟(動かなくなった所)が廃墟を生む

2009.07.14 (Tue)

10年前に変形性股関節症の人工関節置換術の手術をされた患者さんです。
今回久しぶりに来られました。
その間胃ガンの手術もされています。
今回来られた主訴は反対の股関節が痛くなりだし、また手術をしなければいけないように
なるのか、不安に思って来られました。

久しぶりに治療させて頂き思ったことですが、肌の色が少し黒くなられ、
やせ細っておられます。
とにかく血液の循環が悪いと言った感じです。
治療は痛みにとらわれず血流を良くすることから入りました。
全身が交感神経で緊張されています。
治療が終わると少し「ホッ!」とされた顔をされていました。
そして「次もくるように!」と言ったのですが、
「次の日はガンが再発していないか検査があり、病院に行くために来られない!」と
言われます。
確かに検査も大事かもしれませんが、この状態で再発の恐れがあるかもしれないと言う
ストレス、放射線をまた浴びなければいけないと言う危険性、
これが本当に「体にいいのかなぁ??」と言った疑問を抱きました。

今回この患者さんで思ったことですが、一つ動きの悪いところをつくると、
また一つと痛みがでるか、動かなくなるところがでる、と思ったことです。
変形性股関節症の手術をされ、おそらくリハビリを中途でやめられていると思います。
そのため機能があまり回復していない状態で放っておかれたため、
胃になんらかストレスがかかってきたのではないか?
股関節にはローリング療法で「2・4・6」と言う胃の反射点があります。
2は噴門、4は胃体、6は幽門と言うふうに考えますが、これが本当によく効きます。
その人によって症状が出る場所は違うと思いますが、私は必ず関連があると思います。
次に反対の股関節にも症状が出て来ています。
自律神経のバランスを整え、手術をされた股関節(周りの筋肉)も鍛えることです。
そうしなければ私がいくら治療をしてもまた次の廃墟を生むことになります。

人間の体というのは、一つだけを診ていればいいと言うものではありません。
一つのところをきっちりと治し、全体のバランスを保たなければなりません。

全体を診る東洋医学と西洋医学の融合性があれば、理想の医学が成り立ちますが、
実際はなかなか難しいみたいです。
11:21  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

血圧

2009.07.13 (Mon)

私が診る患者さんに、血圧降下剤の薬をよく飲んでおられる人が多くいます。
確かに血圧の高い人もおられます。
しかし、私が血圧を測定すると、たいして高くないのに処方されている人が多いです。
そういう人は、やはり薬を飲むと「ボーッ!とする、足がふらつく!」などといわれます。
私が思うのは、たまたまドクターに血圧を測ってもらったときに高かったと思います。
急いで病院に来たとか、お医者さんの前で緊張したとか、なにか心配事があったとか、
ではないでしょうか。
確かに、一過性のものであれ、そのときは薬で血圧を下げるのは、いたしかたないと思います。
しかし、私が計ればそんなに高くないのに、一週間後もまた薬を処方をされています。
これに対して、私はどうしても疑問を抱きます。
最近は正常値も少し下がってきているみたいです。
(誰がどういう基準で下げたのか知りませんが。)
必要以上に下げると、血液が体の隅々に循環しなくなります。

私は、高血圧というのは次のように考えます。
まず一つの原因に、働き過ぎの、緊張し過ぎでストレスが原因だと思います。
私は血管美人という毛細血管を測定する装置を備えています。
それで見ると、毛細血管がやたら速く流れている人があります。
私は、体の調子が悪いといって来られる人は、ただ血液の循環が悪いものと思っていました。
ところが、逆に速くなっている人が多く見られます。
それは何故かということですが、よくよく血管美人の画面を見ると、
やはり、血液循環が遅くなり、ほとんど循環してないところが見えます。
ところどころが、詰まっているということです。
そして、やたら速いところは、その遅いところを流そうとするがために、
心臓に負担がかかり速くなっていると考えます。
この遅くなっているところの詰まりの原因が、ストレスだと私は考えます。
私の治療はこの詰まっているところの、血液の流れを良くするということです。
ローリング治療で体全身を治療していくと、血液の流れの悪いところが、
「しこり」となって現れてきます。
その「しこり」をとることで、毛細血管の詰まっているところの血液の流れがスムーズに
なってきます。
そうすることで、全体の毛細血管の流れが正常になります。
速いところ、遅いところの差がなくなります。

薬の場合ですと、遅いところを無視して、心臓の動きを抑えて、
速いところの血流を遅くします。
そうすれば、遅いところはよけいに遅くなります。
また、末梢血管をただ単に広げる薬では、速いところがますます速くなります。
血管が広がり過ぎれば、血液の流れを抑えようとします。
一時は血圧は下がりますが、続けていると血圧はまた上がってきます。
また別の血圧降下剤の薬がプラスされて処方されます。

一時的の薬は仕方ありませんが、ご自分でストレスを取る、
運動をして血流の流れを良くする、
食物繊維をよくとり、腸管の動きを良くして副交感神経を緊張する、
このようなことに努力されなければ、どんどん交感神経緊張状態になり、
また別の病気にもなり、どんどん薬漬けの生活になります。

また別の原因の人もあります。
それは食べすぎの人です。
運動もしない、仕事においてもあまり体を使わない、
このような人が必要以上にカロリーを摂取すると、
心臓がそのエネルギーを使おうとし、タカタカタカと心臓を動かします。
必然的に血圧が上がります。
これを聞けば、「食事の量を減らせばいいだけだ!」といわれる人もいますが、
これにも少し問題があります。
これに対して薬を飲んでいる人がいるということです。
体を使わない、食事の量は腹十二分、そして血圧を薬だけで調整する。
血管がどんどん詰まっていきます。
大変危険です。

確かに血圧が異常に上がれば、その時は薬で下げなければなりません。
しかし、自分の生活、食事、仕事を見直せば血圧は下がっていきます。
薬だけに頼っているのは、かえってよくありません。
そして、下がっているにも関わらず薬を飲まれている人もよくありません。

ときどき自分で血圧を計り、自分の感性で健康を意識してください。
薬はあくまで対症療法です。
病気を治すためには飲まなくてはいけませんが、
健康のために常用するのは、よくありません。
15:58  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

体に気をつける

2009.07.12 (Sun)


よく言われる事に「体に気をつけなさい!」と、
みなさん両親、友達、同僚から言われると思います。
その時に「大丈夫!大丈夫!」と言われると思います。
社交事例のようになっていて当たり前のようになっている部分もあると思います。
では「気をつける!」とはどう言う事でしょうか?
ちょくちょく病院に行って早目に診てもらう!
血液検査で常に数値を意識しておく!
無理をしてでも体を鍛える!
どれも間違っていないと思いますが少し意味は違います。
「体に気をつける!」とは、
無理をしない!考え過ぎない!と言う事です。
「そんな事は当たり前だ!」と思われるかもしれませんが、
以外とみなさん忘れている事だと思います。
しんどい、疲れたと思えば少し休む、できれば横になる。
済んだ事をいつまでも悩まず、マイナス思考にならない。
私はこれらを意識する事で大半の病気にならないと考えています。
上記している事を無視して無理ばかりして悩み続けていると、
体の隅々まで行っている毛細血管を締め付けて行き、
流れている血液を滞らせ種々の病気の原因を作って行きます。
私は血管美人と言う毛細血管の形状、流れを測定する装置を備えていますが、
その形、流れは人によって様々です。
体を酷使し過ぎる労働や悩み過ぎによるストレスから毛細血管の形がグニャグニャに
変形している人や、
白血球、赤血球がお互いにくっつき合いドロドロ血液になられている人など様々です。
まさしく無理のし過ぎや悩み過ぎの結果が毛細血管に現れている思います。
「体に気をつける!」とは「健康お宅!」になるのではなく、
常に自分の感性を活かし、
無理をしない!クヨクヨしない!と言う事です。
13:35  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

心ない診察

2009.07.11 (Sat)

私が今読んでいるDrの本ですが、
「患者の身になる!」という事を書かれていました。
私達医療従事者には一番大事で基本になる事と思えます。
ところが私が診ている患者さんに、
「患者の身になっていない!」
としか考えられない診察、治療を受けた症例があります。
二つの症例を書きます。

(症例?)
ラグビーの練習でラックで横たわっている時、
味方に上から載られ負傷、
翌日に自宅近くの整形で診察を受ける、
X?P Checkで「骨に異常はない!」といわれる、
頑丈なサポーターを着けられ松葉杖を貸与される、
主治医いわく「今シーズンのプレーは無理だろう!」
数日後、私に診察を依頼され診察したところ、
膝蓋跳動(+)であるが、
ACL、PCL、MCL、内・外側半月板に異常は全く診られない、
ただ、LCLに圧痛がありその周りの筋肉にも圧痛があった、
私の見立てとしては外側支持機構の損傷、
MRIなどの精密検査の必要はなかった、
「今シーズンのプレーは無理!」という事も考えられない、
念のため、私の知り合いのDrにMRIでの診断を依頼、
診断は私の見立て通りであった、
その後、当院で治療をされ一ヶ月もしない間に現場復帰された。

(症例?)
「肩が痛い!」という選手ですが、
私が診察したところ肩関節外転時に運動痛が著明であり、
ドロップアームサインが(+)であった、
従って腱板損傷を疑った!
この時点でどの程度の損傷具合があるか?
必ずDrに診察を依頼して損傷具合を確認しておかなければならない!
MRIの必要性がある、
しかし、整骨院では低周波、マッサージの治療のみであった、
腱板損傷の場合、損傷具合がひどければ、
いかなる理学療法をしても効き目はない、
ドロップアームサインが陽性であれば、
かなりの損傷具合が疑われる!
しかし、整骨院での治療の際、
いつまでも理学療法のみで何の指導もなかった、

以上、二つの症例を書きましたが、
まず最初の診察が非常に大事という事、
また怪我の具合がひどければ、
数回に渡り慎重に経過を診なければならないでしょう!
この診察をする時ですが、
もちろん専門的な知識も大事です。
ところが上記している二つの症例に関してですが、
最初の診察で見落としています。
この程度の診察ですが、
専門家であれば誰でも分かる事です。
それを診ていない!という事は、
冒頭に書いていますが、
「患者さんの身になっていない!」という事です。
ちゃんと診察をしていないでしょう!
私の経験上、疑問に感じた症例は、
これらだけではありません!

以上の事から、
私も普段の診察、治療に心して当たりたいと思います。
「患者さんの身になる!」
本当にこの通りだと思います。
09:53  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT