FC2ブログ

ふくらはぎの肉離れ

2009.07.07 (Tue)

ふくらはぎの肉離れの患者さんです。
Dc262.jpg
写真では少し分かりにくいとは思いますが、
内側にある内側ひ腹筋というところの肉離れです。
肉離れといえば大腿二頭筋が多発部位ですが、
このふくらはぎ、よくに内側ひ腹筋にも多発します。
普通、肉離れ発症当時はRICE処置という応急手当をします。
ところが今回この患者さんの患部を触診して思った事は、
RICE処置だけでは後の予後が悪いと思いました。
というのは、これは感性の世界になって来ますが、
肉離れというのは筋肉の部分断裂がほとんどです。
この部分断裂をしている部分がパカッ!と開いてる感じがしました。
RICE処置でもCのコンプレッションで圧迫をしますが、
その前に自然にこのパカッ!と開いてる部分を閉じてやらなければならないと思いました。
という事で、治療としては周りの筋肉の血流を良くし、
そして周りの筋肉を柔らかくして患部を閉じて行くというイメージで治療を行いました。
Dc263.jpg
今回私が行った治療ですが、
あくまで私の感性によります。
また、同じ肉離れの患者さんでもその方によって思う事は違って来ると思います。
治療の方針が違って来るという事ですが、
今回私が勉強になった事ですが、
やはり、その患者さんやsの症状によってイメージを持つ、
その事が重要と思います。
教科書通りではいけない!とういう事です。
スポンサーサイト



09:25  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |