FC2ブログ

捻挫の要因

2009.07.31 (Fri)

写真を見て頂ければお分かりになると思いますが、
足関節の捻挫です。
中道さん、妹の捻挫
この方はまだ小学3年生で、
捻挫をするのは初めてでした。

私は常日頃から言っていますが、
怪我には必ず何らかの要因があると考えています。
今回はその要因の一つについて書きたいと思います。
その一つですが、下肢の長短です。
下の写真ですが、
右下肢が短くなっています。
中道さん妹の足・?

これを左右、同じ長さにします。

中道さんの足・?
「たかがこれくらい!」と思われるかも知れません、
しかし、このちょっとした事で怪我の要因の一つになると私は考えています。

普通であれば、
捻挫の局所だけを治療されるかも知れませんが、
私にはどうしても怪我をされる方は、
同じ人が多いように思えます。
いつも同じ人ばかりとは限りませんが、
私は捻挫一つとっても何らかの要因があり、
それを探し、指摘してあげ、
そして、取り除いてあげるのが真の治療ではないか!と考えています。
スポンサーサイト



19:12  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

生活習慣性腰痛

2009.07.31 (Fri)

「生活習慣性腰痛」とは聞きなれない言葉ですが、私が思いついた言葉です。

今日来られた患者さんで、ひどい腰痛の方がおられました。

この方を治療していて思ったのですが、上に書いたとおりの患者さんです。

簡単にいうと「食べすぎによる内臓の酷使、運動不足の筋力低下」による腰痛のことです。

運動という運動をしなく、仕事で座りづくめ、それとも立ちどうし、

そして足腰を冷やしての血行不良、

それに伴わない食事の量、内臓がくたびれています。

この様な人に限り、「使い痛めの腰痛かな?」と言われます。

確かに使い痛めの腰痛もありますが、この場合、使わないための腰痛です。

住居でも使っていない家は廃墟になります。

このことが人間でも同じことが起きると私は思います。

「もっと足腰を使いなさい!」という体からのサインです。

使いすぎは内臓です。腰痛のときは軽めの食事で内臓を休めてあげなければなりません。

「生活習慣性腰痛」は使うところを使わない、使わなければいけないところを使わない、

体の摂理から反する、逆のことをされている腰痛です。
17:43  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |