09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

五十肩

2009.10.31 (Sat)

肩関節部の退行性変化を基盤として
肩関節部の疼痛と運動制限を伴う症候群をいいます

五十歳代に多くついた名前ですが
肩関節周囲炎ともいわれます

肩関節周囲炎には腱板の変化、上腕二頭筋長頭腱腱鞘炎
肩峰下滑液包炎、石灰沈着性腱炎(腱にカルシウムが沈着して、急性の激しい痛みを発症)などがあり

広い範囲の疾患をさす疾患名です

また、これらの疾患から五十肩の症状発現に関与するとも考えられています

(治療)
治療に関しては
肩関節に独特の関節の拘縮をきたしているため

この拘縮を緩和して
肩関節をスムーズに動かす事を目的とした治療を施して行きます

●主要経穴
  
頭項部 天柱
  肩背部 臑兪 肩髃 肩髎 膏肓 雲門 中府 天宗 曲泉
  上肢  曲池 外関 陽池

下の写真は肩髃穴を刺激しているところです
肩ぐう穴

これからは私が考える五十肩の治療です

五十肩になる原因ですが
肩関節部の退行性変化だけではないと私は考えています

もちろん長年の使い傷め
肩を動かす動作をあまりしない退行性変化

これらの原因もあります

ところが、私が普段から五十肩の患者さんを治療していると
姿勢の悪さ、骨格の異常が目に付きます

この姿勢の悪さや骨格の異常が五十肩の原因になっているように感じ取れます

では、これらはどのようにいて来るか

運動不足から来る筋力低下による姿勢の悪さ
忙し過ぎる日々でストレスを抱え込み

内臓を中心とした血流障害から来る姿勢の悪さ
(内臓の血流が悪くなると、内臓に血流を送ろうと必ず前かがみになります)

いずれにしろ、この姿勢の悪さは
前かがみとなり猫背にります

猫背になると肩関節の動きは非常に悪くなります
可動域が狭くなります

以上の事から
私の五十肩に対する治療は

肩関節のみにとらわれず
まずは内臓の血流障害を取る!

猫背になる事により圧迫され
血流障害を受けている鎖骨下部をはじめとする

胸部前面の治療
背中は引っ張られ

そのためゴリゴリのしこりが出来ている背中の治療
これらに重点を置きます

(内臓の治療)
480内蔵の治療

(胸部の治療)
塩満さんの鎖骨下の治療

(背中の治療・ビューティーミニ)
ビューティーミニに関しては以下をご覧下さい
         ↓
  マイナスイオン・ローリング器具
  マイナスイオン・ローラー

背中をビューティーで治療

(背中の治療・深細部中)
背中のつまりを取る

※また、こういう方も多々おられます

「以前、五十肩になったけど、いつの間にか治った!」

こういう方の肩を診ると
五十肩特有の急激な痛みはありませんが

運動制限が残存している
つまり、動きが悪くなって痛みが取れている

(運動制限が残っていない方もおられますが
私の経験上、ほとんどの方は運動制限が残存しています)

肩に痛みが出るという事は
姿勢の悪さ(猫背)や退行性変化から来る血流障害です

という事は
普段動いていない所を「もっと動かし血流を送りなさい!」という

体からのサインと私は考えています

この時に痛いからといって放っておけば
体は「ここはもう使わなくていいのか!」と認識してしまいます

この結果、痛みは取れても
運動制限が残ってしまうという事が起こってしまいます

こうなれば、周囲の組織にも血流障害が発生し
五十肩以外のいろいろな体調不良や疾患の原因になります

町の商店街で一つの店が廃業され
シャッターを常に下ろしていると

商店街全体の雰囲気が悪くなり
客足が遠のきます

すると、また一店二店と廃業される店が出て来ると思います
これが体でも同じ事が起こっていると私は考えています

五十肩と口でいうと
何か気軽に聞こえるかも知れません

しかし、本人にとっては大変です

また、放って置けば運動制限が残存し
何らかの弊害を招きます

五十肩といわれれば
ぜひご相談して頂きたいと思います

しっかりとした治療を施すべきです

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院 ローリング健康センター
http://www.ashiya-olling.com
スポンサーサイト
12:28  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

貧血

2009.10.29 (Thu)

貧血とは赤血球に含まれるヘモグロビンが不足して発症します

原因としては鉄欠乏性貧血がとくに多く
ヘモグロビンの素材の素材である鉄分が不足すると

ヘモグロビン産生量が減少し
全身への酸素供給量が不足します

顔面蒼白(顔色が悪い)、頭痛、
ちょっと動かしただけでも動悸がする

などの症状が現れます

(治療)

治療自体でヘモグロビンを増やす事は無理ですが

造血器の活動を盛んにし
身体の強壮を計る事を目的とした治療を行います

造血機能を高めるには
肝臓と脾臓の働きを高める事が効果的です

■主要経穴
   
頭部 百会   
   背部 心兪 膈兪 肝兪 脾兪 腎兪 志室   
   胸腹部 中脘 気海
   上肢 内関 曲池
   下肢 太谿 足三里 三陰交 陰陵泉 曲泉 太衝 太白

とくに、太衝には肝機能を高める作用があります

下の写真のように
太衝をローリングして行きます
大鐘をビューティーでローリングする

爪楊枝などで刺激するのも良いでしょう!
大鐘を刺激

次に太白です

太白には消化器の機能を高める作用があります
同じくローリングします
太白をビューティーでローリングする

爪楊枝などで刺激するのも良いです
太白を刺激

■肝臓と脾臓の反射区

右肋骨弓に沿ってやや下側
肝臓の反射区があります
肋骨弓

右第6、7肋間には肝臓の反射区があります
肋間(肝臓の反射区)

右背部Th6、9の間に肝臓の反射区があります
隔

また、この辺りの経穴に
膈兪 肝兪があります

この二つのツボは
肝臓と脾臓にはより効果的な作用をもたらします

膈兪(Th7、8の外方、八会穴の血会、血液疾患に用いる)

肝兪(Th9、10の外方、肝臓の兪穴、病をよく治療するという意味)

また右背部の外側には肝臓と脾臓の反射区があります
玉置さんの内臓区

右腸骨陵(骨盤の丸くカーブになっている所)には肝臓と脾臓の反射区があります
玉置さんの腸骨陵

右足裏にも肝臓の反射区があります
下の写真の辺りがそうです
足裏の肝臓の反射区

左足裏の膵臓の反射区です
足裏の脾臓の反射区

以上ですが
これらがすべてではありません!

他にも肝臓や脾臓に効く経穴はあります
また、手にひら、手の指、足趾などにも反射区はあります

ただ、私の治療は必ず全体を診ます
その際、上記しているような経穴や反射区を意識して治療して行きます

また、私の治療には違った意味もあります

以前は血球には自律神経支配は作用しないと言われました

ところが、現在はいろんなDrの研究から
血球にも自律神経支配が作用すると考えられています

例えば、よくスポーツの現場で見かけますが
プレッシャーなどで緊張を強いられたアスリートが過呼吸となる場合があります

この時、酸素を過度に吸い込もうとします

これは私の考えですが

何らかのストレスが赤血球に働き
必要以上に酸素を取り込んでいるのではないか!

この事から
貧血に対しても同じような事がいえると思います

どういう事かというと
何らかのストレスが赤血球に加わり

鉄分を吸収しにくくなっているのではないか!

では、どのようにすれば良いか!

体全身の血液の循環を良くし
ストレスを取ってあげれば

赤血球に対して良い影響が出る!

と私は考えました

経穴、反射区を刺激して造血作用を活発にする!

体全身の血液の循環を良くしてストレスを取ってあげる!

そして、健康な赤血球となり、新鮮な酸素や栄養素、
貧血の原因となる鉄分をしっかりと吸収してもらう!

以上の事から
私の治療(ローリング治療、東洋医学)も

貧血で悩まれている方のお役に
少しでもなれると考えています

※貧血には重篤な疾患がある場合もあります
まずはDrの診断をきっちりとして頂く事です

●重篤な疾患
   
悪性貧血
   再生不良性貧血
   溶血性貧血
   潰瘍などからの出血

(鉄分を効果的に摂取するための補助食品)
   
   たんぱく質 ヘモグロビンは主にたんぱく質と鉄から構成されています。
         良質のたんぱく質を鉄分とともに摂取すれば効果的です。

   ビタミンC ビタミンCには鉄分を吸収する作用があります。

   葉酸 葉酸は赤血球のDNAの合成し必要な葉酸の働きを助ける作用があります。

   ビタミン12 ビタミン12には赤血球のDNAの合成に必要な葉酸の働きを助ける作用がある。

(薬剤)
   
   鉄欠乏性貧血の場合は鉄剤で鉄分を補給する

(貧血克服のレシピ)

●マグロ納豆
マグロの赤身は鉄分豊富
納豆はたんぱく質と葉酸が豊富

貧血には相性がピッタリです
まぐろ納豆

★痛み、体調不良でお困りの方
ぜひ、ご相談下さい!
(下記アドレスをクリックして、お問い合わせページからご相談下さい)
          ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター・山西整骨院
http://www.ashiya-rolling.com
22:35  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

スポーツヘルニア

2009.10.29 (Thu)

最近、よく耳にする疾患でスポーツヘルニアというものがあります。
このスポーツヘルニアですが、
ヘルニアといえば「突出」という意味で、
腰椎椎間板ヘルニアの場合では脊椎と脊椎の間の椎間板が突出しています。
鼠径ヘルニアは腸が突出して来ます。
しかし、スポーツヘルニアの場合はとくに何も突出しているのではありません、
鼠径部痛症候群ともいって、
鼠径部周辺に痛みが出て来る疾患です。
原因としては「鼠径管やその周囲に腹圧がかかり、
その組織を圧迫することによって起こる」とありますが、
私はそれだけが原因とは考えていません、
というのは、このスポーツヘルニアと診断された患者さんを治療していても、
我々の手技でも十分に良い結果が出るという事です。
スポーツヘルニアの鼠径部を触診していると、
必ず痛みの原因となっている「しこり」を感じます。
この「しこり」には必ず圧痛があります。
この圧痛を取ると必ずいい結果が出ます。
しかし、治療としてはこの「しこり」だけを診るだけでなく、
まず体全身の筋肉の緊張を取ってやり、
そして体全身の骨格のバランスを正常に整えてやる事がまず大事です。
そして局所の痛みの原因となっている「しこり」の治療をしてあげると、
私は必ずいい結果が出ると考えています。

スポーツヘルニアの場合、最近は保存療法が主ですが、
腹壁と腹壁を重ね合わせ、
そして局所の強化を図る手術を受けるアスリートもいてると聞きます。
やはり手術も大事と思います。
しかし、我々治療家にもいい結果が出ている事を認識していて欲しいと思います。
09:06  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

微熱

2009.10.28 (Wed)

患者さんに質問された事ですが、
ある小学生が原因不明の微熱に悩まされているようです。
話しを聞いていると、
お母さんがかなりの教育ママのようで、
中学受験を考えておられ精一杯に勉強をされておられます。
いろいろな良いとされる病院に行かれているようですが、
原因が分からずに入院までもされておられます。
これは中学受験と言うストレスから交感神経緊張状態になられています。
これが大人の場合だと普段に負担をかけている所などが標的となり、
白血球がそれを攻撃します。
ところが子供の場合は対象となる臓器がありません。
ストレスによって白血球がどこかを攻撃したがっています。
そして、白血球の数も増えてきているはずです。
したがって、白血球が白血球を攻撃していきます。
その時に出る熱が問題になっている微熱だと私は考えました。
ただ、この方の場合はまだ微熱だけのようです。
ここで生活をを改めれば十分に治癒します。
それが本当の治療になってきます。
ところが、生活を改めずに微熱を下げるだけの対象療法では、
いずれは何らかの病気を発症すると思います。
白血球をいつも敵と見なし攻撃をしかけていると、
必要以上に作られた白血球を抗原と見なし自己抗体を作る可能性が出てきます。
普通、自分の体の中で自己抗体を作る事はありません。
常に自分の体を敵と見なし自分の体を攻撃すると言う事が起こってきます。
また、この抗体に負けまいとし異常な白血球を作る可能性も出てきます。
こうなると非常に危険です。

この微熱を治すためには生活を改める以外に方法はありません。
子供が目標とする所を親も一緒に見てあげればこのような事はありません。
親が子供の器を大きくしようとしていると思います。
子供が自分のやりたい事、得意な事、目標として見ている所、
親が同じように見つめてやれば、
子供の器は勝手に大きくなります。
ところが、子供の見ている所を見ずに、
ただ単に子供の器を大きくしようと考えれば、
子供はたまったものではありません。

この場合治さなくていけないのは、
まず親の考えだと私は思います。
若輩者の私が偉そうな事を書き申し訳ありませんでした。
10:24  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

上肢の治療

2009.10.21 (Wed)

四つ玉マイナスイオンローラー
上肢の治療について書きたいと思います

○前腕
下の写真はセルフで行っているところです

◆手背側を治療しているところですが
これを三線に分けて行うと経絡に沿って治療する事が出来ます

親指側から手の陽明大腸経
真ん中が手の少陽三焦経
小指側が手の太陽小腸経
写真の場合は手の陽明大腸経を治療しています

前腕をセルフで四つ玉で治療

◆手掌側を施術しているところです

手掌側も三線に分けて治療します

親指側から手の太陰肺経
真ん中が手の厥陰心包経
手の少陰心経

それぞれ意識して治療して頂くと
より効果が出ると思います

前腕の手掌側をセルフで四つ玉で治療

次に家族同士や選手同士でやり合う治療ですが
この場合、術者の大腿部を前腕に入れて固定するとやり易く出来ます

手掌側はこれをひっくり返し
背側の治療です

腕の治療(四つ玉)

下の写真は手の少陰心経にロリングしています
セルフではこのようにすればやり易いと思います

前腕・手の少陰心経をセルフで四つ玉で治療

また、家族同士や選手同士で治療するには
下の写真のようにやって頂ければやり易いと思います

前腕・手の少陰心経を四つ玉で治療

   (前腕の経絡・経穴)
   ※手背側
     手の陽明大腸経 陽谿 偏歴 温溜 下廉 上廉 三里 曲池
     手の少陽三焦経 陽池 外関 支溝 会宗 三陽絡 四瀆
     手の太陽小腸経 陽谷 養老 支正 小海

   ※手掌側
     手の太陰肺経 尺沢 孔最 列缺 経渠 太淵
     手の厥陰心包経 曲沢 郄門 間使 内関 大陵
     手の少心経 少海 霊道 通里 陰郄 神門

   (経穴による効能)
   
   ※手背側
     曲池 風邪引き熱・のどの腫れによる痛み、皮膚病、婦人科疾患
     陽渓 「陽明経の谷」という意味、のど・歯・耳の炎症や痛み
  
   ※手掌側     
     曲沢 「肘の曲がるところで、沢のようなくぼみがある」
         心臓病、精神不安定、肘の痛み
     郄門 「筋骨の隙間にあって反応が激しく、出たり消えたりするツボ」
         動悸がする、息苦しい、胸がつまる、のどが痛い、せきがひどい、
         鼻血、吐血、喀血など救急止血のツボ
     内関 「関所のようなツボ」
         心臓病、心悸亢進、心窩部痛みやつかえ、
         消化器の痛み、頭痛 
     少海 「心経の深いツボ」
         頭痛、発熱、目・鼻の充血、耳鳴り、肘の痛み、心臓病 
     神門 「心臓の門」
         心臓病一般、ノイローゼ、不眠症、胃腸病、便秘、乗り物酔い

○上腕
前腕と同じく手背側と手掌側に分けます
やはり三線に分けて頂き経絡に沿ってローラーして頂ければ

より良い効果が出ます

ただ、上腕の場合
手の太陽小腸経と手の少陰心経については

セルフでするには少しやりにくいと思います
(この場合のやり方については、下に後述します)

下の写真は手の陽明大腸経をセルフで治療しているところです

上腕をセルフで四つ玉で治療

手掌側をセルフで治療しています
この場合、手の厥陰心包経になります

四つ玉マイナスイオンローラーで上腕の手側をセルフで治療する

手の少陽三焦経の治療については
セルフで行うよりも家族同士や選手同士で行うなう方が

しっかりとした治療が出来ると思います

手の少陽三焦経を四つ玉で治療

手の太陽小腸経について、
下の写真のような位置で治療して頂くと非常にやり易いと思います

手の太陽小腸経を四つ玉で治療

手の少陰心経についても
下の写真を参考にして頂ければ良いと思います

上腕・手の少陰心経を四つ玉で治療

(上腕の経絡・経穴)
  
   ※手背側
     手の陽明大腸経 肘髎 五里 臂臑 肩髃
     手の少陽三焦経 天井 清冷淵 消濼 臑会 肩髎
     手の太陽小腸経 肩貞 臑兪

   ※手掌側
     手の太陰肺経 天府 俠白
     手の厥陰心包経 天泉 
     手の少陰心経 極泉 青霊

   (経穴による効能)
     臂臑 五十肩、腕の痛み、じんましん、皮膚病、白内障、緑内障、声がれ

上肢については
セルフだけではやりにく箇所もあります

しかし、上肢を治療することで
治療に対する結果は全然に違うと私は考えています

これは私の考えですが
誰でも腕はよく使います

食事をされる時もこうしてPCを打つ時も
これは下肢にもいえる事ですが

その疲れやストレスが
必ず上肢から肩を通じて上がって来るように私には思えます

それが頭に行ったり
いろんな臓器に行き

いろいろな疾患の原因になって来るのではないか!と
私は考えています

この事から私は上肢は必ず必須で
重要であると考えています

痛み、体調不良でお困りの方
ぜひ、ご相談下さい
     ↓
info@ashiya-roling.com


ラグビー治療院
ローリング健康センター芦屋院・豊中院
山西整骨院(各種保険取扱)
http://www.ashiya-roling.com
12:21  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

まじめな患者さん

2009.10.20 (Tue)

背中が痛いと言われる患者さんですが、少し気になったことがあります。
そのことで病院で検査も受けられましたが、
何の異常もなくシップと痛み止めの薬を処方されました。
それがいいか、悪いか別にして、私に「痛くて仕方がない」と言われます。
病院にいって1週間、相変わらずシップを張っておられます。
なぜ治りもしないものを続けているのか、疑問に感じました。
まじめに医師の言うことを聞いていればいいというものではありません。
いくら医師でも人間に完璧などはありません。

私も患者さんに指示をしますが、後で「ああ言っておいた方が良かった、ああ言って本当に
良かった、喜んでくれた」そんなことを、いつも思っています。
私の場合、治療が終わればその日にしたことを記録するのも大事ですが、
その患者さんについて、
次来られたときにするべきこと、言うべきことを、必ず書いています。
「今日はこのように指示したけど、この人の場合はこっちも聞いてみる。」
「今日はこのような治療をしたけど、いついつはこんなことも入れてみる。」など、
絶対に今日したことだけでなく、次のことも書くようにしています。
一言次のことを書くだけで、前の治療からスムーズに治療の続きができます。
一言次にしたいことを書くだけでぜんぜん違います。
治療とは関係ありませんが、こんなことを書く場合もあります。
阪神ファンの方でしたら、「次来られたときは阪神のことを言う、
だれだれ選手について勉強しておく」と、そんなことまで書いています。
一言いうだけで患者さんの態度、顔色がぜんぜん違ってきます。

話が別の方にいってしまいましたが、
常に患者さんが考え、疑問に感じることが大事だと思います。
私が臨床をしていて、よくなるようにどんどん言ってもらえた方がありがたいです。
自分が言ったことに対して嫌な顔をされたり、話を聞いてもらえないようでしたら、
速やかに、そのような病院、治療院は止めたほうがいいです。
それは医師、治療家が患者さんを選んでいるということです。
19:44  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

現場(スポーツ)における予防、予測医学

2009.10.18 (Sun)

ラグビーの試合に行ってました。
下の写真は試合中に怪我をされて倒れられてるところです。
平成21年10月18日神鋼G
スポーツには怪我は付き物です。
とくにラグビーなどは怪我が絶えません、
この時に治療家、トレーナーとして、
しっかり怪我を診るという事も重要な信用の一つになります。
写真の場合、選手は肩をおさえられています。
この時、咄嗟に怪我の具合を判断しなければなりません、
このチームは私が診ていたチームではありませんが、
この状態から察すると、
私は肩鎖関節脱臼を考えました。
というのは、左手での肩の押さえ具合、
上肢の位置、
そして、肩鎖関節をカバーしてると見られるパット(前から損傷されていたと感じました)、
これらをその瞬間に判断しました。
もちろん、実際の怪我の損傷部位は違うかも知れません、
しかし、その瞬時にある程度の目安は着かなければならないと思います。

私の考えですが、
怪我をする選手を見ていると、
必ず怪我をするには何か要素があると私は考えています。
この要素を診つけるには、
選手のコンディショニングも大事ですが、
選手のパフォーマンスにもよると思います。
このパフォーマンスは治療家というよりも、
トレーナーといった立場で診る方が、
適切に診れると思います。
そして、診るだけでなく選手とのコミュニケーション、
これが大事と私は考えています。

怪我を予測するというのは非常に難しいとは思います。
しかし、予防医学や予測医学、
スポーツの現場でも重要と私は考えています。
21:00  |  怪我  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

職業による腰痛

2009.10.17 (Sat)

腰痛の患者さんの治療をよくしますが、
ある職業の方を治療していると共通しているものがあるように思えます。
その共通している事ですが、
腰椎というのは生理的に前わんしています。
これは腰椎にかかる衝撃を分散さすためですが、
この前わんがその職業の方に無くなって来ている方が多々見えられます。
それはなぜか?という事ですが、
仕事中、下にある荷物を膝を曲げずに取ってしまう、
そうすると腰椎は前わんを無くし、
そして後わんして行くようになります。
その腰で長時間の車の運転を強いられ、
骨の位置が悪くなっているところに、
筋肉までも硬くなって行きます。
こんな感じで仕事をされていると、
この職業が長く出来ません、
私が普段の臨床でこの職業の方を診ていると、
早くにリタイヤされている方も多々おられます。

結論ですが、
下にある荷物を取る時は、
いくら軽い物であってもしっかりと膝を落とし、
そして、その荷物がどの位の重さがあるか、
それをしっかりと把握して荷物を持つべきです。
そして、長時間の車の運転をする時は、
必ず時間を決め、
そして、ストレッチなどの筋肉を緩める体操をするべきです。

仕事が忙しいのは分かりますが、
上記している事をしっかりと守って頂くと、
出来るだけ長くこの職業だ出来ると思います。
11:57  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マイナスイオン療法は人体の酸性を弱アルカリ性にする

2009.10.15 (Thu)

大気汚染や紫外線などにより、大気中のプラスイオンが増加して、細胞間質液は酸性化し、
体は酸化され、体内に多くの活性酸素が発生します。
これが現代病を呼び起こ原因です。

マイナスイオン療法は酸性の生体組織を弱アルカリ性にして生理作用を活発にし、
新陳代謝が活性化します。
生体機能のバランスが良好になりますと、体内の酸化物質を還元物質に変化させ、
体内で絶え間なく発生している活性酸素を中和して水にしますので、
自然治癒力が有効的に発揮されます。

(マイナスイオン療法の働き)
?ガン細胞を破壊するナチュラルキラー細胞の働きを高め、ガンの発生と進行を抑制します。

?血清コレステロールを抑制して、血液をきれいにするマクロファージを活性化し、
 血管壁への脂質の沈着を防ぎます。

?アレルギーや炎症を引き起こす原因であるロイコトリエンを抑制します。

?アドレナリンを抑え、抹消血管を広げることで血液循環が改善され、血圧を安定させます。

?動脈硬化や肝臓障害の大きな原因となる過酸化脂質を防ぎます。

マイナスイオン・ローリング療法は以上の効果を発揮します。
07:20  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

病は気から

2009.10.12 (Mon)

「笑いと免疫力」という、
リウマチ専門のお医者さんの本お読ませて頂きました。
この先生は、35年間もリウマチ患者さんの診察にあたられています。
先生は長年の経験から、
気の持ち方や笑いによってリウマチの症状が和らぐと言われます。
関節リウマチの患者さんの中には、
投薬やの種類や量をかえないのに、
急に病気が悪くなる人がおられ、
反対に症状が和らぐという人がいます。

(悪くなる人)
  ・友人との人間関係がこじれてしまった。
  ・夫との間がうまくいっていない(男性では妻との間がうまくいていない)。
  ・身内または友人の死亡。
  ・定年退職した夫と一日中いっしょに顔を付き合わせなければいけない。
  ・泣く泣く離婚した。
  ・子供の入学試験や就職試験。
  ・事業の失敗、夫の転職やリストラ。
 
(よくなる人)
  ・好きな人ができて結婚した。
  ・家族または友人との(こじれていた)人間関係が改善した。
  ・親しい友人と旅行した。
  ・離婚した(嫌いな夫と別れられた)。
  ・熱中できる趣味をもつようになった。

病気そのものによって起こる症状を5として、
それが、精神的な悩みや苦しみがあると症状
は7にも8にも悪化します。
症状が悪くなれば薬の量もそれだけ増えてきます。
心の状態によって、
病気はよくも悪くもなります。

私も治療家になって(鍼灸学校をいれると)23年になりますが、
患者さんと接していて思うことですが、
専門用語を使って病気や怪我のことを話している時よりも、
私と患者さんが意気投合し、
趣味や今話題になっていることを、
おもしろ、おかしく喋って治療している方が結果はいいように思います。
13:01  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT