10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

第三回蓑原ローリング療法協会学術大会

2009.11.30 (Mon)

第三回蓑原ローリング療法協会学術大会が名古屋でありました。
第三回蓑原ローリング協会学術大会

13名の先生方の講演がありました。
先生方の普段の臨床の熱意が伝わります。

私もその中で、せん越ながら講演させて頂きました。
演題

私は普段から臨床で血管美人という機材を設置しております。
その血管美人でいつも思っている事、
疑問に思って考えている事を、
「血流から考える技術」という項目で発表させて頂きました。

  血流から考える技術

当院には血管美人という血流、
血管の形状を測定する機械を設置おります。
私が普段から患者様を測定させて頂いていて考えている事を発表させて頂きます。
普段臨床をしていると術者も患者様自信も「血流が悪い!」といわれますが。
この血流が悪いという事ですが、
血管美人で診るまではただ単に血流が滞って遅くなっているものとばかり思っていました。
ところが患者様の血流を測定していると、
体調が悪いといいながらも、やたらと速くなっている人や遅くなっている人、
また同じ人でありながらやたらと速くなっているところや遅くなっているところがあるというのが、
私が普段から血管美人を測定していて感じているところです。
この事から血流は速すぎてもいけない、
遅すぎてもいけない事がいえると思います。
では、この血流の速度は何で決まるかという事ですが、
私はまず血圧について考えて見ました。
症例1、40代半ばの女性、血流はやたと速い、血圧は低め(昔から低血圧という)
症例2、40代前半の男性、血流はやたらと速い所と遅い所がある、血圧は高め
症例3、30代半ばの男性、血流はやや遅め、血圧は正常
症例4、70代前半の男性、血流はやたらと遅い、血圧は高め
以上の事から、血圧が高いからといって血流が必ず速くなる、
血圧が低いからといって必ず遅くなるという事は、
私は一概にいえないと思います。
ここで私が考えた事ですが、
血流の速さ遅さは性格によっても左右されるのではないか!と考えました。
そして、ここで私が疑問に感じた事ですが、
血流が速いにも関わらず血圧の低い方、
血流は交感神経が緊張しているのに心臓は交感神経が緊張していないという疑問を感じました。
これらの事から、
各器官や臓器によって交感神経が緊張しているか副交感神経が緊張しているか、
私は違うのではないかと考えました。
という事は、その箇所や組織、その日の精神具合によって、
ローリングの刺激(ドーゼ)が違って来る!という事がいえると思います。
私の場合はローリングに対してまだまだ未熟者ですが、
名人といわれる先生方は、
この刺激(ドーゼ)を無意識のうちに患者様に合わせていると思います。
各所によって交感神経を刺激したり副交感神経を刺激したり、
この口では伝えられない技術が優れている!
というふうに私は考えました。では名人と呼ばれない先生方の治療ではダメか!
そんな事はありません、
私はその方の性格やその精神状態によって血流は左右されると確信しています。
患者様との会話やカウンセリングで技術は十分にフォローできる!
決して技術を疎かにしてはいけませんが、
患者様の精神状態を良くしてあげる事で、
血流もスムーズになると私は考えています。
そして、患者様の精神状態を良くしてあげるという事で、
ローリングの技術も並行して向上する!と私は確信しております。 
第三回蓑原ローリング療法協会学術大会での講演

この他にも、
私はトップアスリートは集中力が違うと考えています。
上記しているように、
思いや感情が血流に関係するという事は、
トップアスリートの血流は、
少々の周囲の雑音では、
血流が速くなったり遅くなったりブレないと思います。
逆に練習の時には出来るのに、
いざという試合になればいつものプレーが出来ないというアスリート、
血流を診ると少しの事で血流が速くなったり遅くなったりと、
少しの周囲の雑音でブレて来るのではないか!と私は考えています。
こういう方は集中力に欠けていると思われます。
という事は、
血流を良好にしてあげ、
雑念に左右されないメンタルトレーニングやカウンセリングを施す事で、
私は抜群の集中力が鍛えられて行くと考えています。

以上が私が発表させて頂いた事です。
私の独断と偏見で発表させて頂いた事も多々あります。
しかし、みなさん最後まで御清聴して頂きました。
感謝致します。

最後に会食で蓑原ローリング療法協会会長・蓑原弘豊先生と、
URL用の写真を撮らせて頂きました。
普段から非常にお世話になっております。
今後ともよろしくお願いします。
蓑原ローリング療法協会・蓑原弘豊会長
スポンサーサイト
10:42  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ローリング毒出しダイエト

2009.11.27 (Fri)

strong>有害物質が酵素やホルモンの働きを阻害

健康を害する数々の有害物質が、本人の意志とは関係なく
食べ物からも、水や空気からも体内にどんどん入ってきているのです

有害物質には、残留農薬、食品添加物、有害金属、排気ガスなど
様々なものがあり

なかでも深刻なのが
水銀、鉛、カドミウム、ヒ素などの有害金属による体内汚染です

体内に蓄積した有害物質は

体にとって有用なビタミンやミネラル、酵素
ホルモンの働きを邪魔したり、抑えたりします

そのため、体にはさまざまな不調が現れます

肩こりや頭痛などの不快な症状が起こったり
ガンや心臓病などの生活習慣病が引き起こされたりしています

うつ症状やイライラなどの心の不調にも
この毒が関係しているといわれます

●入り込んで来る要素
 食品添加物(コンビニ弁当、菓子類、カップ麺など)
 残留農薬(砒素)
 タバコの煙(体に有害となる鉛が含まれている)
 水道水(鉛管から鉛が残る)

これらの毒素が知らず知らずのうちに入り込み
様々な病気の原因となります

最近では、四つの有害毒素が体にとって
非常に有害な作用を起こすといわれています

●四大有害毒素(有害ミネラル)
      
       (汚染源)              (もたらす症状)                   
  
   水銀 魚介類                うつ病
       アマルガム(歯の詰め物)     アトピー性皮膚炎    
       柔軟剤                 筋肉虚弱マヒ
                            情緒不安定

   鉛  水道水                 腎臓・肝臓障害
      殺虫剤                 情緒不安定
      タバコの煙               神経障害
      白髪染め
  
   砒素 土壌                  皮膚障害
       残留農薬               全身疲労
       殺虫剤                心機能障害
                            高血圧                        

  カドミウム 田んぼの土          イタイタイ病(骨の異常)
         汚染された魚介類      関節性リウマチ炎
         タバコの煙           腎臓・肝臓障害
                           高血圧
                           神経過敏症

水銀には、男性ホルモンの分泌を阻害する事により、ED(勃起機能低下)
必須ミネラルとなる亜鉛の作用を阻害し前立腺の病気(前立腺肥大、前立腺ガン)

水銀は脂肪を取り込む作用があり、肥満にも繋がります

タンパク質と結びつく事により異型タンパク質を作り、アレルギー疾患
自閉症や心の病気にも悪影響を与え

グルコサミンの生成を阻害する事により、肌のツヤやハリに悪影響を与え
関節軟骨の老化までを引き起こします

鉛には、血管の壁に傷をつける
水銀と同じように自閉症や心の病気をも引き起こします

また最近どんなダイエットをしてもやせることができない人が増えて来ました

こうした「太りやすい体質」を作るそもそもの原因も
有害物質に汚染されているのが実情です

(有害物質が多い人のダイエット)
              肥満
               ↓ 
      ダイエット(運動、ダイエット食)
               ↓
      有害物質(水銀)は脂肪に付着しやすい
               ↓ 
      有害物質が酵素の働きのじゃまをし
       酵素リパーゼの活性が阻害される
               ↓
          脂肪の分解がされにくい               
               ↓             
          やせにくい!

(有害物質が少ない人のダイエット)
              肥満  
               ↓
      ダイエット(運動、ダイエット食)
               ↓
      酵素リパーゼが活性化する
               ↓
      酵素が脂肪を分解しエネルギーとして燃焼!
               ↓ 
              やせる!

<有害物質の少ない人は肥満になりにくいと考えられる>

      では、どうすればいいの?

やせる秘訣は?

人間の自然な浄化システムを高めて
便と尿で毒を、どんどん出すことです

体内に蓄積された毒素を出すと
おもしろいほど体脂肪がへって

体がほっそりしてきます

こうした毒出しダイエットを効率よく行うには
有害物質が体のどこから

出ていくかということも知って
その対策をたてるべきです

有害物質は、主に五カ所から次のような割合で排出されます
         ・便75%
         
         ・尿20%

         ・汗3%

         ・毛髪1%

         ・爪1%

       ☆ポイント 
        ■きちんと排便する
         
         ・食物繊維を多く摂取する

         ・腸もみ(便秘の解消にはとても有効です)
            ↓
        ローリング療法
        まず内臓の治療を重視します
        
        内臓の動きがよくなれば
        廃絶が促進されます
         
       ■尿の出をよくする
         
         ・「水分の補給を十分にする」
        
        尿の成分は99%が水で
         残りの1%に各種の有害物質

        塩分、老廃物、食品添加物などが含まれています
        朝の食事前と就寝前以外にも
        
        こまめにコップ一杯の水を飲む習慣をつけましょう
        その場合、水道水はおすすめ出来ません
        
        水道水は鉛が溶解することがあります
        採取水源や成分が明らかなミネラルウオーターを選んで下さい
        
        水道水を飲むなら
        逆浸透膜タイプの浄水機を設置すると
        
        有害物質を100%近く排除できるので安心です
        
        ※糖を下げるホルモン

        インシュリンが作られるには亜鉛が必要ですが
        鉛はその作用の邪魔をします

       ■皮脂腺から汗を出す
        
         ・体の表面から温めることです!
        
        「半身欲」がおすすめです
        
        ぬるめのお湯に、20分も上半身をだして浸かっていると
        全身がポカポカと温まって、体の中から汗も毒素も吹き出します

         ・運動

        激しい運動より有酸素運動です
        (30分~40分の速足歩きや自転車こぎなど)
      
      ■血液やリンパの流れを促す

       「半身欲」のあとでシャワーマッサージ」で体を刺激する

       ■毒出し食材をとる
(下に書いております)
       
これらのことにローリング療法を組み合わせることで
より効果が期待出来ます

内臓の動きを良くすること
腹部のローラー

全身にローリングを施し代謝を良くすること
(前腕には大腸の経絡があります)
福森さんの前腕を治療

末梢にローリングすること
足裏を治療

※便秘の主要経穴
  腹部 天枢 中脘 大巨 大横 腹結 
  腰部 大腸兪 小腸兪 三焦兪
  上肢 曲池
  下肢 足三里 三陰交
  
下の写真は大腸兪 小腸兪を施術しています
このツボは隣接をしています
大腸の治療

毒だし食材

家庭で行う毒出し療法で、いちばん大きな割合を占めるのは食事です
体内に蓄積した有害物質の約75%は、便から排出されるからです

ここでは毒出しを行うために有効な食材を紹介します

しかしその前に、心がけてもらいたいのが、体内に毒の侵入を
できるだけ防ぐことです

   毒を取り除く下ごしらえ
      
  ○野菜は流水でよくあらう
        ・葉物野菜は洗って根を切り、ゆでる
        ・大根やニンジンは皮をむいて流水で洗う
        ・カボチャは洗ってから煮て、煮汁は捨てる
        ・オクラやキュウリは塩をふり、まな板で板ずりをする

       ○果物は皮をむく 
        ・バナナは軸から1cmくらいは取り除く
          
       ○肉は脂身と皮を取り除く 
        ・薄切り肉は広げて湯通しする

       ○魚は頭とエラ、内臓を除く
        ・煮魚にする場合、切れ目を入れて熱湯をかける
        ・貝は十分に砂抜きをする

さて以上のようなことを心がけても、体内ににまったく毒を入れないという
ことは不可能です

そこで「毒出し・解毒を促進するような食べ方」
そして「できるだけ毒出し効果のある食材をとること」が重要になります

まず、食べ方は次の2点を注意してください
       
○よくかむ
       よくかむと、毒を分解し殺菌する力をもつ唾液が
たくさん出てきます
       
       ○食べ過ぎない
        過食は、消化に必要な酵素を過剰に使うことになり
        胃腸の働きを衰えさせます

        その結果毒素を停滞させやすくなります

毒出し食材には、大きく分けると、次の四つのタイプがあります
    血液中の毒素を捕まえて出す
    
    水銀・ヒ素・鉛・カドミウムなどの有害金属は血管へと流れこみ
    やがて全身へ運ばれて、あちらこちらで悪さをします
    
    毒出し療法で大事なのは
    こうした血液の中にある毒を捕まえることです

    これをキレート反応といいます

必須ミネラルには以下のものがあります

(水銀の排泄を促進する)
 カルシウム、鉄、セレニウム、亜鉛
 マグネシウム、ビタミンA・C・E

(鉛の排泄を促進)
 カルシウム、鉄、セレニウム
 亜鉛、ビタミンC・F

(砒素の排泄を促進)
 カルシウム、鉄、セレニウム
 亜鉛、ビタミンC、マグネシウム

(カドミウム)
 カルシウム、鉄、セレニウム
 亜鉛、銅、ビタミンB1・C・E


    ○セレニウムを多く含む
       ニラ、ネギ、ニンニク、タマネギ、ラッキョウ
       ショウガ、マッシュルーム
   
    腸内の毒をくっつけて出す食物繊維を多く含む食材    
      野菜、海藻、玄米などに含まれる「食物繊維」には
      腸内で有害物質を捕まえるすぐれた働きがあり

     血液中の有害物質は肝臓を通過するさいに毒抜きが行われ
      胆汁酸から便の中へ排出されます   
    
     食物繊維があると、それがスムーズに行われ
     有害物質から腸内の環境を守るにも効果を発揮します
      
    ○アルギン酸、ペクチン、セルロース、リグニン、イヌリン
     マンナン、フィチン酸などを多く含む 
       コンブ、寒天、メカブ、ワカメ、ゴボウ、レンコン、サトイモ       
       
       ナガイモ、サツマイモ、コンニャク、オクラ、大豆、アズキ
      
       玄米、ハトムギ、雑穀類、リンゴ、そのほかの果物

    肝臓や腎臓の解毒を高める「亜鉛などを多く」食材     
     ○亜鉛を多く含む
       カキ、アサリ、豚レバー、ソバ、ソラマメ、納豆、ライ麦パン
     
     ○硫化アリルを多く含む
       タマネギ、ニラ、ニンニク、ネギ、ラッキョウ
     
     ○イソチオシアネートを多く含む
       キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー、ダイコン、ワサビ

    体内に蓄積した毒をが作る「活性酸素を抑える」食材 
     活性酸素とは、攻撃性の強い酸素分子で
     体の老化をすすめたり病気の原因となります

     非常に強い毒性があります
     
     体内に蓄積された毒が問題になるのは
     それによって活性酸素が作られるということもあります
    
     ○βーカロチンを多く含む
       ニンジン、ホウレンソウ、シュンギク、濃緑黄色野菜、メロン
     
     ○ビタミンCを多く含む
       ブロッコリー、コマツナ、柑橘類
    
     ○セサミノールを多く含む
       ゴマ

以上の「毒出し料理」をとることで
体内の毒出しがすみやかに行われていきます

もちろん、一気になくなるわけではありませんが
毎日意識的にとることにより

確実に毒がへります

それにつれて、体調がよくなり
体重がへってきます

食事をへらすだけの間違ったダイエットはとても危険を伴います

より良いものを入れて、毒をどんどん出すことです

ただ体が健康でなければ
良い食事を入れても体が受け付けてくれません

ローリング療法で内臓の機能を高め
新陳代謝を良くし、自然治癒力をつけることです

川で例えれば、汚いヘドロ状態、ゴミがつまって流れない川
それでは、どんな良い食事をしても意味がありません

健康にダイエットをしなければ、かえって体に不調を訴える場合があります

ローリング療法は「毒出しダイエット」に絶大な効果があると言えます

器具

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
09:50  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

不眠症

2009.11.23 (Mon)

不眠症は自律神経の乱れによって起こる場合が多いです。

不眠症の場合「どうしても眠れない!」という事で、
睡眠薬や精神安定剤を服用されている方が多いです。

●薬の名前
 ハルシオン、レキソタン、デパス、リーゼ、ネルボン、ベンザリン、プロバリン、
 レンドルミン、ユーロジン、マイスリー、アモバン

とくによく効く薬は血中濃度を高め、
スッ!と眠くなります。
しかし、薬の服用は依存性を招きます。

薬は決して治療にはなっていません、
やはり、不眠症になるという事は、
交感神経緊張状態になられています。
副交感神経(リラックス神経)を緊張さす治療が重要です。
その他、ご自分で運動をしたり、
お風呂でゆっくりと体を温めたりする事も重要です。

(肩には自律神経の反射区、自律神経を調節する作用があります)
ビューティミニで肩をセルフで治療する

これは私の経験上ですが、
睡眠薬や精神安定剤を服用されている方は、
これらの薬の他に、痛み止め、血圧降下剤、胃薬など、
何種類もの薬を服用されている方が少なくありません、
このような方を診ていると、
共通している症状があるように思えます。
それは、ベットなどで横になっていると、
じっとしていられない、
常に体幹や下肢を動かしている、
薬の常習性により交感神経緊張状態となられ、
体幹や下肢に血流を送っている動作と私は考えました。

そして、ここで私が思いついた事ですが、
最近、やたらとパーキンソン氏病といわれる方が少なくありません、
これは私の憶測ですが、
何種類もの薬を常用する事により、
交感神経緊張状態となられ、
パーキンソン氏病を引き起こしている!
もちろん、パーキンソン氏病は遺伝子の配列の異常も確認されています。
しかし、私には上記している事も、
原因の一つに思えてなりません!

もちろん、薬のいきなりの脱却は大変です。
逆に眠れないストレスを溜め込み、
帰って症状がひどくなるようになると思われます。
しかし、薬だけに頼っていては、
根本的な治療になっていなく、
「薬がなければ眠れない!」という体になって行かれ、
上記しているように、
何種類もの薬の服用、
薬スパイラルに陥っていく可能性もあると思います。
ローリング治療、お風呂で体を温める、運動をするなど、
副交感神経を緊張する事により、
根本的な治癒を目指され、
そして、少しずつ薬からの脱却を考えて行かれてはどうでしょうか!

(大腿部の外側を治療)
胆経を四つ玉で治療
これは私がいつも寝る前に、
布団の上で行っている事ですが、
大腿部の外側をよくほぐすと、
寝付きが良くなるように思えます。
この箇所には足の少陽胆経があります。
足の少陽胆経は目の近くの瞳子髎という、
目の近くから始まる経絡です。
元々足の少陽胆経は目にも効く経絡です。
大腿部の外側を治療する事で、
目にも良い作用があり、
自律神経にも良い効果があると私は考えたのですが、
この辺の所は私の経験と考えで書かして頂きました。

また、アスリートやビジネスマンなど、
バリバリに体を酷使されているにも関わらず、
眠れないという方も多々おられます。
決して珍しくありません!
こういう方は、寝ても覚めても練習や仕事の事ばかり、
頭の中は常に交感神経緊張状態、
そして、眠れなかったら、
明日の練習や仕事に差し支えるという不安状態になられます。

競技の時、アスリートのベストの状態ですが、
頭の中も体も常にリラックスしておかなければなりません、
しかし、常に交感神経が緊張し、
頭の中も考え事だらけ、
体も緊張し続ける事でガチガチ、
いざという時に体がいう事を聞きません、
寝ても覚めてもこういう状態になられています。
こういう方の場合、
治療で体を副交感神経緊張状態にすると同時に、
何か悩みや不満、スランプなどがあるはずです。
カウンセリングも重要と考えています。

また、お年寄りでも睡眠薬を服用されている方が少なくありません、
お年寄りの場合、体を動かす量が若い時に比べて少ないと思います。
治療で血流を良くする事も重要ですが、
できる範囲での運動、
お風呂でゆっくりと体を温め、
体を疲れるようにも支持しています。
極端にいえば、
プロ野球選手やプロレスラーと同じ睡眠時間のはずがありません、
体も酷使していないのに、
体が要求している睡眠時間を無視して薬の力で睡眠を取っていると、
無気力の世界に入って行くと私は考えています。

●不眠症の治療
 ※主要経穴
  ・頭部 百会
  ・頚部 風池 完骨
  ・腹部 中脘 
  ・背部 身柱 心兪 肝兪
  ・上肢 神門
  ・下肢 足三里 解谿

(星状神経節ローリング)
星状神経節ローラー
この箇所の奥には星状神経節といって、
自律神経を調整する非常に大事な神経節があります。
よく麻酔科のDrが三叉神経痛などでブロック注射をされます。
星状神経節ブロックといわれますが、
もちろん、ローリングでは星状神経節までは届きません、
しかし、私はこの箇所をローリングで刺激する事で、
交感神経の緊張を取るには、
必ず良い効果をすると考えています。

(百会穴)
百会穴
百会穴はおおくの経絡がここに「会合して集まる」という意味で、
足底の勇泉経をアースと例えれば、
百会穴はアンテナのような役割をする。
その他、脳障害、頭の病気、頭痛、ノイローゼ、足や腰の痛みなどにも効果があります。

(失眠穴)
失眠穴

●不眠とは逆に眠気を取るという経穴
会議や車の運転で眠気が出て仕方ないという方、
ぜひ、お試し下さい!

(風府穴)
風府穴

(労営穴)
労営穴の取穴法です。
手掌で、第3指と第4指を屈しその指尖の当たるところの中間に取る。
労営

指圧補助器などを使用すると非常にやり易いです。
指圧補助器で労営穴を取る

●不眠症に対する食事療法
不眠症に効く食事として、
トリプトファンという必須アミノ酸を含んでいる食事が重要です。
トリプトファンは体内に吸収されたあと、
眠りを誘うセロトニン、メラトニンに合成され催眠作用をもたらします。

※トリプトファンを多く含む食物
 肉類(とくに鶏肉)、果物、イモ、バナナ、穀類、
 牛乳、大豆製品(納豆)、ゴマ、クルミ、ハチミツ

長くなりましたが以上です。
不眠症とはまだまだ解明されていない所も多いと思います。
実は私も高校時代に不眠症で悩まされました。
私は高校時代はラグビーをしていました。
花園にも出場した事があり、
かなり厳しい練習もしました。
とにかく練習がきつく嫌で嫌で、
そんな事を考えていると夜が眠れなくなってしまいました。
次の日の練習を考えると、
余計に不安に陥り眠れなくなります。
こんな思いをした私です。
治療家として何かお役に立てるはずです。
不眠症でお悩みの方、
ぜひ、ご相談下さい!

芦屋ローリング健康センター・山西整骨院
http://www.ashiya-rolling.com
00:10  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今後のアキレス腱断裂の方向性

2009.11.21 (Sat)

アキレス腱断裂ですが、
非常に発生頻度の高い怪我です。
受傷原因ですが、
つま先立ちになり、
下腿三頭筋(ふくらはぎ)に急激な収縮力が加わった時に、
バチッ!という音とともに負傷されます。
よく一般の方が、
アキレス腱が伸びた時に切れる!という方がおられますが、
これは極めて稀です。
ほとんどが、収縮した時に断裂すると思って頂いていいと思います。

今日の題材ですが、
ラグビーの日本代表選手がW杯の直前にアキレス腱を断裂されました。
ところがこの選手、
今年の一月にも右アキレス腱(今回は左)を断裂されています。

私はアキレス腱断裂に対して常々思っている事、
感じている事があります。
それは、アキレス腱断裂の手術をされると、
その選手のアスリートとしてのパフォーマンスが必ず下がる!という事です。
上がる事は、まずありません!

手術に二つの方法があります。
観血的縫合術と経皮的縫合術です。
この場合、より強固にアキレス腱を縫合できるのは前者です。
ただ、どちらを選択するかは、
その方の生活環境によっても異なります。
ただ、私が問題としているのは、
どちらにしろ、この手術をする!という事です。
何回も上記していますが、
この手術をするという事は、
再断裂の可能性が極めて低いからです。
そして、Drからも比較的容易な手術と聞いています。
この再断裂が低い、
手術も容易という事で、
医療側としては、
必然的に手術を選択します。
ところが、選手の今後のアスリートとしての活動を考えると、
手術が必ずベストの方法とはいえない!と私は考えています。
では、パフォーマンスを下げずに治癒に導く方法は何か?
時間はかかりますが、
私は保存療法しかない!と考えています。
ギプス固定、その後の下肢装具着用をしっかりと行う事で、
再断裂の可能性も低くなります。
バルセロナ、アトランタ五輪で、
全日本女子のバレーボール選手が、
この保存療法で完全な復帰をされています。

今回の日本代表のラグビー選手ですが、
選手には失礼ですが、
一月にアキレス腱を断裂し、
手術をされた!と聞いた時、
かなりのリハビリはされたと思いますが、
ある程度のパフォーマンスは下がる!と思っていました。
しかし、この方は健側のアキレス腱を断裂されました。
私は立て続けに両側を断裂された症例を、
あと二つ診ています。
お一人は観血的縫合術の手術を受けておられます。
もうお一人は経皮的手術を受けられておられます。
これも、やはり手術をされる事で、
人間が生まれた時から培われて来た感性を、
手術をする事で鈍らしてしまった!
その結果、健側のアキレス腱に何らかの負担が加わり、
断裂し易くなった!
と私は考えています。

保存療法を選択すると医療側としては、
再断裂の可能性も考えなければならない!
そのために経過観察にも気を配らなければならない!
いろいろと大変とは思います。

しかし、アスリートの方達の今後の選手生命を考えると、
今後、ますますの保存療法の発展を期待せざるを得ません。

私も柔道整復師として、
たかがアキレス腱断裂として済ますのではなく、
いろいろと考えさせられ、
努力と工夫のいる疾患と考えています。
22:21  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

膝痛・変形性膝関節症

2009.11.16 (Mon)

膝痛といっても様々な場合があります。
ここでは、変形性膝関節症といわれ、
人工関節置換術の手術をも勧められた場合、
その時の私なりの対処法や治療について書きたいと思います。
(変形性膝関節症やO脚の原因については別に書きたいと思います)

人工関節置換術を勧められた場合、
だれであろうが手術などしたくありません、
ましてや骨を切って人工関節を入れるなど、
だれもしたくないのが本音であると思います。
その時、私は理学療法で良くなってもらう、
どこにでも歩いて行ってもらう!
まずそれを考えます。

下の写真をご覧下さい、
柴田さの膝・治療前

病院で人工関節置換術の手術を勧められた方ですが、
私はこの方に対して、
私の治療でも十分に行ける!
このように感じました。
というのは、

膝蓋跳動(ー)、
大腿四頭筋など周りの筋肉が十分にある、
OAはあるが、手術をしなくても十分に理学療法でも良い成果が出る!

これらを咄嗟に感じました。

治療に入ります。
体全身のバランスを整え、
とくに膝の反射区を重点的に治療します。

(腹部の反射区)
腹部・下肢の反射区

(手の反射区)
手

(足裏の反射区)
足裏・膝の反射区

(頭部の反射区)
足運感区

また、膝の周囲をきっちりと治療します。
膝をビューティーで取る

膝裏は硬くなり、
膝関節の動きを制限して行きます
しっかりと治療して行きます。
膝の裏をビューティーで取る

治療後です。
柴田さんの膝・治療後

まだまだ完璧ではありませんが、
今では手術を考えなくても良いようにもなられ、
乗れなかった自転車にも乗れるようになり、
非常に喜んでおられます。

このように、手術をせず、
理学療法で治癒を計って行くのが、
私にはベストのように思えます。

ただ、私も全力を注いで治療しますが、
やはり、手術が必要な場合もあります。

また、変形性膝関節症の方は、
アルツという関節内注射をよくされます。
よほどの時には仕方がありませんが、
私はこれだけに頼るのもよくないと思います。

●下記しているのが、私のアルツに対しての考え方です
この注射ですが、まず水(腫れ)を抜きます。
そして、痛み止めの薬をいれます。
そして、関節面をコーティングする薬、ヒアルロン酸を入れます。
してもらったときは楽になります。
そして楽になるものだから、定期的にしてもらっている人がいます。
私も「絶対にしてはいけない!」、とまでは言いません。
あまりにも痛いときは仕方がありません。
しかし、水(腫れ)だけを取っていても治癒はありません。
それよりも、どんどん骨が変形していくと私は思います。

大事なことは、なぜ水(腫れ)が溜まるかということです。
水(腫れ)は傷んでいるところの組織を修復にいってくれています。
その腫れを無視して、ただ単に腫れを取り、痛みを取るだけを繰り返していると、
治そうとするものがない分けで、
あるもので治そうとするか、カバーしていこうとします。
そのあるものが骨だと思います。
(筋力があればよいのですが、このような人の場合、筋力は弱っています。)
骨が治そうとし化骨が出来ていきます。
(化骨が出来るからといって、血液循環がよいわけではありません。)
これが変形性関節症です。
それでも注射だけに頼っていると、
「今腫れを取ってもらったのに、既に玄関を出るころには水(腫れ)が溜まっている!」
このような状態になります。
そうなれば、人工関節置換術といって、
セラミックの人工関節を、入れなければならないようになります。

確かにパンパンに腫れあがっているときは、水(腫れ)を抜いてもらわなければなりません。
私もよく、整形の先生にお願いします。
しかし、血液の循環をよくして治す、これが基本です。
膝周りの血液循環をよくすると勝手に腫れが引いていきます。
ダムでいう堰を取ってやるような治療をします。

水(腫れ)、これ一つとっても意味はあります。
これだけを悪者にしてはいけません。

これが私のアルツに対しての考え方です。

※アルツには関係ありませんが、
ご自信でこのように治療されるのも、
非常に効果があります。
ビューティーで自分の膝を治療

以上ですが、
これらが膝痛・人工関節置換術を勧められた方の私の対処法と考え方です。
ただ、我々治療家が頑張っても限界はあると思います。
手術をした方が良い場合もあります。
しかし、私の経験上、
やはり、手術をせずに治療や運動療法で治癒を計った方が、
私にはベストのように思えます。
変形性膝関節症で手術を勧められた方、
ぜひ、相談して頂きたいと思います。

芦屋ローリング健康センター・山西整骨院
http://www.ashiya-rolling.com
22:23  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ラグビー観戦

2009.11.16 (Mon)

ラグビー観戦に行って来ました。
2009・甲南大学ラグビー部
今回仕事は関係無かったので、
気楽に楽しく見れました。
最近は人工芝が非常に多くなっていますが、
この人工芝は怪我が非常に多いように思えます。
ラグビーなら脱臼なども多くなります。
人工芝は綺麗で走りやすいようにも見えますが、
実は怪我が多くなるという事も問題を抱えていると思えます。
今回のラグビー観戦は、
仕事とは関係は無かったのですが、
人工芝について、
そんな事を考えてしまいました。
甲南大学ラグビー部
自分もラグビーをしてましたが、
やはりラグビーは激しく、
見ていても楽しいです。
最近はラグビーも少し低迷をしています。
僕は中学入学と同時にラグビーを始めましたが、
なんでこのスポーツが低迷するかな?と、
ラグビーを通じての人間教育、
何か硬いいい方ですが、
もって来いのスポーツとも思います。

昔見たいに国立が超満員になって、
歓声でホイッスルが聞こえない状態に、
再びなって欲しいと思う、
ラグビー愛好家の日記でした。
11:58  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

医療人としてのサービス

2009.11.14 (Sat)

最近、町を歩いていると、
クイックマッサージ、10分間1000円、20分間2000円、
足裏マッサージ、20分間コース、40分間コース、
といったような看板を多々見られると思います。
私もサウナに行って、汗をかき、お風呂でゆっくりと体を温め、1時間位マッサージしてもらう
ことが好きです。
(とくに梅田のニュージャパンによく行きます。)
いつも行くときは、一人で行きます。
一人のほうが優越感にひたり、ゆっくりリラックスできるからです。
上記のことは、私は癒しだと思っています。
普段緊張している交感神経をリラックスさせ、副交感神経を緊張させます。
私はこれらのことも非常に大事なことだと思っています。

ただ私の治療院に来られる患者さんの話を聞いていると、
みなさん切実な思いで相談されます。

何年も腰が痛くて我慢しているが、治してもらえるでしょうか、
体がしんどくて仕方がない、
病院にいっても薬だけで、それでは効き目がまったくない、
家族の一人が寝たきりになり痛みを抱えている、
腰が痛くて走れないが、今週のラグビーの試合には必ず出たい、などです。

私は、これは治療だと考えています。
私は患者さんにいろいろな悩みを相談していただけることが、
本当にうれしく、とても気持ちがいいです。
(痛みを抱えている患者さんには失礼ですが。)
私を信用してくださっているんだ!と思い、ひそうな顔をされている患者さんを見ながら、
大変うれしく思っています。

そして、これに答えるのが医療人としてのサービスだと私は考えています。

癒しが悪いといっているのではありません。
医療機関によって、この癒しと治療が一緒になっているところがあるということです。
新聞におり込まれているチラシに、
「このチラシを持ってこられると、5000円のところが今回に限り3000円!」
といったチラシをよく見かけます。
これが癒しのところが行うには、よくわかりますが、
治療院と名のついたところが平気でやっているということに疑問を感じます。
極端にいえば、病院が下記のようなことをしているでしょうか。
「今月は盲腸の手術は30%引き!今日から先着100名の方は20%引き!
このチラシを持ってくれば、整形、内科は半額!」
病院のバーゲンなんかは、聞いたことがありません。
こんな病院は、恐ろしくて行けないと思います。
私は治療院とはいえ、院と名がつく以上は医療人が業として行っている、
医療機関だと考えています。

経営に関してはいろいろなやり方があり、
「いろいろなやり方で患者さんに選んでもらった方が、患者さんが来やすいのではないか!」
といわれる患者さんもおられますが、
それをすると、「人を治療して治す!」という基本から外れる気がします。
ですから私は、いくら人にいわれても、安くすることは考えていません。
むしろ、もっと腕が上がり、治すことができれば金額なんかは必然と上げれると、
考えています。

早く治す!楽になってもらう!これが医療人としての本来のサービス!
と、私は考えています。
安易に安くするのがサービスとは、私には感じられません。
11:58  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

成長痛

2009.11.13 (Fri)

朝起きると息子が「歩いたら足が痛い!」といってきたので診てみると、
踵骨の後ろが赤く腫れ上がっており、
少し後方に突出しているように感じました。
これを踵骨骨端炎といいます。
「あ!これは痛いわ!」と思い、
家内に体育は休ませてもらうようにいいました。
この場合は、とりあえずは安静が大事です。
一回骨が出てしまうと元に戻ることはないためです。
そして、踵骨の後方が出てしまうと、
やはりいろいろなところに負担がかかってきます。
まず、ふくらはぎ、下腿三頭筋が緊張します。
すると膝関節が屈曲して行きます。
すると次に股関節が屈曲して行きます。
この時、大腿四頭筋に緊張を持ち、
腸腰筋が硬くなっていきます。
すると、体幹が前に倒れて行くために腰をそれ返そうとします。
腰椎の前わんが無くなってしまいます。
すると、次の胸椎が丸くなり猫背となります。
後、いい出したら切りがないので、このくらいにしておきますが。
一つの疾患で体全身に影響が出るという事です。
この踵骨骨端炎の他にもオスグット氏病、第一ケーラー病という疾患もあります。
この三つの疾患が成長痛を代表します。

結論ですが、子どもの場合は将来に渡り、
どのような才能を持たれているか分かりません。
将来、メジャーリーガーになられるかもしれません。
オリンピック選手になられて金メダルを取られるかもしれません。
誰にも分からない事です。

「そのくらい大丈夫だ!」のような事は考えずに、
周りの大人が気を付けてあげなければなりません。

ちょっとした事で、
せっかくいい物を持っていても潰れてしまう事が多々あります。
15:59  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

高血圧

2009.11.11 (Wed)

心臓は血液を循環させて酸素や栄養を全身に送る、
ポンプの役割をしています。
血圧とは、心臓から血液が送り出される時、
動脈壁に加わる血液の圧力の事をいいます。

心臓が収縮して血液を送り出した瞬間に動脈にかかる圧力、
これを収縮期血圧、最大血圧、上の血圧、
反対に心臓が拡張して、
血液が戻ってくる時は、
圧力が最も低くなるため、
拡張期血圧、最小血圧、下の血圧といいます。

高血圧の診断基準
分類 収縮期血圧(mmHg)   拡張期血圧(mmHg)
至適血圧 <120 かつ <80
正常血圧 <130 かつ <85
正常高値血圧 130~139 または 85~89
グレードⅠ・軽症高血圧 140~159 または 90~99
グレードⅡ・中等症高血圧 160~179 または 100~109
グレードⅢ・重症高血圧 180以上 または 110以上 

高血圧の種類とその原因
 ●本態性高血圧
  <原因がはっきりとしない、考えられる原因>
  ・過剰な塩分摂取
  ・肥満
  ・飲酒
  ・精神的ストレス
  ・肉体的労働の過剰
  ・たんぱく質、脂質の不適切な摂取
  ・喫煙

 ●二次性高血圧
  〈原因がはっきりしている〉
  ・腎性高血圧
   腎炎、慢性腎盂炎、糖尿病性腎症、
   のう胞腎、腎腫瘍、腎血管疾患など
  ・内分泌性高血圧
   甲状腺、副腎、脳下垂体などの内分泌器官の病気
  ・血管性高血圧
   大動脈炎症候群、大動脈縮搾症などの動脈の異常
  ・脳、中枢神経性高血圧
   脳膜炎、脳外傷など
  ・その他
   薬剤など

高血圧から起こる病気
高血圧をそのまま放置しておくと、
脳や心臓、腎臓に合併症が起こる!
●脳卒中
 〈血管が詰まるタイプ〉
  ・脳血栓
  ・脳塞栓
 〈出血するタイプ〉
  ・脳出血
  ・くも膜下出血
 〈心疾患〉
  ・心肥大、心不全
  ・心筋梗塞、狭心症
 〈腎不全〉
  
血圧コントロールのための降圧薬
●血管収縮を緩和
 ・カルシウム拮抗薬
 ・アンジオテンシン交換酵素(ACE)阻害薬
 ・アンジオテンシン?受容体拮抗薬
●体内のNa量を減らす
 ・利尿薬
●交感神経の緊張を緩和する
 ・β遮断薬
 ・α遮断薬 

(私の治療家としての考え方)
高血圧のほとんどは本態性高血圧です。
という事で、本態性高血圧について私の考え方を書かして頂きます。

下の動画をご覧下さい!
[高画質で再生]

血管美人で診る血液の流れ [掲示板]
毛細血管の血流、形状を診ています。
まず血流ですが、
この動画だけでは分かりにくいと思いますが、
よく見ると、
やたらと速くなっている所と、
遅くなっている所があります。
これを診ていて私が考えた事ですが、
血流というのは速過ぎても遅過ぎてもいけない!
やはり、速くもなく遅くてもない状態ベストだと私は考えました。
ここでなぜこういうバラバラの状態が出来るかという事ですが、
遅く滞っている所はストレスなどにより、
毛細血管が狭窄されたり、
老廃物などで詰まっている所があると思われます。
速過ぎる所は遅く滞っている所をが流そうとし、
心臓に負担がかかり血圧が高くなるように私は考えました。
血管
しかし、私が普段から血管美人で毛細血管を診ていると、
それだけが高血圧の原因とはいえないように思えます。
もちろん、上記している塩分の取り過ぎなどの原因もありますが、
というのは、低血圧にも関わらず、
やたらと血流の速い人、
また逆に、高血圧にも関わらず、
やたらと血流の遅い人がいます。
これは一体どういう事かという疑問が湧いて来ました。
私はここで自律神経失調症という事を思いつきました。
以前は血球には自律神経の作用はないように考えられていました。
しかし、現在は血球にも自律神経支配が働く!
という事がいわれています。
という事は、血圧が低いにも関わらず、
血流が速い人は、
心臓は交感神経が緊張していないのに、
血球は交感神経が緊張して血流が早くなっている、
自律神経がバラバラの状態、
自律神経失調症となられていると考えました。
血圧が高いにも関わらず、
血流の遅い人、
まったく逆の事がいえると思います。

これらは私が血管美人を測定していて考えた事ですが、
やはり、高血圧というのは、
過度のストレスから来る交感神経緊張状態、
また、自律神経がアンバランスによる自律神経失調症、
これらから根本的に診て行かなければいけないと思います。
高血圧の治療にとって、
私は薬物も大事と考えています。
しかし、薬物だけに頼って、
上記している事を見直さなければ、
真の治癒はないと私は考えています。

高血圧の治療
(高血圧の反射区)
●頭
頭部の高血圧の反応点

●首
高血圧の反応点

●合谷
合谷

(心臓の反射区)
●手のひら
手のひら・心臓の反射区

●足裏
足裏・心臓の反射区

(高血圧の主要経穴)
 頭部 百会 天柱  風池
 背部 天髎 心兪 膈兪 肝兪 腎兪
 胸腹部 関元 中脘 膻中 
 上肢 合谷 曲池 
 下肢 陽陵泉 足三里 三陰交 復溜

●とくに復溜穴には、
血流の悪さで体がむくんだり、
尿の出が悪くなるのを解消します。
復溜穴

以上ですが、
患者様に生活習慣を見直して頂く、
そして、定期的に内科で診察してもらう、
これらの事ももちろん大事ですが、
私は、我々の治療も十分に高血圧の方のお役に立てると考えています。

芦屋ローリング健康センター・山西整骨院
http://www.ashiya-rolling.com
16:31  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

腰椎椎間板ヘルニア

2009.11.09 (Mon)

腰椎椎間板ヘルニアですが
ちまたにもよく耳にされると思います

実際に患っている方も多いと思います

椎間板ヘルニアとは

まず椎間板とはですが
椎体と椎体の間にあるクッションの役目をする円板状軟骨の事です

そして、ヘルニアとは「突出」という意味です
椎間板ヘルニアとは椎間板が突出しているという事です

ここで問題になるのが
ただ単に椎間板が突出するだけでなく

突出した椎間板が神経根を圧迫する事により
激しい痛みやシビレなどの症状を引き起こす事です

下の写真は腰椎椎間板ヘルニアのMRI画像です
Dc131.jpg

まず、神経根の損傷具合を診て行きます
この時、SLRという徒手検査を施します

これで下肢の挙上に痛みやシビレがあれば腰椎椎間板ヘルニアを疑います

その他の症状として
筋力の低下、知覚異常、腱反射の異常があげられます

             筋力        知覚              腱反射  
L4(3~4間) 足関節背屈低下  母趾から示趾にかけての  膝蓋腱反射の 
                      知覚異常          低下または消失

L5(4~5間) 母趾低屈低下   示趾から中趾にかけての      ×
                     知覚異常

S1(L5~S1間) 母趾低屈    中趾から小趾にかけての アキレス腱反射の
            低下      知覚異常            低下または消失

※子供の場合 SLR(ー)、神経根症状がなくても大腿二頭筋の拘縮があれば疑う!

(緊急手術)
その他、膀胱直腸障害が出現している方もおられます
この場合、緊急の手術を要します

以上の事をよく診察し

手術が良いか!

保存治療が良いか!

Drや患者様とよくコミュニケーションを取り
慎重に経過を診て行かなければならないでしょう!

(手術を必要とされた方)
  レーザー治療(PLDD)
  LOVE法
  「内視鏡」視下手術法
  「顕微鏡」視下手術法  など、

手術方法は上記しているだけではありませんが
手術を必要とされた方は

その症状やその方の状態により
手術方法を考えて見られてはどうでしょうか!

※当院は関西医療大学・准教授、関西医療大学附属診療所・整形外科、 
増田研一Drのご教授を頂いております。
FOOTBALL SANCUARY (増田研一Drブログ)

芦屋ローリング健康センター・院長ブログ
腰痛の診断、治療について(増田研一Dr講義)

ここからは、私の治療家としての考えを書かして頂きます

私は29年間治療家として臨床に携わっておりますが
腰椎椎間板ヘルニアと診断されても

手術を必要とする方と
手術を必要としなく

保存治療で経過を観察して行った方が良い方
この二通りがあります

私の経験上ですが
手術を必要としない方の方が圧倒的に多いように思えます

もちろん手術を受けた方が良い方もおられます

ただ、出来るだけ手術をせず保存治療で治した方が
後々の腰や体全体には良いように思えます

現在は傷口も小さく体への負担も少ない手術もあります
しかし、ある程度の年数が経てば

椎体への変性も現れたりする場合もあります

傷口の所に瘢痕化進み
独特の硬さを呈し

手術前とはまた別の痛みや体調不良を訴える方も少なくありません!

腰椎椎間板ヘルニアと診断されても
Drや我々治療家ともよく相談し

いろいろな可能性を心掛けて見られてはどうでしょうか!

※上記しておりますが
緊急の手術を必要とされる方もおられます

おしっこが出ない!

直腸反射が出ている時には
必ずDrの指示に従って下さい

(私の腰椎椎間板ヘルニアの治療)

まず、なぜ椎間板が突出したかを考えます

私の考えですが
体全体のバランスが悪くなり

線維輪に少しずつ負担がかかり
その負担部が虚弱化となり

ある時、ちょっとした動作で髄核が飛び出したり
虚弱部位から少しずつ髄核が飛び出して来た

そのように考えています

つまり、腰椎椎間板ヘルニアであっても局所のみにとらわれず
体全体のバランスを整え

そして、負担のかかっている線維輪の負担を取ってやる!
それが私の腰椎椎間板ヘルニアの治療に対する考え方です

治療に入ります

全体のバランスを整えるには
やはり、腹部が重要になります
480内蔵の治療

もちろん、抹消を始め
体全体の治療は施します
手の抹消をビューティーで治療

そして、腰椎椎間板ヘルニアは
腰部から坐骨神経に沿って症状が出ます

まず、腰部の治療です

腰部を治療していると
細かい所にしこりがあったり

ちょっと押さえただけで痛がったりする所があります

私はこの状態の感じを
「干からびた田んぼ」と例えます

この「干からびた田んぼ」に水をどんどん送ってやり
田んぼを耕して行きます

人間の体では血液をどんどん送ってやり
血流の良い状態にするという事です
塩満さんの内臓区の治療

そして下肢の治療です

坐骨神経に沿って
必ず大小のしこりが出現しています

そのしこりを治療し血液循環を良くし
坐骨神経に血流を送って行きます
ハムストリングスをビューティーで治療

これは私の東洋医学的な考えです

腰椎椎間板ヘルニアの症状は
足の太陽膀胱経に出現します

私は膀胱の動きを良くする事で
坐骨神経にも良い影響を与えると考えています

手のひらの膀胱の反射区です
手掌の膀胱の反射区

足裏の膀胱の反射区です
足裏の膀胱の反射区

ここには足の太陽膀胱経の京骨という経穴があります
膀胱には非常に重要な箇所です
京骨

●腰椎椎間板ヘルニアの主要経穴
  腰部 腎兪 大腸兪 膀胱兪 次髎
  
  下肢 承扶 殷門 委中 陽陵泉 崑侖

※手術をされた方

下の写真は腰椎椎間板ヘルニアの手術をされた方です
(レーザーや内視鏡下での手術の傷口は少しの範囲です
しかし、手術方法はヘルニアの突出具合やその方の症状によって違って来ます)
ヘルニアOpe後

私も出来るだけ手術をせず
患者様の体の負担にならないようにと思っていますが

やはり手術が必要な場合もあります

手術後ですが

だいたいの方は手術をする事により
神経根を圧迫していた痛みは取れます

しかし、手術をする事により
周囲の筋肉が硬くなり

瘢痕化を形成する方も少なくありません

手術前とはまた違った痛みが出る場合もあります
また、手術では局所のみしか治療はしてません

腰から下肢にかけて坐骨神経の走行に沿って
血流が悪くなり筋肉のしこりが出来ているはずです

これらは手術をしたからといって取れる訳ではありません!

下の写真は上写真の手術後の方です

神経根の痛みは取れていますが
種々の体調不良を訴えて治療に来られています

治療前、体幹の動きです
中畑さん治療前

治療後です

体全身の筋肉がほぐれ
スムーズに体幹が動くようになりました
中畑さん治療後

また、瘢痕組織も形成されています
超音波(フィアクション)は瘢痕組織に最適です

ローリング治療後
超音波を併用する事で

より良い治療効果が期待出来ます
中畑さんの腰部を超音波で治療

このように手術をされた方の治療も
非常に大事になって来ます

腰椎椎間板ヘルニアは
我々治療家でも様々な考えがあると思います

治療家によって治療方法も異なりますが
私はローリング治療は最も最適と考えております

以上の事から

腰椎椎間板ヘルニアに対して
ローリング治療は十分にお役に立てる事は多々あります

★痛み、体調不良でお困りの方
ぜひ、ご相談下さい!
(下記メールアドレスをクリックして頂き、お問い合わせにてご連絡下さい)
      ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター・山西整骨院
http://www.ashiya-rolling.com
16:54  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT