FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

骨の治療

2010.05.17 (Mon)

最近、整形外科で「超音波骨折治療器」という機械を使われていますが、
骨折部位に微弱な超音波を照射することにより、
骨癒合が促進されるそうです。
以前は骨折といえば折れた骨を整復し、
その位置を保つように固定があり、
整復、固定をした後は、
身体の細胞が新しく骨を作り直す自然治癒力に任せるのが通常で、
骨癒合を促進する方法はほとんどなかったと思います。

骨というのは負荷をかける事により強くなると言われています。
骨粗しょう症の方は歩いて身体に刺激を与えるように指示されます。
身体に負荷をかけなければ破骨細胞の働きが、
骨芽細胞の働きに勝ってしまうと言う事が言われています。
また、骨を圧迫すると弱いマイナス電位が発生する現象も知られています。
マイナスの電位は血液中のプラスのカルシウムイオンを取り込むため、
骨にカルシウムが結合し易くなります。

以上の事を応用したのが「超音波骨折治療器」で、
この治療を施術する事により、
骨癒合が従来の約40%短縮される効果が確認されているそうです。
またこの治療は保険診療も適用されているそうです。

私も今までは骨折に対しては、
期間が経たなければ治癒は不可能と思っていました。
サッカーのベッカム選手、
メジャリーガーの松井選手この施術をされていたそうです。
今後は骨折に対してもそして骨の治療(骨粗しょう症など)にも、
いろいろな治療方法が発表されて来るように思えます。

ここで私達が行っているローリング療法、
マイナスイオンが出ています。
[高画質で再生]

マイナスイオンローラー [アフィリエイト]
ローリングで骨に刺激を与える、
マイナスイオンローラーでマイナスイオンを骨に吸収させる、
マイナスイオンローリング療法も、
上記している事の理にかなっていると思います。
マイナスイオンローリング療法も、
これらの事から骨折の患者様のお役にたてるように、
今後の治療に期待したいと思います。

マイナスイオンが出ていないローリングです。
比べて頂くとよくお分かりになると思います。
[高画質で再生]

マイナスイオン計測中 [アクセスカウンター]
スポンサーサイト



20:35  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |