FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

前腕の治療

2010.07.29 (Thu)

前腕を治療しているところですが、
一つ一つの箇所について意味があります。
福森さんの前腕を治療

前腕について少しだけですが、
経穴の意味を書きたいと思います。

○尺沢穴(手の太陰肺経)
尺沢

(効用)
ぜんそく、呼吸困難、せき、たん、のどの痛み

○孔最穴(手の太陰肺経)
列穴

(効用)
気管支やのどの病気、ぢに効くこともある

○曲池穴
曲池

(効用)
風邪の熱や歯、のどの腫脹、皮膚病、婦人科疾患

○支正穴
支柱

(効用)
激しい頭痛や頚部のこり・痛み
【支脈(経絡の枝別れ)を通じて心経にも連絡する】

○少海穴
少海

(効用)
頭痛、発熱、目、鼻の充血、耳鳴り、肘の痛み、心臓病
【心経の深い経穴】

○郄門経
げき門

(効用)
動悸がする、息苦しい、胸がつまる、のどが痛い、せきがひどい、
鼻血、吐血、喀血など、体の上部から出血する時の救急止血の経穴

今回は前腕の六つのツボについて、
改めて私も勉強、復習の意味を込めて書かせて頂きました。
前腕といってもまだまだ重要な経穴はあります。
やはり、私も患者様に治療させて頂く以上、
意味を持って考えて治療して行くことが重要と思います。

常日頃からちゃんと勉強しておかなくては!
今回のブログを書いていて、
つくづく思いやらされました。

名神豊中ローリング健康センター
http://www.toyonaka-rolling.com/


スポンサーサイト



10:43  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |