FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

オスグットよりも内反足

2010.09.27 (Mon)

オスグットで来られた小学6年生の患者さんですが、
よくよく診ると、
左足関節にtoe-inの硬縮が診られ内反足となられています。
捻挫の後遺症

オスグットで来られた以上、
脛骨粗面にも痛みはありました。
もちろんこの治療も大事ですが、
この方の場合は関節裂隙にも痛みを訴えられます。
MucMurary(+)であり、
内側半月板に痛みがありました。

オスグットの場合、成長が止まるとほとんどの痛みは治まります。
その時期までの治療と経過観察が重要ですが、
この足関節ではいろんな箇所に負担がかかります。

私がここで言いたい事ですが、
この方が今後どのようなアスリートになるか分かりません、
この足関節ではその芽を摘む事になり兼ねません!

オスグットも大事ですが、
そちらの方も治療して行こうと、
付き添いのお母さんに伝えました。

しっかりとした治療をして行こうと思っています。

名神豊中ローリング健康センター
http://www.toyonaka-rolling.com/
スポンサーサイト



09:28  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |