05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

体調不良

2012.06.23 (Sat)

どこと指摘できないけど
  体の不調が続くと言う方!
   
    痛みが消えるローリング法・蓑原右欣著から

このような方が多いのではないでしょうか!

体調不良の原因として、
様々なストとレス、
体内のイオンバランスを崩す環境因子、
(マイナスイオンローラーをご覧下さい)
食生活など、

これらの結果、
交感神経が緊張し毛細血管が収縮し、
血流障害を起こす
    ↓
新鮮な酸素や栄養素を各臓器組織に送り込めない
    ↓
各臓器組織が活動し生じた炭酸ガス、
老廃物を持ち帰れない
    ↓
体調不良を招く!

一概にこれだけが体調不良の原因ではありませんが、
私が考える、
「病院に行ってもどこも悪くないと言われ、
      いつまでも体調不良が続く!」
と言う方のメカニズムです。

要は体全身の血流を良くする事で、
ほとんどの体調不良は改善すると私は考えています。

(治療)
体全身を治療します。

・腹部
  血流障害を一番に受けるのは内臓です。
  体全身の交感神経緊張状態を副交感神経緊張状態にするためには、
  内臓は念入りに治療します。 
腹部の治療

・頸部
  首の付け根にはいろいろなツボがあります。
  天柱と言って目の疲れなどに良いツボも刺激します。
天柱・Ⅱ

・ハムストリングス
   私はハムストリングスは体のポンプと考えています。
   ハムストリングスをほぐす事で、
   体全身の筋肉が緩んで行くように思えます。
太ももの治療


・背部
  リラックス出来ると思います。
背中の治療


・足の末梢
  マラソンで言えば折り返し地点です。
  折り返し地点に行く前に選手が引き返して行けば競技は失格です。
  マラソン選手を血液に例えて治療します。
足の抹消

治療する所はこれだけではありませんが、
とにかく体全身をくまなく治療して行きます。

芦屋ローリング健康センター・山西整骨院
http://www.ashiya-rolling.com
スポンサーサイト
19:19  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

肩こり

2012.06.20 (Wed)

我々治療家の元に来られる患者様で、
一番多い疾患と言っても過言ではないと思います。
肩こり

治療家の先生方、それぞれいろんな治療法があると思います。
どれを取っても良いものだと思います。
ただ、私が長年治療をして来て言える事ですが、
「肩がこった!」と言われる患者様を治療していると、
肩だけがこっていると言う方はほとんどいてません、
ありとあらゆる所がこっています。
体全身の血流が悪くなっていると言う事です。

体全身の毛細血管が収縮している、
交感神経緊張状態に陥っている!

あるDrの本を読んでいると、
この交感神経緊張状態があらゆる病気の原因となる!
と提唱されておられます。

また肩がこって来ると、
集中力が続かないなど精神的にも良くなく、
筋肉が硬くなって来るため力が入りにくく、
どうしても姿勢が悪くなります。
肩関節の動きが悪くなり五十肩に原因になったり、
上肢に行く血流が悪く腱鞘炎になったり、
気管や肺を圧迫するため持久力が落ちるなど、
様々な疾患や体にとって悪い影響を及ぼすと考えられます。

ちょっと大げさに書いたかも知れませんが、
肩こりが取れれば体は非常に楽になります。

私が柔道整復師の学校に通っていた時、
講師に来られていたDrが、
「肩こりって患者ですか?」
と言われていたのを今でもよく覚えています。
確かに医学的に診ると、
あまり大した疾患ではないと思います。
しかし患者様にとって辛いものは辛いです。

「何もする気がしない、
   しんどくて仕方がない、
      何とかして下さい!」

など言って来られる方が非常に多いです。

とにかく早く楽になって頂くように心掛けています。

(治療)
◆経穴
肩こりのツボ

・天柱 頭を支える高い柱
     目・鼻・耳・頭部の疾患、不眠、ノイローゼ、
     ヒステリー、神経症、高血圧

・風池 頭部においてよく症状が現れたまるところ
     目・鼻・耳・脳の病気

・天井 肩にある深い井戸
     頭部・頸部をめぐる動脈と関係がある、
     脳の疲労、目・歯・耳の痛み、
     頭痛、めまい、寝違い、呼吸器に異常

・極泉 最上部にあって急流をなす泉
     心臓病、肋間神経痛、五十肩、
     耳・鼻・口などにも一脈通じるものがある

・膏盲 薬の効き目が届かない深いところ
     呼吸器疾患、心臓病、ノイローゼ、
     精神疲労、肋間神経痛

(反射区)
・手の甲
肩こりの反射区

・足の外側
京骨

(鍼治療)
※写真の患者さんは肩こりではなく、
頸椎ヘルニアの方です。
鍼治療

肩こりでお悩みの方、
ぜひ相談して欲しいと思っております。

芦屋ローリング健康センター・山西整骨院
http://www.ashiya-rolling.com
07:17  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

勉強会

2012.06.17 (Sun)

先日、ローリング療法の勉強会をしました。
勉強会

どこに行っても整骨院の看板を見かけると思います。
みなさん柔道整復師の先生方です。
今、整骨院は過剰状態と言っても過言ではありません、
しかし、この先生方のように新しい事を吸収しようとされている先生、
このような先生方に関しては、
まだまだ成長されて行く事と思います。
この業界の未来は暗い!と言われる先生も多く、
事実、廃業されて行かれる先生もよく見かけます。
しかし、私はこの業界はまだまだ未知な世界があると確信しています。
これは勉強をすればする程感じる事です。
努力と工夫次第でまだまだ明るい業界を私は思います。

名神豊中ローリング健康センター
http://www.toynaka-rolling.com/
23:15  |  ローリング療法  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |