09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

筋トレと治療

2012.10.08 (Mon)

今、筋トレに関する本を読んでいます。
私は治療家であり筋トレを指導する事はあまりないんですが、
筋トレをするにあたって、
私が出来る治療を繋げようと思いました。

まず下の写真は筋肉のズレを図で解説されておられます。
筋肉ズレ

よく骨盤が歪んでいるとか、
背骨がズレていると言われます。
上の写真は筋肉において収まらなければいけない所からズレたり、
そのズレる事により形状も変形して歪んだりすると言われています。
私もその通りと思います。

私が治療していててき面に思う事は、
左右の下肢を治療した時、
治療をした方が下肢全体が沈んで行くように思えます。
一方、治療をしてない方が下肢全体が浮いているように思えます。
これは筋肉が緩み、
ちゃんとした所に収まっているように思えます。

何が言いたいかですが、
上の写真のような筋肉の状態で筋トレをすると、
筋肉は着きにくい!
筋肉が着くどころか、
筋肉に無理な力が入り、
筋肉やその腱に痛みが出て行くように思えます。

その事から、
筋肉を良い状態にし、
筋トレをするべきだと思います。

その筋肉を良い状態にする事が、
治療だと思います。

下の写真は血の流れが悪くなっている状態です。
異常な赤血球

赤血球の役割が出来にくくなる

この状態では、
筋肉に新鮮な栄養の供給がズムーズに出来ません、
供給がズムーズに出来ない分、
必要以上の栄養を体は入れようとします。
必要以上の栄養は体に脂肪として残ります。
しっかり運動をされているのに、
お腹に脂肪が着くと言う方、
このような原理もあるのではないかと考えました。

この血の流れをスムーズにするのは、
やはり治療です。
ただこれは治療以外にも、
いろんな方法はあるかと思います。

今のところ私が考える、
筋トレと治療の意味です。

一応考えたのですが、
どう考えても、
治療だけで筋肉の強化が考えられませんでした。
これが出来れば画期的な事ですが、
やはり両方の併用が重要と思います。

芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com
スポンサーサイト
23:48  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

マインド

2012.10.07 (Sun)

大胸筋から裏側と言いますか、
奥の方に痛みの原因となっているしこりを治療しています。
肩の奥を治療する

いろんな方向から治療したのですが、
この場合、指の腹側で治療しているのではなく、
爪の方にしこりえを当て治療しています。

指圧補助器でもアプローチをかけました。
指圧補助器で肩をする

しこりに触れ、
そのしこりにイメージを持ちます。

下の写真を外側腓腹筋の治療です。
新しい器具で治療

これらのイメージは、
いろんな治療家や研究者のお考えを参考にしています。
治療家にはいろんな考え手技があります。
私はいろんな本を読みますが、
どの先生方の考えをとっても、
良い物だと思います。
その考えを自分の考えに取り入れる事は可能であり、
それが自分の治療の自信になるように思えます。
ただ、スポーツと同じで、
いくらスキルを高めても、
時間内にやれる事は限られます。
しかし、考えはいくらでも取り込める事が出来、
それを自分の治療に役立たせる事は出来ます。

技術、スキルも大事ですが、
考え、マインドも非常に大事と思います。

芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com
18:01  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ラガーマン

2012.10.01 (Mon)

プロラグビー選手、伊藤宏明選手
IMG_2202.jpg

ラグビーは激しいスポーツです。
体の手入れは当たり前ですが、
怪我をしない体を作らなければなりません、
それはその選手によって様々です。
予防医学とも言うのでしょうか、
ただ抜本的に予防と言うのではなく、
その予防する所は、
選手により様々です。
それを熟知する事により、
選手と治療家に信用が生まれます。
選手の身になり、
よく診なければいけないと言うことです。

芦屋ローリング健康センター
htp://www.ashiya-rolling.com
01:46  |  ラグビー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |