04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

テーピングの意味

2013.05.30 (Thu)

ラグビーの現場に行くと
必ずテーピングをお願いされます
中には「テーピングは意味がない!」と言われる方がおられます
私のテーピングに関しての意味を書きます

下の写真は途中ですが
前距腓靭帯損傷の方のテーピングです
テーピング

この方の場合はテンションをかけ
安心感を与える意味もあります
私が考えるテーピングですが
このテンションをかけることにより
脳へ刺激を与えます
ケガをしないようにすると言うセンサーを刺激します
足関節に内反強制が加わるとこのセンサーが働きます
内反捻挫の予防となります

またストッパーになるテーピングをする場合もあります
これは足関節によく使います
テーピング自体が壁のようになると言うことです

また一つ一つの動作に強力なテンションをかけ
関節の動きを完璧に止め
例えは悪いですが
悪いものは完璧に抑え込んでしまう
こんなやり方というか考えで行うテーピング
これは習慣性肩関節脱臼の方によく使います

下の写真は大腿四頭筋のテーピングですが
この方はSOというポジションがら
キックの蹴り過ぎで肉離れのようになっておられます
大腿部肉離れのテーピング

この場合ですが
キックの蹴り過ぎで大腿部全面に痛みを訴えている方は
大腿直筋辺りに硬結が出現します
この硬結は筋肉の走行から外れて浮いて来ています
もちろん治療でほぐしていますが
この硬結を走行に入れるようにテーピングで圧力をかけて行きます
この場合、症状が軽ければキネシオテープでも十分と思いますが
症状がきつければキネシオだけでは不十分です

また肉離れで部分断裂を発症されている方ですが
この場合は損傷部分を引き寄せ
患部の安静を目的とした
処置的、治療を目的としたテーピングを行います
この状態でのゲームへの参加は勧めません

この事はテーピングとは少し関係ないかも知れませんが
後の処置として引き寄せた損傷部分は
山のように盛り上がり
やはり硬結として出現し
筋肉の走行から外れて来ます
硬結をほぐし走行にきっちりハメて沿わします
そして治癒となります

テーピングを行うにも
術者やトレーナーにとっていろんな考えはあります
そして、テーピングをしているからと言って
完璧ではありません
しかし、一つ一つの意味を選手に伝えてテーピングをする
この事によって私はテーピングをする意味は
十分にあると確信しております

言わばセンサーを刺激しながら巻く!

こう言った感じです

また、このセンサーを刺激する場合
ご自分で巻くのではなく
他人に巻いてもらった方が刺激されると思います
私の考えですが
自分で巻く場合はセンサーを刺激する前に
その刺激を先に意識している
刺激が薄くなると私は考えています
やはり信用出来る方に巻いてもらうべきだと思います

下の写真は捻挫でも
骨折のあるものです
骨折している足首

この場合はセンサーどころではありません
速やかに病院に行き
X-P Checkの上、処置してもらうべきです
この方は手術を必要とされました
確かにここまで行くと
テーピングに意味はありません

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com



スポンサーサイト
13:47  |  スポーツ障害  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

肉離れの要因

2013.05.23 (Thu)

肉離れは下の写真のように
大腿二頭筋に圧倒的に多発します
Dc105.jpg

その理由として大腿二頭筋は
大腿四頭筋の拮抗筋です
大腿四頭筋が6とすれば
大腿二頭筋は4の力しかありません
大腿四頭筋の急激な収縮により
大腿二頭筋も急激に収縮します
その時につり合いが取れません
その際に肉離れを発症すると言われています
若年の方で現役のアスリート
壮年の方で現役から遠く退いた方
圧倒的に壮年で現役を退いた方に多いです
バリバリ筋力トレーニングをされている方
出来る範囲の筋力トレーニング
もしくわ休日だけスポーツを楽しまれている方
その違いだと思います
現役のアスリート

ここまでは教科書通りです

では現役を退いた方のチーム
その中でも肉離れになる方と
そうでない、ほとんどケガなどしない方
その違いについて考えて見ました

まず肉離れの治療に当たると
筋肉自体に断裂(ほとんどが部分断裂)があり
皮下出血(受傷直後はあまり出現せず、除々に出現)があり
腫れ上がり炎症を持って来るもの
また上記した症状はなく
野球のボール、ピンポン玉を大きくしたような硬結
これを感じる時があります
この硬結にさらに力が加わり
上記している炎症を持った肉離れになります
と言う事は
この硬結が出現しない筋肉にすれば良い
と言う事が言えると思います

これらの事から
肉離れの発症のメカニズムは
筋力の低下と硬結になりやすい筋肉
このように考えました

では硬結になりやすい筋肉
一言で言うと状態の悪い筋肉
下の写真のように
筋肉自体が走行から外れ
変形や捻じれのある状態
筋肉ズレ

そして常にドロドロ血液状態になっている方
下の写真はドロドロ血液状態です
赤血球の役割が出来にくくなる

異常な赤血球

ただ世間一般的にはドロドロ血液はすべて悪い!
このような言い方をする人がいますが
ドロドロ血液と言うのは
いざと言う時瞬発力や俊敏さを発揮する時に必要です
言わば無酸素運動をする時に重要です

ところが普段のリラックス時においても
ドロドロ血液状態であられる方が多々おられます
上記していますが
このドロドロ血液は無酸素運動時に必要です
あまり酸素を必要としません
リラックス時には血液サラサラで
酸素を十分に吸収し
各組織に供給しなかければなりませんが
普段からドロドロ血液状態の方は
各組織、肉離れの場合で言うと
筋肉が酸欠になっています
もちろん栄養の運搬も悪くなります
栄養の運搬が悪ければ
組織、筋肉細胞の修復がおろそかになります

これらの事から
筋肉に変形や捻じれのある悪い状態
ドロドロ血液による酸欠、栄養不良の状態
これらが要因になっていると私は考えました

筋力はご自分で努力して頂かなければなりません
しかし、状態の悪くなった筋肉を良好な状態にする事
これは私の治療で十分可能です

いつまでも好きなスポーツを楽しみたい!と言う方
肉離れの予防、または予測医学も考えて見てはいかがでしょうか!

※以前にこんな記事も書いております

   大腿二頭筋肉離れ
  http://kouzushima.blog66.fc2.com/blog-entry-551.html


  こころのギャップから来る負傷
  http://kouzushima.blog66.fc2.com/blog-entry-683.html  



ラグビー治療院・芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com
09:59  |  スポーツ障害  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

豊中でのラグビー

2013.05.04 (Sat)

豊中でのラグビー会場に行って来ました
豊中でラグビー

正直、豊中でラグビーが見れるとは思ってなかったからか
とても気持ち良かったです
観客もなかなかでした
豊中12中でのラグビー

ただ私の場合次行く時には
テーピングボックスを持って
出来ることはしたいと思っています
12中ラグビー部


また豊中でラグビーに行くのが
楽しみです

ラグビー治療院・芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com
06:47  |  ラグビー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |