06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

前脛腓靭帯テープ

2013.07.26 (Fri)

アンカーを巻きます
足背は伸縮テープで巻きます
アンカー

前脛腓靭帯は外反捻挫です
外から内にテンションをかけます
しかし、足関節では内反捻挫が圧倒的に多いです
内反強制だけのテンションでは
内反捻挫が誘発されるので
この場合は内、外反ともにテンションをかけます
この場合、同時にテンションをかけるのではなく
まずは内反強制のテーピング
そして外反強制のテーピング
これは選手、患者さんに強い意識を持ってもらうためです
私の場合、内を6の力で
外を4の力でテンションをかけます
外か内

背屈制限のテーピングです
伸縮テープで巻きますが
強くならないように
軽めのテンションで巻きます
強く巻くと下腿三頭筋のストレッチが出来なくなるためです
軽目でもストレッチはしにくいですが
強くテンションをかけるとストレッチどころか
痙攣を招きます
背屈制限

同じく背屈制限です
背屈制限内反外反制限

必ず内から外です
圧迫さえ出来ればどちらでも良いと言う方がいます
しかし、一つ一つののテンションに気づかい
選手に意識をさせます
馬蹄形のテープを内から外

フィールロックです
足関節中央のテーピングは外します
損傷部分をテーピングの角が圧迫します
これを避けるためです
フィールロック

この後、伸縮テープでフィギュアーエイトをします

これが私の前距腓靭帯損傷テープです
足関節のテーピングは外反強制テープがほとんどです
そのテンションで前脛腓靭帯損傷テープをすると
余計に痛み、不安感、再発が多くなります

一つ一つのテーピングに意味を持ち
それを選手に意識させるのが
非常に重要と考えています

NTT DOCOMO レッドハリケーンズ 松川太郎選手 来院松川太郎選手

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
スポンサーサイト
01:24  |  ラグビー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ラグビー治療院

2013.07.09 (Tue)

ラグビー治療院です

ラグビー治療院

ラグビー選手に限らず
どなた様もご来院下さい

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
19:20  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

硬結

2013.07.04 (Thu)

ラグビー選手の治療です

下の写真ですが
膝関節の際に硬結があります
もちろんこの箇所に痛みを訴えておられます
硬結を探しながら
ゆるめているところです
膝の際を治療

ほんの少しの硬結が痛みを誘発し
パフォーマンスの邪魔をします
下の写真ですが
ピンポイントに硬結を刺激するために
ローリング器具で緩めた後に
鍼治療で刺激をしました
南川くんへの鍼治療

下の写真は大腿四頭筋中央部当たりに硬結が著明で
やはりその箇所に痛みを訴えておられる方です
この痛みはスタンドオフに圧倒的に多いです
この方もローリングで緩めた後に
局所に鍼治療をしました
森崎くんへの鍼治療

試合前にはテーピングもさせて頂きました
森崎くん

この痛みですが
ラグビーのスタンドオフに圧倒的に多いです
キックの多いスポーツでサッカー
私の経験上、やはりラグビーのスタンドオフに多いです
サッカーの場合はグローインペイン
こちらの方が多いと思います
同じキックでも使う箇所は少し違うように思えます

下の写真は大腿二頭筋の肉離れのテーピングです
二か所の挫傷

この時は現場での処置だったので
テーピングをする前にローリングで硬結を確認し
硬結を緩めてからのテーピングになりました
治療をしていると
硬結が二か所に著明に出現していたので
写真のように圧迫部分を二箇所にしました

下の写真は大腿二頭筋肉離れに受傷直後のものです
この場合は硬結は確認出来ません
腫脹を抑えることが先決です
肉離れ

私の経験上、痛みの原因はほんの少しの硬結が原因の場合が多いです
硬結を探して血流を良くして痛みを取る
また、このほんの少しの硬結がパフォーマンスの邪魔をする
それが結果に多大な影響を与える
かなり多いことだと思います

ラグビー治療院、ラガーマンとして
グラウンドでも積極的に
選手の相談に乗るように心がけております
いつでも心安くご相談して頂ければ幸いです
メール等でも全くかまいません!
現場での治療

※ラグビーのみならず
いろんなスポーツの方もご相談下さい!

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
11:16  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |