06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

肩背部痛

2014.07.28 (Mon)

右肩部、肩甲骨棘下部に痛みを訴える方です
鍼治療矢野くん

こう言う方は決まって下の写真のように
上腕骨が上方に浮き上がっているように感じます
(治療前)
大結節の高さ

この場合、まずは浮き上がった上腕骨を
正常な位置に戻すようにします
(治療後)
低くなった肩

決まって猫背になられています
(治療前の背中)
猫背

肩痛と言っても局所だけでなく
やはり全体を診て行かなければなりません

この猫背ですが
いろいろな要因があると思います
免疫学者の安保徹先生は
ストレスがかかると人間は先祖返りを起こすと継承されておられます
その事から言わして頂くと
ストレスがかかると原始人(類人猿)に戻って行こうとする?
こんな事も言えるかも知れません

なぜこのような事を言うか
患者様は猫背の原因を聞いてこられます
正直、人それぞれなので非常に難しいです
内臓が悪い方はそれをカバおうと背中が丸くなるとも思います

ただ私は上記している安保先生のお考えも
間違っていないと思います
この事からストレスからでも肩痛が起こる
このような事も言えると思います

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
スポンサーサイト
23:52  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

膝痛、人それぞれ

2014.07.26 (Sat)

膝の痛みで来られている方で
親指で押さえている所に圧痛があります
膝痛

十字靭帯、側副靭帯、半月板、内側支持機構、
あえて言えば膝蓋靭帯に指は触れていますが
整形外科的には異常が見当たりません
(我々、治療院の所に来られる患者様は
ほとんどこのような症状と思います)

これらをしっかり確認して施術に入ります

この場合、まったく教科書通りには行きません
その患者様に合わせて考えながらの施術になります
膝だけではなく体全身を治療して行き
全体的バランスの悪さを診て行きました
そして最後に局所の治療に入ります
また局所には局所の感性が働きます

良好な結果が得られました

同じ膝痛でも
人それぞれです

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com
15:48  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

大腿部(ふともも)前面の痛み

2014.07.22 (Tue)

大腿部に痛みがある方ですが
ほとんど屈曲出来ません
曲がらない膝

この症例ですが
かなりの無理を続けて来た結果と言えます

またこの症例の特徴ですが
かなり痛みがあって来られても
一週間も治療すればかなり楽になります

しかし筋肉の状態はなかなか改善するものではありません
その状態で少し痛みが軽減すれば練習をし
そして悪化する
これの繰り返しの結果
どうしようもなくなって来院されるのが特徴です

悪化すればするほど治りは悪いです

ハリ治療

今回来られた方は中学生です
子供は無理をします
周りは相当に気を使ってあげなければなりません

トップの選手も悪くなる前に
メンテナンスに来られます
吉岡さんnoを治療

大腿部(ふともも)前面の痛みは
サッカーやラグビーなどキックをするプレーヤーに多いです
また今回の方は陸上もされておられます

悪化してこじらす前に
早めの施術をお勧めします

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
19:12  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

初期の足底腱膜炎

2014.07.11 (Fri)

足裏痛い!と言って来られた患者さんです

痛む箇所から考えて典型的な足底腱膜炎でした
足底腱膜炎初期

足底腱膜炎の特徴ですが
上の写真のように踵骨の内側から痛みが出ます
今回の場合はまだひどくは無かったんですが
こじらしてひどくなった方の場合
いろいろな箇所の痛みが出て来ます
この方の場合の母趾球の所に違和感を訴えておられました
触診すると、きっちり圧痛がありました

足底腱膜炎はひどく、こじらすと
いろいろな所に圧痛が出て治療が大変になって来ます
患者さんもどうしようもまく来られる方がほとんどです
この疾患は遠路はるばる来られる方多いです
それだけどうしようもなくなって来られます

何が言いたいかですが
出来るだけ早く治療に来て頂きたいと言うことです

今回の方の場合
年齢も十代半ばで若いと言うこともありますが
痛み、違和感が出て早く来られたので
初期の足底腱膜炎ととらえ治療させて頂きました

下のURLはこじらした足底腱膜炎ですhttp://kouzushima.blog66.fc2.com/blog-entry-706.html
ひどくなって来られた場合は
このようにいろんな所に圧痛が出て
治りも長くなります
      ↓
こらした足底腱膜炎
http://kouzushima.blog66.fc2.com/blog-entry-706.html


足底腱膜炎の患者さんと診ていると
とにかく「なんとかして欲しい!」
他の疾患の患者さんも同じですが
とくに遠路はるばる来られる患者さんが非常に多いです

とにかくこじらす前に
出来るだけ早く相談して欲しいと思います

ラグビー治療院®
http://www.ashiya-rolling.com
23:58  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

膝痛

2014.07.06 (Sun)

膝関節に痛みを訴えて来院された方です
ほとんど屈曲出来ません
長位の膝

施術後、かなり屈曲出来るようになりました
曲がるようになった長位の膝

所見として膝関節外縁の少し上方に
圧痛が著明にありました
この場合ですが
決してMRIなど必要ではありませんでした
靭帯断裂または損傷
半月板損傷
Drに対する対診は決して必要ではありませんでした

ここからは施術家としての
感性がものを言って来ます
まずは解剖学的にどこか異常はないか!
あればDrの診察は必要か!
まずはそれらを判別して行きます
これに異常がなければ
施術家としての感性です

私はこの方の場合
普段から肝臓を酷使している
患者さんとの会話の中でも
お酒をよく飲んでいるか?
すぐに分かると思いますが
この方の場合
負担のかかった肝臓が
骨格を歪め
左膝に痛みが発症している!
私はこんな事を考え施術しました
これは会話だけではなく
施術をしながらでもそう感じました
結果は見ての通り良好でした

用はその患者さんの疾患に対して
感性を持つことだと思います
この感性を患者さんに伝え理解して頂く
これが非常に重要と思います
この感性は施術家によっても千差万別かも知れません
しかしこの感性が患者さんに理解して頂き
施術家と一緒になって治癒を目指す
これが非常に大事です

今回のブログですが
教科書にはこんなことは載っていません
ましてや人から教わるものでもありません
しかしこの感性が私にとっては
非常に大事どころか
いろんな文献やデーターよりも
解剖学、整形学的に以上にない疾患には
非常に大事と思います

※今日は報徳学園ラグビーフェスタと言うのがありました
私は父兄として参加しました
私のブースはたこ焼きでした
もちろんボランテアですが
たまには違った仕事をする事も
自分自身の感性を鍛えるため
重要な事だと私は確信しております
たこ焼きブース

雨の中、近隣のラグビースクールが
試合をされておられました
報徳学園ラグビーフェスタ

ラグビー治療院®芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com
23:28  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

強制or硬縮?な関節

2014.07.06 (Sun)

捻挫の後遺症で足関節に内反強制と言うか
内反位に傾いた関節です
捻挫の後遺症

髄内釘固定術後に
足指が屈曲位に硬縮され伸展できなくなった足指です髄内釘手術術後

ラグビーの練習中、走っている際に「ポキン!」と言う音がなり
下の写真のように内反硬縮が発症した足関節です
Yくんの足関節

この他にも足関節が全く屈曲できなくなった足関節など
このように考えられない硬縮や
関節強制されて来た疾患を幾度となく診て来ました

こう言った患者さんに共通している事は
みなさん十代の若者でありました
そして何かしらのスポーツをされておられます
そのスポーツで発症されています

これに関しては
ある程度の考えはありますが
まだまだ分からない点が多いです

そしてどれを取っても独特の硬さがあります
ほとんどは硬くて仕方ないものでしたが
あまり硬くないものもありました

関節に強制運動を用いると
激しい痛みが出るものや
まったく痛みのなもの
これも様々でした

そしてもう一つ言える事ですが
こう言った疾患の場合
ある程度の期間は治療に来られますが
なかなか良くならず
いずれ治療を中止してしまうケースがほとんどです

そしてある日
何かをしている時に「ポキン!」と言う音とともに
完全に治った!と言うケースや
知らぬ間に治っていた!
こんなケースがよくあると言うか
ほとんどだと思います

こう言った患者さんは
藁をもつかむ!心境で来院されます
しかし私の経験上
治療をしたからと言ってすぐに良くなるケースは
ほとんど無いと思います

なかにはDrから腱を切る手術を勧められた方もおられます
この方もやはりある時
「ポキン!」と言う音とともに治癒されました
私はこの手術を勧めませんでした
いくらMRIを撮ったからと言って
どの腱に症状が出てるなど分からないと思います
この方のお母様から「手術をしなくて良かった!」と言って頂きました

今回のブログの結論ですが
天才的、神技的な施術家なら分かりませんが
いくら腕の良い施術家でもすぐに良くなる事はないと思います
ではどうすれば良いか!
私の経験上ですが
予後はほとんど良い結果が出ているので
とにかく悩まれている患者さんを安心させてあげる
中には予後の悪い方もいてるかも知れません
しかし私の経験上
時間は少しかかりますが
ほとんどは予後良好です

この辺の事をしっかり患者さんに伝え
マイナス思考は出来るだけ避け
患者さんをプラス思考に持って行く事が
まずは大事と思います

今回のブログですが
本当に難しい疾患です
しかしただ患者さんを安心させるだけでなく
あらゆる事を考え治療するようにしております
そうすれば神技的な治療出来るかも知れません!

ラグビー治療院®芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com
00:25  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |