FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

施術の必要性

2014.08.08 (Fri)

患者様の多くは定期的に来院されます

それはどう言うことかと言うことですが

血液循環というのはストレス等により
必ず停滞します

血流が悪い!ということですが

この血流が悪いということですが
下の写真の右側のように状態になっています

赤血球の役割が出来にくくなる

異常な赤血球

施術することにより
上の写真の左側のような状態になります

この血流を血管美人という顕微鏡で観察します
(主に指先の毛細血管を観察します)
血管美人

赤血球は赤血球同志で引っ付き合って真っ黒に見えるところ
白血球は白血球同志で引っ付き合って真っ白に見えるところ

血流の悪い方はこのような状態になっています

(血管像)
糖代謝異常血管


※免疫学者の安保徹先生は
  「血球にも自律神経は作用する!」
            と提唱されておられます

ストレス等により自律神経のバランスが崩れ
赤血球は赤血球同志、白血球は白血球同志

引っ付き合って行く習性があると思われます

赤血球、白血球にはそれぞれ重要な役割があります

この引っ付き合った赤血球や白血球では
十分な役割が出来ないと思います

この状態が不定愁訴の原因と私は考えています

これらの事が
患者様が定期的に来られる要素だと考えています

血球が引っ付き合った状態
これがアスリートの場合だと

  ・大事な試合で練習して来た思ったプレーが出来ない
  ・ケガをしても治りが悪い
  ・緊張して過呼吸になる

赤血球は赤血球、白血球は白血球と
分離して血流の良い状態

  ・いざという試合で普段出来ない
    スーパープレーが出来た!

このような事になると思います

アスリートで書きましたが
ビジネスマンでも同じ事が言えると思います

そのためには
私自身、ローリング療法が一番最適だと自負しております

火事場のクソ力で120%のスーパープレーがしたい!

集中力のあるやりがいのある仕事がしたい方

ぜひご相談下さい!

ラグビー治療院・芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com
スポンサーサイト



20:59  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |