楽にストレッチをする

2014.09.30 (Tue)

[広告] VPS


つまりを取ることにより

楽にストレッチが出来ます

きつ過ぎるストレッチは

かえって筋肉を硬くします

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院 ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com
スポンサーサイト
12:59  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

腰椎椎間板ヘルニア

2014.09.27 (Sat)

腰椎椎間板ヘルニアですが
ちまたにもよく耳にされると思います

実際に患っている方も多いと思います

椎間板ヘルニアとは

まず椎間板とはですが
椎体と椎体の間にあるクッションの役目をする円板状軟骨の事です

そして、ヘルニアとは「突出」という意味です
椎間板ヘルニアとは椎間板が突出しているという事です

ここで問題になるのが
ただ単に椎間板が突出するだけでなく

突出した椎間板が神経根を圧迫する事により
激しい痛みやシビレなどの症状を引き起こす事です

下の写真は腰椎椎間板ヘルニアのMRI画像です
Dc131.jpg

まず、神経根の損傷具合を診て行きます
この時、SLRという徒手検査を施します

これで下肢の挙上に痛みやシビレがあれば腰椎椎間板ヘルニアを疑います

その他の症状として
筋力の低下、知覚異常、腱反射の異常があげられます

             筋力        知覚              腱反射  
L4(3~4間) 足関節背屈低下  母趾から示趾にかけての  膝蓋腱反射の 
                      知覚異常          低下または消失

L5(4~5間) 母趾低屈低下   示趾から中趾にかけての      ×
                     知覚異常

S1(L5~S1間) 母趾低屈    中趾から小趾にかけての アキレス腱反射の
            低下      知覚異常            低下または消失

※子供の場合 SLR(ー)、神経根症状がなくても大腿二頭筋の拘縮があれば疑う!

(緊急手術)
その他、膀胱直腸障害が出現している方もおられます
この場合、緊急手術を要します

以上の事をよく診察し

手術が良いか!

保存治療が良いか!

Drや患者様とよくコミュニケーションを取り
慎重に経過を診て行かなければならないでしょう!

(手術を必要とされた方)
  レーザー治療(PLDD)
  LOVE法
  「内視鏡」視下手術法
  「顕微鏡」視下手術法  など、

手術方法は上記しているだけではありませんが
手術を必要とされた方は

その症状やその方の状態により
手術方法を考えて見られてはどうでしょうか!

※当院は関西医療大学・准教授、関西医療大学附属診療所・整形外科 
増田研一Drのご教授を頂いております。
FOOTBALL SANCUARY (増田研一Drブログ)

芦屋ローリング健康センター・院長ブログ
腰痛の診断、治療について(増田研一Dr講義)

ここからは、私の治療家としての考えを書かして頂きます

私は29年間治療家として臨床に携わっておりますが
腰椎椎間板ヘルニアと診断されても

手術を必要とする方と
手術を必要としなく

保存治療で経過を観察して行った方が良い方
この二通りがあります

私の経験上ですが
手術を必要としない方の方が圧倒的に多いように思えます

もちろん手術を受けた方が良い方もおられます

ただ、出来るだけ手術をせず保存治療で治した方が
後々の腰や体全体には良いように思えます

現在は傷口も小さく体への負担も少ない手術もあります
しかし、ある程度の年数が経てば

椎体への変性も現れたりする場合もあります

傷口の所に瘢痕化進み
独特の硬さを呈し

手術前とはまた別の痛みや体調不良を訴える方も少なくありません!

腰椎椎間板ヘルニアと診断されても
Drや我々治療家ともよく相談し

いろいろな可能性を心掛けて見られてはどうでしょうか!

※上記しておりますが
緊急手術を必要とされる方もおられます

おしっこが出ない!

直腸反射が出ている時は
必ずDrの指示に従って下さい!

(私の腰椎椎間板ヘルニアの治療)

まず、なぜ椎間板が突出したかを考えます

私の考えですが
体全体のバランスが悪くなり

線維輪に少しずつ負担がかかり
その負担部が虚弱化となり

ある時、ちょっとした動作で髄核が飛び出したり
虚弱部位から少しずつ髄核が飛び出して来た

そのように考えています

つまり、腰椎椎間板ヘルニアであっても局所のみにとらわれず
体全体のバランスを整え

そして、負担のかかっている線維輪の負担を取ってやる!
それが私の腰椎椎間板ヘルニアの治療に対する考え方です

治療に入ります

全体のバランスを整えるには
やはり、腹部が重要になります
480内蔵の治療

もちろん、抹消を始め
体全体の治療は施します
手の抹消をビューティーで治療

そして、腰椎椎間板ヘルニアは
腰部から坐骨神経に沿って症状が出ます

まず、腰部の治療です

腰部を治療していると
細かい所にしこりがあったり

ちょっと押さえただけで痛がったりする所があります

私はこの状態の感じを
「干からびた田んぼ」と例えます

この「干からびた田んぼ」に水をどんどん送ってやり
田んぼを耕して行きます

人間の体では血液をどんどん送ってやり
血流の良い状態にするという事です
塩満さんの内臓区の治療

そして下肢の治療です

坐骨神経に沿って
必ず大小のしこりが出現しています

そのしこりを治療し血液循環を良くし
坐骨神経に血流を送って行きます
ハムストリングスをビューティーで治療

これは私の東洋医学的な考えです

腰椎椎間板ヘルニアの症状は
足の太陽膀胱経に出現します

私は膀胱の動きを良くする事で
坐骨神経にも良い影響を与えると考えています

手のひらの膀胱の反射区です
手掌の膀胱の反射区

足裏の膀胱の反射区です
足裏の膀胱の反射区

ここには足の太陽膀胱経の京骨という経穴があります
膀胱には非常に重要な箇所です
京骨

●腰椎椎間板ヘルニアの主要経穴
  腰部 腎兪 大腸兪 膀胱兪 次髎
  
  下肢 承扶 殷門 委中 陽陵泉 崑侖

※手術をされた方

下の写真は腰椎椎間板ヘルニアの手術をされた方です
(レーザーや内視鏡下での手術の傷口は少しの範囲です
しかし、手術方法はヘルニアの突出具合やその方の症状によって違って来ます)
ヘルニアOpe後

私も出来るだけ手術をせず
患者様の体の負担にならないようにと思っていますが

やはり手術が必要な場合もあります

手術後ですが

だいたいの方は手術をする事により
神経根を圧迫していた痛みは取れます

しかし、手術をする事により
周囲の筋肉が硬くなり

瘢痕化を形成する方も少なくありません

手術前とはまた違った痛みが出る場合もあります
また、手術では局所のみしか治療はしてません

腰から下肢にかけて坐骨神経の走行に沿って
血流が悪くなり筋肉のしこりが出来ているはずです

これらは手術をしたからといって取れる訳ではありません!

下の写真は上写真の手術後の方です

神経根の痛みは取れていますが
種々の体調不良を訴えて治療に来られています

治療前、体幹の動きです
中畑さん治療前

治療後です

体全身の筋肉がほぐれ
スムーズに体幹が動くようになりました
中畑さん治療後

また、瘢痕組織も形成されています
超音波(フィアクション)は瘢痕組織に最適です

ローリング治療後
超音波を併用する事で

より良い治療効果が期待出来ます
中畑さんの腰部を超音波で治療

このように手術をされた方の治療も
非常に大事になって来ます

腰椎椎間板ヘルニアは
我々治療家でも様々な考えがあると思います

治療家によって治療方法も異なりますが
私はローリング治療は最も最適と考えております

以上の事から

腰椎椎間板ヘルニアに対して
ローリング治療は十分にお役に立てる事は多々あります

腰椎椎間板ヘルニアと診断されてお困りの方
ぜひ、相談して頂きたいと思っております

芦屋ローリング健康センター・山西整骨院
http://www.ashiya-rolling.com
12:51  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

腰痛

2014.09.26 (Fri)

腰痛を経験されてない方は
ほぼ皆無といって良いのではないでしょうか

ほとんどの方は腰痛を経験されたと思います

また、腰痛と一言でいって
簡単に捉われる時があると思います

ところが本人にとっては非常につらく
苦痛を強いられます

時には仕事にも差し支え
死活問題にもなる時があります

それらについて
私の経験も踏まえ腰痛に対して書きたいと思います

まず、腰痛といってもそのメカニズムは様々です
まずは腰痛のメカニズム、種類について書きたいと思います

●腰痛の種類

〇背骨に原因のある腰痛
 
 ・椎間板ヘルニア
  ※椎間板ヘルニアについてはこちらをご覧下さい→ 椎間板ヘルニア
 ・変形性脊椎症
 ・腰部脊柱管狭窄症
 ・脊椎分離症
 ・脊椎すべり症
 ・脊椎カリエス
 ・骨粗しょう症 etc

〇筋・筋膜性腰痛

〇姿勢から来る腰痛

〇内臓の病気が原因で起こる腰痛
 ・腎臓結石
 ・尿管結石
 ・婦人科の病気
 ・泌尿器科の病気
 ・悪性腫瘍 etc

以上が腰痛を引き起こす様々な原因と思われます

脊柱に異常がないか
または、内臓から来ている腰痛か

時にはDrの診断を仰ぎ
Drの指示のもとに治療を施して行かなければなりません

ところが私の経験上
一番多いのが筋・筋膜性腰痛です

今回は筋・筋膜性腰痛について書きたいと思います

痛みの出方や原因は様々です

痛みの出方とは、どの筋肉に痛みが出ているか
その筋肉のどの辺に圧痛、しこり(筋肉の硬結)があるか

これらをよく診察して行かなければなりません

痛みの原因に対しては
仕事やスポーツによる局所の使い傷めや負担

または内臓からの関連痛
これらがあります

ここでは局所の筋肉、
それぞれについて書きます

1、脊柱起立筋

脊柱起立筋は腸肋筋、最長筋、棘筋の3筋の総称であります
全体として脊柱の下位から上方にむかって走る筋で

脊柱を支持し、これを伸展させる作用があります
ここでは腸肋筋と最長筋について書きます
(棘筋については腰部というよりも背部になるためです)

・腸肋筋

私の経験上、腸肋筋の痛みの出てる所
しこりの出ている所は筋腹の外側縁、内側縁に出ている事が多いと思います
(もちろん真ん中に出ている場合もあります)

この箇所のしこりを治療するには
私はビューティーミニ・ローラーで軽く治療するのが最適だと思います

というのは、この箇所の痛みは深部よりも表層に出ている場合が多いためです
腸肋筋へのアプローチ

痛みの出ているしこり(筋肉の硬結)にローリングを当て
体幹の前屈や側屈といったストレッチも有効です
腸肋筋のストレッチ

・最長筋

この筋肉も筋腹の内・外側にしこりが出やすく
その場合にはビューティーミニ・ローラーが最適だと思いますが

筋肉の真ん中当たりに、柱のようなしこりを形成している場合があります
この場合、深細部ローラーで治療するとより効果を発揮します
最長筋への深細部での治療

また、あまりにも深部にしこりがある場合
鍼治療も有効です
(鍼治療が苦手な方もおられますので、あくまで患者様の意思です)
最長筋への鍼治療

三相交流中周波治療も有効です
(この機械もお勧めです)
椎間板ヘルニア術後の中周波

2、多裂筋

脊柱起立筋の下層にあって下位椎骨の横突起から起こり
内側上方に走って上位椎骨の棘突起に向かう

作用は脊柱起立筋に共同する

この筋肉ですが、患者様の訴えとしてあまり痛みを訴えられてなくても
腰痛をお持ちの方を治療すると

必ずといっていいほど圧痛やしこりが出ています
この場合、ビューティーミニ・ローラーが私には最適だと思います

この時、棘突起よりにしこりが出ているか
棘突起と横突起の真ん中しこりが出ているか

横突起よりにしこりが出ているか
これらを診ながら治療しています

また、そのしこりの出方ですが
多裂筋といえば索状の筋肉ですが

筋肉の形とは打って変わり
そのしこりの出方はコロコロだったり、線状になっていたりと様々です

こういういい方はおかしいかも知れませんが
治療をしていても非常に楽しいです

私は多裂筋に対する治療は
ローリング療法が一番と確信しています
多裂筋へのアプローチ

3、腰方形筋

腸骨稜と腸腰靭帯から起こり第12肋骨に着く
内側部には腰椎の肋骨突起に起着する筋束もある

作用としては腰椎をその側に曲げます

腰方形筋の治療ですが
一番アプローチしやすいのは患者を横向きとし

症候器で治療するのが私には一番やりやすいように思えます
腰方形筋を症候器でアプローチ

腰方形筋といえば深部筋です
(腸肋筋の下にある事を確認しながら触診します)

ところが腰方形筋に痛みが出ている方は
L2~3外方にちょっとした圧で痛がる箇所

しこりが出ているように私には感じます
この場合、私はローリング器具を使わずに

指で軽くうっ血を取り除く治療をします
これだけでも十分に腰方形筋の治療になると私は考えています
腰方形筋の指でのアプローチ

また腰方形筋の場合、超音波治療器も有効と思います
というのは超音波は心地の良い刺激で

深部にまで振動を伝えられるためです
私は腰方形筋の治療は、決して強い刺激は厳禁と考えています

4、腸腰筋

腸腰筋は大腰筋と腸骨筋の二つの筋肉からなります

大腰筋は腰椎全体から
腸骨筋は腸骨窩全域から起こり

両筋下方部は合して鼠径靭帯の下を通って骨盤腔外に出て
大腿骨小転子に付着する

作用は股関節の屈曲
大腿骨を前方に挙げる事を意味する

①大腰筋
側臥位で腰方形筋の前縁部から症候器を入れて行きます
すると鼠径部に心地良い響きを感じる所を確認します

この時、大腰筋を治療していると思っていいと思いますが
大腰筋に達するまでに腸肋筋や腰方形筋のうっ血による痛みで

大腰筋まで触圧できない時も多々あります

そういった場合は痛みの出ている表層から治療し
数回に分けて大腰筋まで達すれば良いと思います
大腰筋を症候器でアプローチ

また、患者を仰臥位とし患者の大腿部を片方の手で持ち
片方の手に症候器を持って鼠径部辺り(大腰筋の付着部)から

大腰筋の起始部に向かって押圧を加えます
この時の大腰筋に響くような感じがある所を探します

これが大腰筋の治療になると私は考えています

また、大腿部を持っている手を動かし
症候器を当てている箇所を動かすようなストレッチをしたり

逆に股関節を屈曲をして圧迫を加えて行くと
大腰筋がかなりほぐれて行きます
大腰筋のストレッチ

②腸骨筋
腸骨筋は腸骨窩全体から始まっているため
患者を側臥位とし

腸骨稜に沿って症候器を当てて行きます
腸骨筋をストレッチ

また、患者を側臥位のままで片方の手で大腿部を持ち
腸骨稜に沿って症候器を当てます

この時、痛みのあるしこりを探し
軽く圧迫を加えストレッチ

股関節を屈曲して圧迫を加える事により
より良い効果が期待できます

最近はスポーツヘルニアという言葉をよく聞きます
腹壁に弱体しているところに痛みが出るといわれます

私は腸腰筋も関係している場合もあると思います

腸腰筋は腰痛がなくても単独にも痛みが出るところです
非常に重要な筋肉と考えています

●腹部の治療
腰痛の反射区

腹部の反射点

上には局所の筋肉について書きましたが
私は内臓もほぐし治療して行きます

腹部にはいろいろな反射区があります
それらも意識しますが

内臓は体の中で真っ先に血流が悪くなるところです
顔色が悪いと言うのは内臓の血流が悪くなっていると言う事です

と言うことは
体の中で一番自律神経が集中している所と言えます

内臓は平滑筋と言って
自分の意思では動かせない自律神経支配です

内臓をほぐすことによって
体全身がほぐれます

とくに腰痛には
必ず内臓をほぐすことが基本的な治療となります

以上ですが
腰痛のメカニズムをあげれば限りはありません

筋・筋膜に対しての私なりのアプローチの仕方を書きましたが
このアプローチに対しても人それぞれであり

いろんな考え方もあると思います
私自信もまだまだ考えさせられる事があります

ラグビー治療院
ローリング健康センター 芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com
12:07  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

戦略は大胆 戦術は緻密に

2014.09.25 (Thu)

戦略は大胆 戦術は緻密に

以前、ラグビー元日本代表監督・故宿沢広朗氏の講演に行ったことがあります

その時の題材は

    「勝つためのチームマネジメント『戦略』『戦術』『情報』をいかに生かすか」

コーチングはスポーツに限らず、企業、組織の中でも使われています

組織は戦略と戦術次第で有効に機能します
まず戦略を立て、次にどのような具体的な戦術で動くかをきめます

戦略は大胆に考えます
大胆でなければ戦略とはいえません

大胆でなければ
格上の相手には勝てません

大胆な戦略にはオリジナリティーが不可欠です

戦術は地道に緻密に行きます
いくら緻密にきめても計画通りに行くのは3割程度

残りの7割は個々の判断が必要になります
一人の判断に対して、残りの者が同じ判断をするとは限りません

正しい判断をするためには
緻密に決めても緻密過ぎることはありません。

戦略と戦術はは意味合いが全く違います

また戦略ではトレードオフ(相殺)も大切です
何かをする際には、あきらめる勇気が必要です

すべてを決めようとすると失敗するでしょう
大胆にやる以上に、あきらめることには勇気がいるでしょう

銀行業務でもリスクマネジメントは一番のキーになります

リーダーがリスクを取り除き、どうコントロールしていくか
それがリーダーシップにであり、チームワーク

優れた組織を作るには
いかにリスクをコントロールできるかが最大のポイント

リーダーの役割は非常に大きい

リーダーは決断を求められますが
決断と判断は違います

判断は検討することで、リーダーでなくても出来ます
決断は物事を限定的に即座に見極めること

仕事でもラグビーでも連続して決断しなければならない

銀行でもスピードは必要で、正しい仕事、正しい決断は当たり前
いかにスピード感をもって仕事するかが重要です

改めて勉強させられました

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
13:18  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

シンスプリント

2014.09.22 (Mon)

シンスプリントとは脛骨の内側後縁に沿う疼痛を愁訴とするスポーツ障害であり
軽症例まで含めると、発症頻度は非常に高いとされています

病態として下腿後面の筋群、内側腓腹筋、長趾屈筋、後脛骨筋など
またこれらを覆う筋膜の牽引により

脛骨の骨膜に微細な損傷をきたしたもので
下腿内側の筋郡の疲労による伸長性の低下や足部の過回内

足部の疲労による衝撃緩衝能の低下などが発生の原因となる

また、足関節の底屈可動域不足
母趾の背屈可動域不足も発生の要因となる

■私のシンスプリントの考え

シンスプリントの患者さんを診ていていつも疑問に思う事があります

それは同じ厳しい練習をされていても
シンスプリントになる人とならない人があります

その違いは何か?

私はこれを考えなければならないと思います

まず一つ目に思う事ですが
足関節が過回内されている方です

下の写真をご覧下さい
toe-out.jpg

足底のアーチがほとんどなくなり回内位となられています
このような状態でランニングを行っていると

下腿内側筋群の負担(疲労、衝撃緩衝能の低下)により
シンスプリントになり易くなると考えられます

このような方の場合
足趾を開くようなテーピング

タオルギャザーやチューブを用いたトレーニングなどで
アーチの低下を予防、治療する事がまず重要になります

チューブで筋トレ

また、アーチの低下を認められない方であってもシンスプリントになられている方
このような方にも上記しているトレーニングが重要となります

また足関節の背屈制限が著名な方
このような場合は足関節を背屈制限を緩和する治療

またそれに伴ってのストレッチが重要となって来ます

(治療前)
低屈出来ていない

(治療後)
低屈出来るようになた足関節

下の写真はO脚の方です。
e0061361_137989.jpg

e0061361_1404140.jpg

O脚の方はいわゆるう内股となられtoe-inとなっています

シンスプリントの場合は過回内のtoe-outが原因の一つと言われていますが
私は逆のtoe-inも絶対にいけないと考えています

toe-inの方はまずは下肢の外側に負担がかかり
腓骨筋腱を傷めたり、足関節の内反捻挫が多くなったりします

こうなるとやはり下腿内側にも負担がかかり易くなります
シンスプリントになり易い事が言えると思います

従ってtoe-outに限らず
O脚のtoe-inもいけないと私は考えています

■治療

シンスプリントといってもやはり体全身の治療を施し
体全身からバランスを整えて行かなければいと思います

股関節や内転筋を治療し
下腿内側の血流を良くし

下腿内側の圧迫を取って行くという治療が重要と思われます

またハムストリングスや下腿三頭筋の治療も非常に大事です

上記した事以外にも内臓や腰
抹消などすべて治療します

そして患部の治療に入って行きますが
私はこの時、後脛骨筋を意識します

というのは、シンスプリントの方の後脛骨筋を触診すると
えんぴつが入っているようなしこり(筋肉の硬結)を感じる時があります

また後脛骨後面と後脛骨筋の間にえんぴつとは違った
細長いしこりを感じる時があります

私はこれも意識して治療して行きます
シンスプリントの治療

超音波も有効な治療です
シンスプリントに対しての超音波

以上、シンスプリントについて書きました
シンスプリントの患者さんを診ていていつも思う事があります

それは痛みがきつく
状態がひどくなってから来られるという事です

最初はそんなにもひどくなく
辛抱をして練習をしていった結果こじらして来院されると言った感じです

そうなると脛骨の疲労骨折も伴っている方もあります

とにかく、下腿部内側に痛みや違和感があれば
早目に治療された方が良いです

早目の治療は早期に治癒や現場復帰(アスリート)が可能となりますが
放って置くと上記しているように

シンスプリントをどんどんこじらし

治癒や現場復帰が長引く事となります

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院 ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com
20:14  |  スポーツ障害  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

毒出しダイエット

2014.09.20 (Sat)

有害物質が酵素やホルモンの働きを阻害

健康を害する数々の有害物質が、本人の意志とは関係なく
食べ物からも、水や空気からも体内にどんどん入ってきているのです

有害物質には、残留農薬、食品添加物、有害金属、排気ガスなど
様々なものがあり

なかでも深刻なのが
水銀、鉛、カドミウム、ヒ素などの有害金属による体内汚染です

体内に蓄積した有害物質は

体にとって有用なビタミンやミネラル、酵素
ホルモンの働きを邪魔したり、抑えたりします

そのため、体にはさまざまな不調が現れます

肩こりや頭痛などの不快な症状が起こったり
ガンや心臓病などの生活習慣病が引き起こされたりしています

うつ症状やイライラなどの心の不調にも
この毒が関係しているといわれます

●入り込んで来る要素
 食品添加物(コンビニ弁当、菓子類、カップ麺など)
 残留農薬(砒素)
 タバコの煙(体に有害となる鉛が含まれている)
 水道水(鉛管から鉛が残る)

これらの毒素が知らず知らずのうちに入り込み
様々な病気の原因となります

最近では、四つの有害毒素が体にとって
非常に有害な作用を起こすといわれています

●四大有害毒素(有害ミネラル)
      
       (汚染源)              (もたらす症状)                   
  
   水銀 魚介類                うつ病
       アマルガム(歯の詰め物)     アトピー性皮膚炎    
       柔軟剤                 筋肉虚弱マヒ
                            情緒不安定

   鉛  水道水                 腎臓・肝臓障害
      殺虫剤                 情緒不安定
      タバコの煙               神経障害
      白髪染め
  
   砒素 土壌                  皮膚障害
       残留農薬               全身疲労
       殺虫剤                心機能障害
                            高血圧                        

  カドミウム 田んぼの土          イタイタイ病(骨の異常)
         汚染された魚介類      関節性リウマチ炎
         タバコの煙           腎臓・肝臓障害
                           高血圧
                           神経過敏症

水銀には、男性ホルモンの分泌を阻害する事により、ED(勃起機能低下)
必須ミネラルとなる亜鉛の作用を阻害し前立腺の病気(前立腺肥大、前立腺ガン)

水銀は脂肪を取り込む作用があり、肥満にも繋がります

タンパク質と結びつく事により異型タンパク質を作り、アレルギー疾患
自閉症や心の病気にも悪影響を与え

グルコサミンの生成を阻害する事により、肌のツヤやハリに悪影響を与え
関節軟骨の老化までを引き起こします

鉛には、血管の壁に傷をつける
水銀と同じように自閉症や心の病気をも引き起こします

また最近どんなダイエットをしてもやせることができない人が増えて来ました

こうした「太りやすい体質」を作るそもそもの原因も
有害物質に汚染されているのが実情です

(有害物質が多い人のダイエット)
              肥満
               ↓ 
      ダイエット(運動、ダイエット食)
               ↓
      有害物質(水銀)は脂肪に付着しやすい
               ↓ 
      有害物質が酵素の働きのじゃまをし
       酵素リパーゼの活性が阻害される
               ↓
          脂肪の分解がされにくい               
               ↓             
          やせにくい!

(有害物質が少ない人のダイエット)
              肥満  
               ↓
      ダイエット(運動、ダイエット食)
               ↓
      酵素リパーゼが活性化する
               ↓
      酵素が脂肪を分解しエネルギーとして燃焼!
               ↓ 
              やせる!

<有害物質の少ない人は肥満になりにくいと考えられる>

      では、どうすればいいの?

やせる秘訣は?

人間の自然な浄化システムを高めて
便と尿で毒を、どんどん出すことです

体内に蓄積された毒素を出すと
おもしろいほど体脂肪がへって

体がほっそりしてきます

こうした毒出しダイエットを効率よく行うには
有害物質が体のどこから

出ていくかということも知って
その対策をたてるべきです

有害物質は、主に五カ所から次のような割合で排出されます
         ・便75%
         
         ・尿20%

         ・汗3%

         ・毛髪1%

         ・爪1%

       ☆ポイント 
        ■きちんと排便する
         
         ・食物繊維を多く摂取する

         ・腸もみ(便秘の解消にはとても有効です)
            ↓
        ローリング療法
        まず内臓の治療を重視します
        
        内臓の動きがよくなれば
        廃絶が促進されます
         
       ■尿の出をよくする
         
         ・「水分の補給を十分にする」
        
        尿の成分は99%が水で
         残りの1%に各種の有害物質

        塩分、老廃物、食品添加物などが含まれています
        朝の食事前と就寝前以外にも
        
        こまめにコップ一杯の水を飲む習慣をつけましょう
        その場合、水道水はおすすめ出来ません
        
        水道水は鉛が溶解することがあります
        採取水源や成分が明らかなミネラルウオーターを選んで下さい
        
        水道水を飲むなら
        逆浸透膜タイプの浄水機を設置すると
        
        有害物質を100%近く排除できるので安心です
        
        ※糖を下げるホルモン

        インシュリンが作られるには亜鉛が必要ですが
        鉛はその作用の邪魔をします

       ■皮脂腺から汗を出す
        
         ・体の表面から温めることです!
        
        「半身欲」がおすすめです
        
        ぬるめのお湯に、20分も上半身をだして浸かっていると
        全身がポカポカと温まって、体の中から汗も毒素も吹き出します

         ・運動

        激しい運動より有酸素運動です
        (30分~40分の速足歩きや自転車こぎなど)
      
      ■血液やリンパの流れを促す

       「半身欲」のあとでシャワーマッサージ」で体を刺激する

       ■毒出し食材をとる
(下に書いております)
       
これらのことにローリング療法を組み合わせることで
より効果が期待出来ます

内臓の動きを良くすること
腹部のローラー

全身にローリングを施し代謝を良くすること
(前腕には大腸の経絡があります)
福森さんの前腕を治療

末梢にローリングすること
足裏を治療

※便秘の主要経穴
  腹部 天枢 中脘 大巨 大横 腹結 
  腰部 大腸兪 小腸兪 三焦兪
  上肢 曲池
  下肢 足三里 三陰交
  
下の写真は大腸兪 小腸兪を施術しています
このツボは隣接をしています
大腸の治療

毒だし食材

家庭で行う毒出し療法で、いちばん大きな割合を占めるのは食事です
体内に蓄積した有害物質の約75%は、便から排出されるからです

ここでは毒出しを行うために有効な食材を紹介します

しかしその前に、心がけてもらいたいのが、体内に毒の侵入を
できるだけ防ぐことです

   毒を取り除く下ごしらえ
      
  ○野菜は流水でよくあらう
        ・葉物野菜は洗って根を切り、ゆでる
        ・大根やニンジンは皮をむいて流水で洗う
        ・カボチャは洗ってから煮て、煮汁は捨てる
        ・オクラやキュウリは塩をふり、まな板で板ずりをする

       ○果物は皮をむく 
        ・バナナは軸から1cmくらいは取り除く
          
       ○肉は脂身と皮を取り除く 
        ・薄切り肉は広げて湯通しする

       ○魚は頭とエラ、内臓を除く
        ・煮魚にする場合、切れ目を入れて熱湯をかける
        ・貝は十分に砂抜きをする

さて以上のようなことを心がけても、体内ににまったく毒を入れないという
ことは不可能です

そこで「毒出し・解毒を促進するような食べ方」
そして「できるだけ毒出し効果のある食材をとること」が重要になります

まず、食べ方は次の2点を注意してください
       
○よくかむ
       よくかむと、毒を分解し殺菌する力をもつ唾液が
たくさん出てきます
       
       ○食べ過ぎない
        過食は、消化に必要な酵素を過剰に使うことになり
        胃腸の働きを衰えさせます

        その結果毒素を停滞させやすくなります

毒出し食材には、大きく分けると、次の四つのタイプがあります
    血液中の毒素を捕まえて出す
    
    水銀・ヒ素・鉛・カドミウムなどの有害金属は血管へと流れこみ
    やがて全身へ運ばれて、あちらこちらで悪さをします
    
    毒出し療法で大事なのは
    こうした血液の中にある毒を捕まえることです

    これをキレート反応といいます

必須ミネラルには以下のものがあります

(水銀の排泄を促進する)
 カルシウム、鉄、セレニウム、亜鉛
 マグネシウム、ビタミンA・C・E

(鉛の排泄を促進)
 カルシウム、鉄、セレニウム
 亜鉛、ビタミンC・F

(砒素の排泄を促進)
 カルシウム、鉄、セレニウム
 亜鉛、ビタミンC、マグネシウム

(カドミウム)
 カルシウム、鉄、セレニウム
 亜鉛、銅、ビタミンB1・C・E


    ○セレニウムを多く含む
       ニラ、ネギ、ニンニク、タマネギ、ラッキョウ
       ショウガ、マッシュルーム
   
    腸内の毒をくっつけて出す食物繊維を多く含む食材    
      野菜、海藻、玄米などに含まれる「食物繊維」には
      腸内で有害物質を捕まえるすぐれた働きがあり

     血液中の有害物質は肝臓を通過するさいに毒抜きが行われ
      胆汁酸から便の中へ排出されます   
    
     食物繊維があると、それがスムーズに行われ
     有害物質から腸内の環境を守るにも効果を発揮します
      
    ○アルギン酸、ペクチン、セルロース、リグニン、イヌリン
     マンナン、フィチン酸などを多く含む 
       コンブ、寒天、メカブ、ワカメ、ゴボウ、レンコン、サトイモ       
       
       ナガイモ、サツマイモ、コンニャク、オクラ、大豆、アズキ
      
       玄米、ハトムギ、雑穀類、リンゴ、そのほかの果物

    肝臓や腎臓の解毒を高める「亜鉛などを多く」食材     
     ○亜鉛を多く含む
       カキ、アサリ、豚レバー、ソバ、ソラマメ、納豆、ライ麦パン
     
     ○硫化アリルを多く含む
       タマネギ、ニラ、ニンニク、ネギ、ラッキョウ
     
     ○イソチオシアネートを多く含む
       キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー、ダイコン、ワサビ

    体内に蓄積した毒をが作る「活性酸素を抑える」食材 
     活性酸素とは、攻撃性の強い酸素分子で
     体の老化をすすめたり病気の原因となります

     非常に強い毒性があります
     
     体内に蓄積された毒が問題になるのは
     それによって活性酸素が作られるということもあります
    
     ○βーカロチンを多く含む
       ニンジン、ホウレンソウ、シュンギク、濃緑黄色野菜、メロン
     
     ○ビタミンCを多く含む
       ブロッコリー、コマツナ、柑橘類
    
     ○セサミノールを多く含む
       ゴマ

以上の「毒出し料理」をとることで
体内の毒出しがすみやかに行われていきます

もちろん、一気になくなるわけではありませんが
毎日意識的にとることにより

確実に毒がへります

それにつれて、体調がよくなり
体重がへってきます

食事をへらすだけの間違ったダイエットはとても危険を伴います

より良いものを入れて、毒をどんどん出すことです

ただ体が健康でなければ
良い食事を入れても体が受け付けてくれません

ローリング療法で内臓の機能を高め
新陳代謝を良くし、自然治癒力をつけることです

川で例えれば、汚いヘドロ状態、ゴミがつまって流れない川
それでは、どんな良い食事をしても意味がありません

健康にダイエットをしなければ、かえって体に不調を訴える場合があります

ローリング療法は「毒出しダイエット」に絶大な効果があると言えます

器具

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
14:06  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

末梢血管を治療する

2014.09.19 (Fri)

(末梢血管)
アジャミさん平成26年9月5日リサイズ

この方に当てはまると思われる血管像です

kekkan_7[1]
変形には様々な種類がある

高脂血症のように、血液の質が悪い場合は
すべての微小循環が変形になることがある

食事の改善と運動が必要

kekkan_2[1]
ループ上の血管の下部にある静脈(横の血管)が濃く見える
これは、心臓に戻る力が弱くなっている証拠

kekkan_8[1]
組織の血流が悪くなっていると考えられる

小川三郎
(小川医学研究所・医学博士)

末梢血管像から将来
どのような病気が予測されるかを研究されました

言わば予測医学です
毛細血管像本

これらを下の写真
顕微鏡下にてテレビに写し観察します
血管美人

ローリング治療にて末梢血管を念入りに施術します
器具

このローリング器具にはマイナスイオンが発生しております
[広告] VPS


マイナスイオンが発生していない器具です
[広告] VPS


継続的にローリング治療されている方に
毛細血管の形状が正常に近づいて行く方がおられます
(かなりの日数は要ります)

完全と言える根拠はなく
食事療法、ストレスの回避、適度な運動も原因にあると思います

マイナスイオンの動画もUPしておりますが
マイナスイオンがどこまで効くかも分かりません

しかし、ローリング治療にて
いろいろな疾患で悩まれている方が

治癒に向かって症状が緩和しているのは確かです

(血流)
[広告] VPS


この動画だけでは難しいですが
血流も人それぞれであり

また同じ方の血管であっても
流れの速さがバラバラになっている方もおられます

全く白く見える所は白血球同志がくっ付き合っている
全く黒く見える所は赤血球同志がくっ付き合っている
異常な赤血球

また血流が滞り
少し逆流をし

再び流れて行くといった
完璧詰まっていると思える箇所もあります

もちろん全体ではなく
1mmの中に8~12本の毛細血管のうちの一本だったりですが

これが増えて来たら
少し怖い感じを抱く時もあります

(結論)
もちろん我々の医学にはエビデンスが付け難いです

しかしローリング治療にて末梢血管を治療する

小川三郎Drのお考えに繋がります

毛細血管の形状の正常化
滞りの無い血流


私のこれからの研究課題です

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
19:48  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

背部痛

2014.09.18 (Thu)

施術前です
[広告] VPS


施術後です
[広告] VPS


完璧でありませんが
かなり楽になっているのが分かると思います

主訴は背部痛ですが
原因となっているところは

グローインペイン症候群です

下の写真のところに圧痛があります
グローインペイン

グローインペインについては
経過良好でほとんど痛みはありませんでした

ところが治癒しかけているところに
背中に痛みが出る

グローインペインの場合
股関節の屈曲が困難です

そのため背中に力が入り
背中を丸めて背中で股関節を屈曲しようとします

そのため相当背中に負担がかかっており
鼡径部の痛みが取れるにしたがって

背中の痛みが顕著になって来たと考えます

これはこの方のみならず
グローインペインの方に多い経過だと思います

グローインペインの場合
局所の痛みを取るのみならず

このことを頭に入れて
初検からこの経過を

患者様に伝えておかなければいけない!
と思います

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院 ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com


19:41  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

泣くこと

2014.09.16 (Tue)

ほんとううにつらいとき、人はどうするでしょうか
ただただ、涙を流して泣くしかありません

しかし、涙を流したあとはどうでしょうか
不思議なことに、頭もすっきりして、つらいことも忘れる気がします

人生には、無理をして笑うよりも泣いてしまったほうが楽、ということも多いのです

楽しく笑ったときも体にとっていい作用が起こります
しかし、涙を流して泣くことに対しても、同じ作用があります

それも、病気が重い人ほど変化が大きいことが分かっています

「涙を流して泣く実験」
      日本医科大学教授・吉野愼一教授

関節リウマチの患者さん20人と、健康な人20人
患者さんグループをさらに2グループに分け

炎症程度を示すCRP値を基準にして、病気の重い人10人
比較的軽い人10人に分けました

採血により、次のような体内物質を測定しました

○副腎皮質から分泌されるコルチゾール(別名・ストレスホルモン)

○CD/CD8比(免疫機能が亢進しているかどうかをみる)

○インターロイキンー6の値(炎症を憎悪させるサイトカイン)

○ナチュラルキラー細胞の活性値

実験、、ある落語家さんに人情噺をしてもらい
参加した皆さんに、ただただ涙、涙で聞き入ってもらうものでした

※実験の結果

○コルチゾール
   病気の思いグループでは、はっきり値が下がっていました
   
   病気の軽いグループでは、少し下がったのですが   
   統計学的に認められるような下がり方は見られませんでした

○CD/CD8比やナチュラルキラー細胞の活性値も、重症グループでは変化し
   軽症グループではほとんど変化は見られませんでした

○インターロイキンー6の値も、重症グループでは、明らかな低下が見られ
   軽症グループでは、ほとんど変わりませんでした

なお、健康な人のグループでは、どの値もまったく変化が現れないという結果がでました

涙を流して泣くことは、楽しく笑ったときと同じような作用を起こし
それも病気が重い人ほど変化が大きいことが分かりました

また、人情噺を聞いて感動はしたけれど涙は出なかった、という人がいました
涙が出なかった人は、関節リウマチが重い患者さんに多く見られました

病気が重い人ほど、人に涙を見せないほどのこだわりがあるかもしれません
これは、はっきりした理由は分かりません

以上のことから病気を良くするには
涙を流したほうが、いいということが分かりました

==============================================================================

私はラグビー経験者で、ラグビー愛好家です

ラガーマンによく見られますが
試合前によく泣いている選手を見かけます

泣きながら花園のグラウンドに出ていきます
厳しい練習をされてきたと思います

その成果を出すために、試合前に思いっきり泣くことは
自分たちの力を思う存分に発揮できる手段だと、私は思います
円陣

試合前の報徳

泣くということは体にとって、とてもいい作用があることが分かりました

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
12:41  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

パフォーマンス向上・潜在能力を引き出す治療

2014.09.15 (Mon)

アスリートにおいて
パフォーマンスを上げるための訓練は幾つもあると思います

ここでは私が行っているローリング療法で解説させて頂きます

ローリング療法は体中のうっ血を取り除き
自然治癒力を高める治療法です

痛みや体調不良を訴える方には威力を発揮します

しかし、私はアスリートにおいてのパフォーマンス向上にも
威力を発揮すると思います

私が考えているメカニズムは簡単です
血液循環を良くすると言うことです

では、血流を良くするとなぜパフォーマンスが上がるか?
私はいざと言う時の副交感神経から交感神経のキリカエと考えています

普段からストレスにさらされ交感神経が常に緊張している方
写真のようになっておられます
赤血球の役割が出来にくくなる

異常な赤血球

このドロドロの状態は無酸素運動、短距離などの瞬発力で必要です

ところが普段からこのような状態になられている方が多いです

普段はサラサラ血液の有酸素運動状態でなければなりません

しかし、この状態では「いざ!」と言う時力が入るどころか

肉離れや腱断裂の原因になりえます
この「いざ!」と言う時に威力を発揮することを

「火事場のくそ力」と言いますが

この「火事場のクソ力」を発揮し120%の力を出すためには
普段はサラサラ血液でなければなりません

このサラサラからドロドロに即座に切り替わること
これがいざと言う時に大事です

これが私が考える副交感神経から交感神経へのキリカエ
パフォーマンスを上げることだと思います

===========================================================================================

(試合直前の施術)

私はスポーツの現場によく行って治療をします

リサイズ平成20年天理遠征での武田くんを治療

練習の時は試合の日にちを聞き
どれくらいの治療をしてよいかなどのイメージを持って治療をします

これは選手を診ながらですが
自分に置き換えてイメージを持つ時もあります
(自分だったら、どれくらいがベストの体になるか!と言うふうにです)

また、試合の日はあまり時間をかけて治療はしません

あまり時間をかけて治療すると
リラックスし過ぎの副交感神経緊張状態となるからです

試合に選手を送り出す時は
「さあ行くぞ!絶対に勝つぞ!」と言う

交感神経緊張状態に持って行かなければなりません

ただ普段から、この交感神経があまりにも興奮し過ぎると
選手はプレッシャーを感じます

そうすると、どこかに痛みを訴える選手が出て来ます
もちろん原因不明です

この時、選手は非常に不安になります
不安感が痛みを増強します

このような選手を見て周りにいる首脳陣は

「あいつはプレッシャーに弱い!あいつはいざと言う時いつもあんなふうだ!」

と言う方が多々おられます

私はそれは違うと思います

プレッシャーに弱いとか強いではなく
選手の体が限界に来てます

選手を批判するのではなく
選手を労わってやればプレッシャーを感じないはずです

これが、いざと言う大事な試合前
それも試合直前の現場でもよくあります

私は選手の痛みを取って行きますが
この時、気をつけなければいけない事は

上記しておりますが
副交感神経を緊張させてはいけない事です

痛みを取らなければ選手は
今まで頑張って来た成果を発揮できません!

要は副交感神経を緊張させず痛みを取ってやり
交感神経を十分に緊張させてやり

選手の持っている潜在能力を十二分に発揮できる体にしてやる!

森本くんを治療

この時、少し治療する事で選手は納得します
「行ける!」と言う気持ちになり

喜んでグラウンドに走って行きます

今まで頑張って来た事を十二分に発揮するためには
しっかりとしたコンディショニングをする事です

意識と体がマッチして結果が出ます
どちらが欠けても良い結果は出ません

普段分からない「潜在的なしこり(筋肉の硬い結)」
あまりにも緊張し過ぎて「活動的なしこり」となって痛みが出ます

この痛みは普段分からない選手が非常に多いです

普段から緊張し過ぎの交感神経バリバリの緊張状態では

自分の体からのシグナルが分かりません!
感性の効かない体になっています


大事な試合で「自分の力が発揮できなかった!」と言うのは
ほとんどこの事を指します

脳で描いているイメージと
体の状態がマッチしていない!


普段から自分の体を労わり
自分の体に感性を持てる様
にしておかなければ

大事なところで「悔いを残す!」結果となります

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院 ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com
20:20  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT