12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

治療家としての、変形性膝関節症の治療

2016.01.28 (Thu)

変形性膝関節症の患者様の治療です

ほとんどの方は病院で
ヒアルロン酸ナトリウム注射液の注射をされて来られます

この注射の用法、効能は以下のようになります

用法/用量
       1.変形性膝関節症、肩関節周囲炎:精製ヒアルロン酸ナトリウムとして1回25mgを
        1週間ごとに連続5回膝関節腔内又は肩関節(肩関節腔、肩峰下滑液包又は上腕二頭筋長頭腱腱鞘)内に
        投与するが、症状により投与回数を適宜増減する。
       2.関節リウマチにおける膝関節痛:精製ヒアルロン酸ナトリウムとして
        1回25mgを1週間毎に連続5回膝関節腔内に投与する。

    本剤は関節内に投与するので、厳重な無菌的操作のもとに行う。

効能/効果
      1.変形性膝関節症、肩関節周囲炎。
      2.関節リウマチにおける膝関節痛(次記1)~4)の基準を全て満たす場合に限る)。
    1).抗リウマチ薬等による治療で全身の病勢がコントロールできていても膝関節痛のある場合。
    2).全身の炎症症状がCRP値として10mg/dL以下の場合。
    3).膝関節の症状が軽症から中等症の場合。
    4).膝関節のLarsen X線分類がGrade1からGrade3の場合。

膝に注射するヒアルロン酸には、関節軟骨の被膜保護、潤滑改善、軟骨修復、消炎鎮痛作用があります。
週に1回づつ5回位で改善する人が多く、疼痛改善率は9割以上です

ただ私の経験上ですが
これでは改善しない方も多々おられます

と言うのは
ヒアルロン酸は関節内には良く効きますが

変形性膝関節症だからと言って
関節内に痛みがあるだけでは無い方もおられます

今回、私の元に来られた方は
写真のように関節外に痛みを訴えておられます

外側

膝蓋靭帯

膝内側

そして、この方の膝はどう診ても
関節内に痛みが出ているとは思えません

やはり写真のように
関節外の痛みが原因だと思われます

ヒアルロン酸の説明で見て頂ければ
お分かりになりますが

関節内の痛みには効果はあると思いますが
写真のように関節の痛みには効果は少ないと思います

臨床していると
以外とこう言う方は多いです

また、写真の本ですが
膝関節ではなく股関節を問題とされています

股関節

変形性股関節症手術を体力的に出来ない方を
理学療法のみで治療され痛みをコントロールされておられます

本には痛みをコントロールする事で
軟骨も再生する!と訴えておられます
再生

4年位の長い年月で治療されていますが

股関節だけでなく
膝関節にも同じ事が言えると思います

私も変形した骨を何でもかんでも
元に戻すなどと豪語するつもりはありません

ただ、関節外の痛みは我々の治療でも改善出来るはずです

そして、このような臨床結果があると
変形した骨はどうにもならないと言わず

本の写真を見て頂き
前向きに治療されて行く事が重要だと思います

変形性膝関節症でヒアルロン酸を注射されていて
改善が見られない方

こう言う可能性もあるので
ぜひ、ご相談頂きたいと思います


痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com
スポンサーサイト
21:18  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

信用

2016.01.26 (Tue)

日曜日になりますが
高校生の試合に行って来ました

加古川西戦

この日はとにかく寒かったですが
現場に来ると必ず良い事があります

選手達と接すると
必ず信頼関係が生まれます

それを見ている人がいます
信用がもらえます

これは勝手に付いて来ます

人から信用を頂けると言うのは
本当に有難い事です

これはラグビーのおかげで
これからも色んな所に行きたいと思っております

痛み、体調不良でお困りの方
ぜひ、ご相談下さい
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
18:43  |  ラグビー治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

イボの治療

2016.01.15 (Fri)

平成27年10月27日の写真です
いぼ

平成28年1月4日の写真です
いぼⅡ

約二カ月でほぼ除去出来ました
良い結果が出たの報告させて頂きます

お灸で治療すると
少し時間がかかりますが

私の経験上ですが
ほとんど良い結果が出ます

痛み、体調不良でお困りの方
ぜひ、ご相談下さい
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
21:43  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

選手の苦手を克服させない

2016.01.12 (Tue)

選手(治療に来られている方)と話をしていると
このように言われている方が多いです

苦手を克服するように!

指導者に言われているそうですが
得意より苦手を克服すると

苦手が得意を打ち消して行きます

スランプに陥ってしまいます

この場合、得意を徹底的に伸ばして下さい

そうすると得意が苦手を打ち消して行き
パフォーマンスは上がります

他の選手にも聞いていると
あまりにも苦手を克服するように言われている指導者が多いです

極端に言うと野球選手で右利きの投手が
左も同じように投げれるように指導されているようなものです

長所伸展法と言って
必ず得意、長所から伸ばすようにして下さい

しかし、私はこれにもう少し
付け加える事があります

いくら長所を伸ばし
短所を消し去る事をしても

短所が0パーセントになる事はありません

長所が100パーセントとなり
短所が0パーセントとなると

これは天才です

私は未だ天才など見た事はありません
(中にはいるかも知れませんが)

世の中に天才など無い!

と言うのが私の持論です

私が現役の頃
殴る、どつくは当たり前の時代で

練習を嫌々していた覚えがあります
この状態で選手が伸びる訳がありません

選手の短所を指摘して
それに罵声と暴力を浴びせ

短所を治そうとしている訳です

これでは選手が短所ばかりを気にして
長所が伸びる訳がありません

しかし、引退して30年も経つと
今では楽しく、おもしろい思い出になります

チームメートと酒を酌み交わすと
笑いが絶えません

時間が嫌な思い出を打ち消している事ですが

ここで私が思った事ですが

短所を0パーセントにすると言う事は
この嫌な思い出も打ち消す

記憶から無くすと言う事で
そんな事は記憶喪失でもならない限り無理です

と言う事は

いくら長所を伸ばして短所を打ち消しても
長所100パーセント、短所0パーセントにならないと言う事です

これが叶えば
上記している天才と思います

長所で勝負していても
ある程度、微妙な短所も出て来ると思います

そんな時、私が選手に言ったり
僕自身も自分に言いかけている事ですが

人に完璧など無い!

天才などいない!

と言う事です

そして短所を克服しようとしている選手に見かける事ですが
頑張り過ぎて顔がこわばっている選手を見かけます

こんな時には「こんなものだ!」と思い
頑張り過ぎないようにする事だと思います

得意な事や好きな事をしている者には
余裕があります

以上の事から選手には

苦手は克服しない!

長所を伸ばす!

頑張り過ぎない!

人に完璧など無い!

これらを伝えています

人によって考え方は違うかも知れませんが
これらが私の苦手を克服させない理由です

痛み、体調不良でお困りの方
ぜひ、ご相談下さい
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com
20:14  |  スポーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |