05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

技術向上

2016.06.25 (Sat)

心臓外科のDrの本を読んでおります
天野Dr

先日、患者様でDrの方がおられ
その方と話していたんですが

「偏差値が高いだけでDrのなっている者が多い
  本当にDrになりたくてなれない者も多い」

この心臓外科のDrも三浪され
医学部に入っておられますが

やはり、どんな職業にしろ
その職業に心底就きたいと思っている者がなるべきと思います

ただ、どの職業にしろ
私はある程度のハードルは上げるべきと思っています

Drであればある程度は偏差値の高い者
職人であればある程度起用な者

それに満たされなかった者は
他の職業を選ぶべきとも思います

私もこの満たされるべこ者であるため
努力は惜しまないと思っています

何が言いたいか!ですが

私がラグビー治療院と言う屋号を付けている理由は

昔、二十代の頃
遠方からわざわざ来て下さった患者様がおり

「なぜ、こんな遠い所まで来られたんですか?」と私が問うと

その患者様は

「ラグビーをしているなら山西の所に行け!と言われて来ました」

いずれそんな治療院をしたいと思い
ラグビー治療院と付けておりますが

このDrの本を読んでおり
まだまだ自分のやりたい事の半分も出来ていない!

まだまだ、自分は何をやっているんだ!と
思わされ事ばかりでした

また、先週だったと思いますが
脳外科のDrがテレビに出ておられました

このDrは73歳でありながら
全世界の悩んでおられる患者様の手術をされておられます

もちろん休日などありません!

脳に出来た腫瘍を摘出される手術をされますが
この技術を見ていて思った事があります

私の所に来られる患者様は
まずは痛みに悩んで来られます

遠方から来られる方も多いです

患者様を施術していると
やり方、感じ方、考え方はその方によって違って来ますが

やり方は同じです

痛みとなっている所には
必ず痛みの原因となっている「しこり」があります

これを探して取って行く訳ですが

レベルは全然違いますが
基本は同じだな!と

腫瘍がある所に対して
神経や血管を傷つけず

傷害を起こしている腫瘍を摘出する

すごい技術と思いましたが
これに見習って私の技術を上げねば!

ラグビーをしているなら山西の所に行け!

もっともっと言って頂けなければなりません

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!

info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院Ⓡ
http://www.ashiya-rolling.com
スポンサーサイト
19:26  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |