FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

不定愁訴、どこと指摘出来ないけど痛みがある、慢性的な体調不良

2016.09.01 (Thu)

不定愁訴、どこと指摘出来ないけど痛みがある
慢性的な体調不良など訴える方が来院されます

もちろん私の考えが全てとは言いませんが
私の考えを書きます

自律神経には交感神経と
副交感神経があります

どちらに偏っても良くありません

このアンバランスが生じると
どうなるかと言う事ですが

私が顕微鏡で観察すると
血球は引っ付き合って行きます
kekkan_bijin.jpg

私の顕微鏡では
血小板は見れませんが

赤血球は赤血球
白血球は白血球

と引っ付き合います

下の図のようです
異常な赤血球

絵では赤血球だけになっていますが
白血球もこのような状態になっております

血管を見ていると

赤血球が引っ付き合っている所は真っ黒に
白血球が引っ付き合っている所は真っ白に見えます

これは私の憶測ですが
おそらく血小板も同じようになっていると思います

この状態で血球の役割が
十分に果たす事が出来るのか?

どうしても出来るとは思えません!

いろんな臓器や組織、器官にストレスがかかり
出なくても良いホルモンが出たり

逆に出なくてはいけない分泌物が出なかったり
自分の臓器や組織を攻撃したりなど

この血液の状態を診ていると
どうしてもそう考えてしまいます

これが不定愁訴、どこと指摘出来ないけど痛みがある
慢性的な体調不良

これらの原因ではないか!
と私は考えています

これらは私の施術でも
十分お役に立てます

どこと指摘出来ないけど痛みがある、
慢性的な体調不良などの不定愁訴でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
         ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院名刺リサイズ
スポンサーサイト



22:01  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

スポーツ現場で気を付けている事

2016.09.01 (Thu)

先日ですが
大学生と社会人の試合に行って来ました
lplplplppkk.jpg

私が現場で気を付けている事ですが

決してパフォーマンスに口出ししてはいけない!

私の現場での仕事は
あくまで選手のメンテナンスと外傷の処置です
jijiijij.jpg

決してコーチで招いて頂いているのではありません!

つい私もラグビー経験者のため
少し口出ししたくなる時もありますが

これは良く無くない事だと考えております

理由は二つあります

コーチ陣と考え方の違った事を言ってしまうと
選手は迷ってしまう時があります

私は立場上、他の競技に行く場合があります
その競技でパフォーマンスに対して言っても

何の説得力もありません!

例えは違いますが
私も仕事の事で他人さんに指図されれば

気分は良くありません

これらが私がパフォーマンスに対して
言ってはいけないと思う理由です

jijygtf.jpg

しかし、選手の長所はいくら言っても
良いと思います

長所を指摘され気分の悪くなる人はいません
逆に短所を指摘すれば選手の気分は害されます

決してコーチングではなく
長所を指摘する事で

選手との関係は
ますます良くなると思います

これらの事を
選手とのメンテナンスに取り入れております

どこのチームに行っても
マネージャーさん達は良く働いています

みなんさんも
立派なラガーマンです
vftfcdde.jpg

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!

info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院名刺リサイズ
21:31  |  トレーナー活動  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |