07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017菅平遠征

2017.08.20 (Sun)

菅平遠征に帯同して来ました

(大阪教育大学ー一ツ橋大学)
jhgfcdd.jpg

kjhbgvfrfx.jpg

一番の仕事は選手のケアーです
どうしても外傷が出ます
jhgfdddf.jpg

これはどこのチームにもあります

ラグビーの試合を毎日すれば
何らかの外傷、不調は出ます

私が意識しているのは
合宿というのはそれなりに費用が掛かります

早く試合に復帰させなければ
正直、金銭面がもったいないと思います

しかし、早々簡単に復帰出来るものばかりではありません

そんな時には合宿ならでは選手との付き合い
出来るだけ選手の故障に付き合います

そうする事で普段とは違ったケアーの仕方が出来ます
選手のケガに対する意識が良ふうに変わると思います

ここで合宿とは何か
考えて見ました

普段と同じ事をしていれば
わざわざ遠方まで来る必要はありません

・部員みんなと共同生活をする
・普段、親に任せていることを自分でする
・ラグビーの場合、普段出来ないチームと試合が出来る
・時間に余裕があるため、より練習が出来る・・・など

これらは当たり前であります

私が一番大事と思ったこと
とくに菅平合宿では翌月からリーグ戦が始まります

と言うことは

目標に対する個々、チームの意識付けの確認、そしてより伸ばす!

この意識付けは個人、チームによっても違うと思います
普段の練習やミーティングで十分意識されていると思います

それを普段出来ないチームや
非日常的な環境で確認する

そして合宿でこの意識付けをより磨く

そのためには外傷や体調不良で戦線離脱しているようでは
チームから出遅れる形になったりチームに迷惑がかかります

そのために私に何が出来るか!

これが私の菅平に行く意味
私の菅平合宿に対する意識付け!ではないか

こんな事を考えて見ました

グラウンドであっても私はコンディショニングをします

少しでもパフォマンスが上がる事により
個々、チームの合宿での意味

意識付けは磨かれると思います
nihhgg.jpg

練習風景です
jjgttyugyftt.jpg

試合前、菅平の雰囲気も独特です
kjhhygfff.jpg

合宿終了後
みんなで記念撮影もしました
jjhgfffyyu.jpg

hggtfyuuuyyggg.jpg

すいません
お茶目な写真も撮らせて頂きました
mjhggffg.jpg

本当に有意義で楽しい合宿でした

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com

480kakeru.jpg
スポンサーサイト
21:26  |  トレーナー活動  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

二種類のそけい部痛

2017.08.01 (Tue)

そけい部痛、いわゆるグローインペインですが
グローインペイン

私はキックをするパフォーマンス
サッカーやラグビーのスタンドオフによるものだけかと思っていましたが

また別の原因でそけい部に痛みが出る症例を
何例か施術しました

それは恥骨炎からの痛みをかばい
そけい部に痛みが出ているものです

恥骨炎についてはこちらをご覧下さい
http://kouzushima.blog66.fc2.com/blog-entry-859.html


私の経験上ですが
施術していて治療方法が少し変わって来ます

キックから来るそけい部痛は
外から外力が加わため

痛みは表面的な場合が多いです

しかし、恥骨炎から来る場合は
内から痛みをかばうためか

表面的な筋肉の硬さ痛みだけでなく
表面の痛みが解消しても

次から次に筋肉に硬さや痛みが出て来る!

こんな感じがあります

もちろんキックから来るそけい部痛みも放っておけば
どんどん痛みが内側に波及して行くと思いますが

やはり恥骨炎から来るそけい部痛の方が
それこそ奥が深いように思えます

治療としては表面から少しづつ筋肉をゆるめ
痛みを取って行くというものです

やはり恥骨炎から来る痛の方が奥が深いため
治癒までの時間はかかると思います

このように恥骨炎と言われ
そけい部に痛みが出ている方

またそけい部に痛みが出てお悩みの方
ぜひご相談下さい!
       ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

480kakeru.jpg





20:42  |  スポーツ障害  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |