FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

体のポンプ、第2の心臓

2018.06.14 (Thu)

「ふくらはぎ」を第2の心臓と呼ばれますが
私は「ハムストリングス」の方を第2の心臓と言います

肉離れⅢ試合前の治療

あるDrの本で点滴をしようとしたけど
薬が体の中に入りにくかったようです

看護師に「ふくらはぎ」を揉ますと
薬が簡単に入っていったそうです

そのため「ふくらはぎ」を第2の心臓とも呼ばれますが
それもあるとは思うんですが

ハムストリングス(大腿部後面)をほぐした方が
背部から腰部がよく解れるように感じます

もちろん「ふくらはぎ」に血流を送ると
全身の血流が良くなるようにも感じます

しかしこの感覚は
ハムストリングスにも十分にあります

そのため私は第2の心臓を
ハムストリングスに例えます

そしてハムストリングスは
体のポンプの役割もしているように思えます

ハムストリングスをほぐすと
体全身に血液を送っているように思えます

これらの事を意識して
私はハムストリングスの治療に当たっています

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


ローリング治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

roller_ion_all.jpg

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
13:09  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

肉離れ予防

2018.06.12 (Tue)

総合格闘技の方を治療しました

なぜか分かりませんが
大腿二頭筋(ハムストリングス)が硬く

つまっていると言う状態でした
決して張っている!と言う感じではありませんでした

私の考えですが
こう言った時の大腿二頭筋の血液の流れは

赤血球同士がくっつき合い
白血球同士がくっつき合い

いわゆるドロドロ血液状態となり
酸素や栄養素が上手く供給出来ていないと思います

※前回もUPした写真で何度もすみません
異常な赤血球

この状態を放っておくと
筋肉に酸素が上手く供給出来ないため

酸欠状態になると思います

そして、どうしようも出来なくなると
酸素を筋肉に送ろうとする人間の防御反応が働き

プチッ!と言う礫音とともに
肉離れが発生すると思います

その時、赤血球はバラバラになり
酸素は供給出来るようになりますが

筋肉の部分断裂を招き
非常につらい痛みを伴います

そうならないため大腿二頭筋がつまっていたり
違和感をかっじた時点で治療していると

私はかなりの予防になると考えています
肉離れⅢ試合前の治療

今回総合格闘技の方に大腿二頭筋に
このような事を感じました

この方は日曜日に試合があるそうです
試合前、もう一度治療に来られます

試合で大腿二頭筋に違和感など感じず
120%の力で試合が出来るよう

私も必死で施術しようと思っております

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院

ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


roller_ion_all.jpg
20:47  |  芦屋・豊中の治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

不定愁訴

2018.06.11 (Mon)

(どこと指摘出来ないけど痛みがある方
慢性的な体調不良の続く方)



これらの方は血液が正常な役割をしていない
新鮮な酸素、栄養素を各組織、器官、臓器に十分供給出来ていない

これらの血液はドロドロ血液となっています
このドロドロ血液は交感神経緊張状態です

異常な赤血球

(ドロドロ血液は危険を察知した時に必要)


ドロドロ血液とは
瞬発力を必要とする解糖系(酸素を必要としない)の反応です

いざ危険を察知すると
瞬間的にその場から逃避します


この時にドロドロ血液が必要です

そのためドロドロ血液がすべて悪いわけではなく
場合によってはドロドロ血液も必要なのです

しかし、ドロドロ血液では
各組織、器官、臓器に新鮮な酸素、栄養素が十分送れません

各組織、器官、臓器にストレスを与え続けます

この状態が慢性的に続けば
何らかの体調不良を招く
と私は考えます

(普段はサラサラ血液、自然治癒力を発揮するにはサラサラ血液)


逆にサラサラ血液とは
副交感神経反射のミトコンドリア系(酸素を必要とする)の反応です

普段はサラサラ血液
いざと言う危険を感じた時にはドロドロ血液


こうならなければなりませんが

何らかのストレスが持続的にかかると
普段からドロドロ血液状態になっています

そして各組織、器官、臓器にストレスを与え続けます

この事が

どこと指摘出来ないけど痛みが続く
慢性的な体調不良が続く


これらの一つの原因と考えます

どこと指摘出来ないけど痛みが続く!
慢性的な体調不良が続く!

ぜひ、ご相談下さい!
       ↓
info@ashiya-rolling.com


ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

roller_ion_all.jpg

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
19:10  |  体調不良  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

オープン戦帯同

2018.06.10 (Sun)

大阪教育大学ー関西学院大学
オープン戦に行って来ました

選手をお一人治療しました
病院ではグローインペインと診断されておられます

私の見立てですが内転筋の付け根
やや大腿内側に入った所に圧痛がありました

グローインペインと言うよりも
大腿内転筋痛と言った感じかな!と思いました

nhhgtfg_201806100729144fb.jpg

nhhgggfgg_20180610072915575.jpg

グロインペインの特徴ですが
こじらすと鼡径部に圧痛のある「しこり」が何箇所も出て来ます

これを一つ一つ丁寧に治療して行きますが
この方の場合は一箇所だけの圧痛でした

まだ、こじらすまでは行っていない!
そのため治療として比較的やりや易かったと思いました

まず「しこり」を緩めて行き
そして股間節の開きを良くします

そして全体的体を緩めます

すると「しこり」は緩み
圧痛も軽減しています

治療前の圧痛は
指のはね返す痛みを伴った圧痛ですが

治療後は指にはね返す感覚も軽減しており
圧痛もかなり軽減しております

jhggffgyhyj_201806100729209c8.jpg

これはグローインペインに限らずですが
痛みが出る前には必ず違和感を感じます

その違和感が出て来ると
必ず指にはね返す痛みを伴った「しこり」が発生しています

その時点で治療していると
こじらすような事はまずありません

違和感のある時点で医療機関に訪れること
これを指導させて頂きました

jhggghhj_201806100729337ec.jpg

jjhgghhujjuj_20180610072917e5e.jpg

また現場(グラウンド)には出来るだけ
行くように思っております

現場に出ると
必ず色々と良い思いが出来ます

今後ともよろしくお願い致します

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


ラグビー治療院 芦屋院・豊中院

07:52  |  ラグビー治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

大腿部打撲(いわゆるモモカン)

2018.06.08 (Fri)

大腿部打撲(いわゆるモモカン)
ラグビーではよくある疾患です

ラグビー用語かも知れませんが
通称モモカンとも呼ばれています

私の経験上ですが
センターにとくに多いです

その次がフルバック辺りかと思います

この疾患は大腿前面が腫れ上がり
膝関節屈曲に運動制限著名の症状が発生します

nhhgghhh.jpg

この場合、鼡径部をほぐします
すごい力が入ってカチカチになっております

kjhhhjjj.jpg

次に大腿部側部を緩めます
この箇所も普段よりも過敏になりパンパンにはっております

mjjhhhhhhhh.jpg

次にハムストリングを良くほぐします
ハムストリングは物凄く詰まっている言う感じがあります

kjhgggghhj.jpg

次に股関節を良く緩めます
ここも普段よりも過敏になり少しの圧で痛がります

lkjhhj.jpg

後は全体的に良くほぐしてやり
体をリラックスします

そしてここからがこの疾患の特徴ですが

これだけの治療をしてあげると
ほとんどの場合、症状は軽減します

治療前と治療後では
膝関節の屈曲が違って来ます

その症状にもよりますが
かなり屈曲が出来るようになるケースもあります

そして一週間も治療すれば
治ったかのように調子が良くなる場合もあります

ここで選手は治ったと思い
練習や試合に復帰します

すると必ずと言って良いほどに
リバウンドがあります

このリバウンドですが
治療前よりも症状がきつい場合もあります

ストップをかけているにも関わらず
選手は治ったと思い練習、試合に復帰しリバウンド状態で来院されます

私はこれを何人も経験しました

そのためたかが大腿部打撲と思われるかも知れませんが
私は慎重に大腿部打撲の施術にあたっています

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
    ↓
info@ashiya-rolling.com


ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


roller_ion_all.jpg

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com



ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
17:10  |  ラグビー治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

体のアンバランス

2018.06.07 (Thu)

こう言った方がおられます

左半身(もしくわ右)に重心がかかり
バランスがおかしい!

はっきり言って
難しい意見であり答えは難しいと思います

ただ私の経験上で言えることは
血管美人と言う顕微鏡があります

血管美人

この機械で毛細血管を観察すると

良く流れているところと
滞っているところがあります

血液循環のバランスが悪くなっておられます

これが左右の血液循環のバランスが悪くなり

この結果がどちらかに力が入れやすく
どちらかに力が入りにくい

などのバランスの悪さが生じて来る
と私は考えます

ただ大きく左右だけではなく
ところどころ細かいところで

良く流れているところ
流れが悪いところがありますが

全体的にどちらかの毛細血管に
流れが良いところ、流れが悪いところが多いと思います

治療としては
全体的の血液循環を良くすることを目的とします

上記しておりますが

こう言った方々が病院に行かれて
検査を受けられても

異常は無かった!
と言われるケースが多いと思います

ただこう言う症状の方は
私の経験上、多々おられます

体にアンバランスが生じ
病院で検査を受けても異常が無いと言われている方

全体的な血液循環のバランス!
これを計って見てはいかがでしょうか!

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
    ↓
info@ashiya-rolling.com


ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

roller_ion_all.jpg

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


ラグビー治療院 芦屋院・豊中院


12:28  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

豊中院

2018.06.07 (Thu)

昨日になりますが
豊中院でした

やはり北摂の方は
断然に豊中院が便利です

30553906_6086440574790_874777021631168512_n.jpg

こちらは駅からは
かなりの距離があります

しかし、車で来られるには
かなり便利と思います

私はこの医院
平成3年10月1日より開業しております

その何年後からに言われましたが

ある患者様が
岸和田の方で

「ラグビーをしているなら

   山西のところ行け!」

これが私が今
ラグビー治療院と言う屋号つけている理由です

今日は芦屋院です

どうぞこれからも
豊中院、芦屋院をよろしくお願い致します

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
htt://www.ashiya-rolling.com

roller_ion_all.jpg

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
00:37  |  芦屋・豊中の治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

頭痛、首こり、後頭骨のコリ

2018.06.05 (Tue)

頭痛、首コリの治療ですが
後頭部に痛み、コリを訴える方がいます

後頭骨の際
とくに瘂門穴にコリがあります
※頭痛、背中の張り、鼻血、後頭神経痛、頭重などに効果があります
瘂と言う名称から言語障害、舌炎にも効果があるとされます

写真のように指圧補助器という器具を使います
kkjhggggh.jpg

その後、後頭骨に沿って
指圧補助器で丁寧にほぐして行きます

※この時、かなりの圧痛のある方がおられます
この場合は必ずゆっくりと、緩めで施術して行きます

きつめの施術は厳禁です

その後、写真のような器具で
頭全体に施術して行きます
lkiuyttyuuii.jpg

その後、頚部を指圧して行きます

この場所に限っては
器具で施術するよりも

指圧の方が筋肉に硬さも分かりやすく
そしてジャストヒットで筋硬結をつかめます

njhygggg.jpg

そして仕上げに
器具で流します
jhgffgtyyu.jpg

その後、全体的に全身の施術をします

以上が私の頭痛、首コリ
とくに後頭骨にコリを訴える方の施術です

これだけの施術をすると

「頭がのっていないように軽くなった!」

こんなふうに言って頂ける方がおられます

※効果には個人差があります

頭痛、首コリ、後頭骨にコリ訴える方
ぜひ、ご相談下さい!

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
       ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


roller_ion_all.jpg

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
19:45  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

自転車による首凝り

2018.06.04 (Mon)

このような本を読んでおります
ストレートネック

競輪選手が来院されました

競輪選手の主訴は
背中、ハムストリングス、、下腿部の凝りを訴えられます

それだけではなく
首から肩の凝りを訴えられる選手が多いです

なぜなら競輪選手は走行中
首を反りかえられます

kjuyggh_20180604202600a76.jpg

写真を見て頂ければ
お分かりになると思いますが

姿勢が前傾になります
首は反りかえなければ前方が見えません

下部頚椎でかなりの神経の圧迫があります

すると必ず首は凝ったり
上肢がシビれたりします

これはプロの競輪選手だけでなく
ロードレースに載られている方すべてに言えます

これが自転車競技における
頚部痛の原因と考えます

冒頭にストレートネックの本
写真をUPしておりますが

普段こういった方々の姿勢は
背中が前傾になります

必然的に頚部はスワンネックとなります

スワンネックではまっすぐに見れないため
頚部を前に倒します

背中が前傾になっているため
頚部はストレートネックとなります

まずは施術で筋肉をほぐし
筋肉に正確な位置を認識させなければなりません

そして背中が真っ直ぐになるように
重心を体の後方に持って行きます

後ろに反り返るくらいの気持ちで良いです

東南アジアの方々が
頭の上に重量物を載せますが

あの位の姿勢を意識します

これが私の自転車競技における
頚部痛、スワンネックの考え方です

スワンネックは完全ではなくても
少しずつ改善されて行くと私は考えています
※経過には個人差があります

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院

ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


roller_ion_all.jpg
20:49  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |