05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

パフォーマンス向上

2018.06.30 (Sat)

(・メンタル)


パフォーマンスを向上するには
まずはメンタルが重要と思います

・やる気は誰にでもある!


    やる気は誰にでもあると書いております

人間はそもそも誰でもやる気の塊です

    やろうとする気持ちがあるにも関わらず
    体が付いて来ないと言う人がいます

    気持ちと体がマッチしていない!
    と言う事ですが

これは苦手な事に手を出している!

    苦手な事とは極端に言えば

    右利きの人が
    左利きになろうとしているものです

    苦手は放っておいて下さい
    その代わり得意な事に集中して下さい

    そうする事で
    長所が短所を忘れさせて行きます

    するとパフォーマンスは必ず向上します

・指導者


・指導者の言っている事に納得出来ない!

    体と頭はマッチしております
    指導者の言っている事に納得出来ないと言う事は

    「この練習は何のためにしているんだ!」

    こうなれば選手は
    手を抜く事しか考えません

    パフォーマンスが向上する訳がありません

・選手に罵声を浴びせる

    指導者は選手の意識と体を
    マッチさせなけれななりません

    罵声を浴びせ
    マイナス要因しか言わない指導者

    これで選手が伸びていると言う事は
    選手は指導者の言う事を聞いていません

    こう言う指導者の下では

    伸びる選手(話を聞かない選手)は伸びますが
    伸びない選手(話を聞く、まじめな選手)は一切伸びません

    伸びる選手と伸びない選手に分かれます

・指導者が権力に走る
    
    権力に走ると言う事は
    指導者の勉強不足です

    勉強不足のため
    選手から軽蔑されます

    すると指導者は権力に走ります
    選手の方が良く勉強しています

    こうなると選手と指導者に
    軋轢が生じます

    チームが成り立つ訳がありません

    不幸にも私がいろんなチームを見ている限り
    どれかに当てはまる指導者が多いです

    こう言った場合
    指導者の話は聞かない!

    聞いた振りだけして
    自分でよくよく考え

    納得したパフォーマンスをする事です
    指導者がこう言った限り

    これしか方法はありません

・雑音


    雑音と言うのは
    やる気の無くす事を

    少しずつ植えつけて行く!
    と言う事です

    「あいつには出来ているのに
     なぜお前には出来ないんだ!」

    「お前にはそこまでは無理だから
     やめておけ!」

    「お前は下手だ!お前はアカンは!」

    「大丈夫か、周りは凄いヤツばかりだけど
    お前に大丈夫か!」

    これではやる気を無くし
    不安感をあおるばかりです

    これらすべて親に多いです
    プラス思考な言葉で選手は必ず良い方向に変わります

    何事にも必ずコツがあります

    やる気を無くす言葉
    不安感をあおる言葉

    コツさえ分かれば
    選手はどのように変わるか分かりません

    マイナス思考ばかりではなく
    少しでもプラス思考の言葉をかけて下さい

・コンディショニング


血管美人と言う顕微鏡があります

kekkan_bijin_20180630205241767.jpg

顕微鏡で毛細血管を観察します

すると写真の右側になっている方が
多々います

20120128215145ac5_20180630205541ab9.jpg

写真の右側は
いわゆるドロドロ血液です

ドロドロ血液は
無酸素運動

俊敏性を発揮する時に必要です

ドロドロ血液も重要と言う事です

しかし、写真左のいわゆるサラサラ血液
これは副交感神経緊張状態

有酸素運動
持久力に必要です

と言う事は

普段は副交感神経緊張の
サラサラ血液でなければなりません

しかし、ステレス過多で交換神経緊張状態の方
普段からドロドロ血液です

これでは体はガチガチになり
パフォーマンスが向上する訳がありません

これを副交感神経緊張状態の
サラサラ血液にするには

私はローリング治療が
最適
だと確信しております

※今回のブログでは
指導者について

かなりの事を書いたと思います

しかし、私がいろんな現場で見ている限り
こんな指導者が多すぎます

若輩者が偉そう事を書きました

どうぞご容赦下さい!

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com
 
ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
スポンサーサイト
21:13  |  ラグビー治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

病気のオンパレード

2018.06.30 (Sat)

・病気の原因は自律神経のアンバランス


私は病気の原因は
自律神経のアンバランス!

これが一番の原因と考えています

働き過ぎ、悩み過ぎによって交感神経が緊張します
交感神経緊張状態を食べて、飲む事で解消しようとします

それをいつまでも繰り返していると

50歳になった時に
少しずつ病気を抱え込んで行きます

高血圧、糖尿病、痛風、白内障、狭心症、不整脈
腎結石、前立腺肥大など

・交感神経緊張の危険性


忙しさのあまりの働き過ぎと睡眠不足は交感神経が緊張します

・高血圧(交感神経が緊張すると脈が速くなり血圧が上がる)

・尿管結石(ハイゼツが悪くなり尿の老廃物がたまる)

・痛風(ハイゼツが悪くなるため尿酸がたまる)

・前立腺肥大(分泌物の貯留と繊維化)

・白内障(血流不足によるタンパク質変性)

・狭心症、不整脈(血管が収縮して血流が悪くなる)

このようには働き過ぎ、食べ過ぎは
ますますの交感神経を緊張させて行き

病気のオンパレードに突入して行きます

・女性の骨粗しょう症


また女性の場合に多いのが
50歳前後になり骨粗しょう症になられる方がおられます

その場合、ビタミンDを処方されます
骨を丈夫にしようとビタミンDを飲用する事に

ある危険性がある事を知っておかなければなりません

基本的に骨を丈夫にするためには
食事、運動、日光浴が必要です

この時、体で作られるビタミンDに重要な役割があります
ビタミンDは、コレステロールから肝臓、腎臓で作られます

これが、骨を丈夫にする基本です

これらを一切無視してビタミンDだけを補充すると
ビタミンDの体への吸収が困難です

ビタミンDはコレステロール骨格を持っています

動脈硬化、老化の促進、発ガンを促すという事です

体で作られるホルモン、ビタミンほど
外から摂取したときに危険性があるという事です

日光浴ですが
アメリカ、オーストラリアのような紫外線の強いところに皮膚ガンは多いです

これは何も紫外線だけが原因ではありません

アメリカ、オーストラリアは元々
イギリスなどの北欧の寒さに強い白人が移民しています

北欧からきた白人に皮膚ガンが多いわけです

原住民のアボリジニ、インディアンの方々には
皮膚ガンはほとんどありません

紫外線に強い場所で生活できるように
そのような皮膚に遺伝的になっています

そして日本人ですが
どちらともいえない黄色人種です

日本人はそこまで神経質になる必要はないと思います
(紫外線を当てると、すぐに皮膚が赤くなる人は別ですが!)

十分に紫外線を当てて
カルシウム、ビタミンも摂取して骨の強化を計ればいいわけです

・ローリング治療にて交感神経緊張を緩和


以上、話しが長くりました

私も50歳になります

中年になって来ると
やはり体についての心配も出てきます

少しでも参考になれば幸いです

※ストレスを感じておられる方
是非ローリング治療を受けて診て下さい


ストレス緩和のお役に立てるはずです

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


ローリング治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

roller_ion_all.jpg
19:38  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

繰り返される捻挫

2018.06.28 (Thu)

足関節捻挫ですが
何回も同じところを捻挫される選手がいます

靭帯損傷の場合
まだ治っていない時に現場復帰される選手がほとんどです

周囲から早く練習に復帰しろ!と言われ
プレッシャーをかけられやむ終えず復帰する

こんな感じではないでしょうか

もちろん痛みさえ取れて現場復帰すると
損傷を受けている靭帯は回復出来ず

関節に動揺を残したままの状態となり
これでは何回も捻挫を繰り返すようになります

しかし、私が考えている捻挫とは
捻挫するにも何らかの要素がある

その要素とは骨格にあり
捻挫をし易い体となっている

これが私の捻挫を何回も繰り返す要素
と考えています

例えばこのように
脚が内側に入り込んでいる
O脚

この場合脚が内側に入り込んでいるため
まずは股間節をゆるめます
P1050272_20180628192630dad.jpg

脚が内側に入り込むと
内側に入りこまさないように

股間節の筋肉は
カンカンに硬くなっております

そして全体的に
脚の筋肉をゆるめて行きます
hhtfrcfv_2018062819392789f.jpg

田中くん施術

脚の筋肉が
内側に入り込もうとする筋肉になっています

筋肉をゆるめるだけに
意識を持って行くのではなく

正常な位置、正常な役割
筋肉に意識させて行く事です

そうする事で
少しずつ内側に入った脚を

外側に向けて行くように
強制して行くべきと思います

そうする事で
体の土台がしっかりとして行き

捻挫もしにくくなると
私は考えています



痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com



ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
19:48  |  スポーツ障害  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

滑液包炎

2018.06.26 (Tue)

総合格闘技の方ですが
膝の内縁上方に腫れがあります

写真では分かりにくいですが
視診では一目瞭然です


滑液包炎

限局的は腫れでした

練習、試合で膝を着きまくり!

内外側靭帯、前後十字靭帯、内外半月版に
全く異常は感じられませんでした

と言う事で

滑液包炎と判断致しました

この場合、膝を着く動作を止めれば
腫れは引きます

しばらく試合が無いと言う事で
安静を指示致しました

施術としては
周囲をローリングします

すると若干腫れがマシになり
動きは楽に感じます

そしてバンテージで圧迫を加えます

施術としては
これだけで十分です

指示した事を守って頂ければ
腫れは一週間くらで引くはずです

同じ腫れでも
それによって全然違います

まずは診察が重要と思われる疾患です

滑液包炎と診察出来れば
治癒は早いと思います

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com



ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


ラグビー治療院 芦屋院・豊中院

ローリング治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


roller_ion_all.jpg
09:36  |  スポーツ障害  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

部位別疾患・体調不良・不定愁訴・健康・アスリート編により見やすく区別しております

2018.06.20 (Wed)

(部位別疾患)



(頚肩部)


・寝違い



・肩こり



・肩こりⅡ



・首こり



・五十肩



・SLAP Lesion、治療家として出来ること

    

(上肢)



・手、足のしびれ



・上肢の腱鞘炎



(下肢)



・足関節捻挫



・繰り返される捻挫



・アキレス腱周囲炎

・シンスプリント


・足底腱膜炎



・膝痛、アスリート編



・膝痛、変形性膝関節症



・肉離れ



・膝痛ビフォーアフター



・手術を勧められた膝痛



(体幹)


股関節、そけい部痛・・・Groin pain



腰痛



腰椎椎間板ヘルニア



変形性脊椎症



椎間板ヘルニア手術を勧められた患者様



(体調不良)


頭痛



冷え性



貧血



高血圧



体調不良



体質



ドロドロ血液



不定愁訴、どこと指摘出来ないけど痛みがある、慢性的な体調不良



耳鳴り



恥骨炎



ローリング毒だしダイエット



・疲れやすい人、疲れが取れにくい人



(アスリート編)


スポーツ障害・ラグビー編



スポーツ障害・バスケットボール編



シンスプリント



パフォーマンス向上



パフォーマンス向上・潜在能力を引き出す治療



膝痛・アスリート編



交感神経(やる気モード)と副交感神経(休息モード)のキリカエ



・潜在能力を引き出す治療



痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com



ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


roller_ion_all.jpg

ラグビー治療院
芦屋院。豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
12:07  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

高血圧

2018.06.19 (Tue)

交感神経が緊張され
高血圧になられる方です

興奮した生き方をすると
交感神経が緊張し、血圧は上昇します

働き盛りの人は
長時間労働が問題となります

女性やお年寄りの場合は、不安や悩みが交感神経緊張を作り
血圧が上昇することが多いです

高血圧症はこのように交感神経緊張状態でおこるので
筋肉の緊張も伴い、肩こりや頭痛が合併します

筋肉の緊張の極限は首がまわらなくなったり
こむら返りをすることです

これらは深いな症状のため病院に行くことになりますが
このときに降圧剤が処方されてしまうことが多いのです

原因が除かれないまま降圧剤が処方されると
からだは負けまいとして

さらに交感神経が緊張をつくり
患者には頻脈としてあらわれます

頻脈は、心臓が「タカ、タカ、タカ.....」とした状態なので
不安感が出現して、抗不安剤が上乗せされて処方されます

興奮が夜まで続くので不眠となり
睡眠薬が処方されます

交感神経緊張は心臓に負担がのしかかるので
心肥大、狭心症、不整脈などがあらたに出現します

このように、最初は不安感からはじまった高血圧症なのに
次々と病気が上乗せされた状況がつくられていきます

原因を無視して、対症療法を続けている不思議さに
私達は疑問を感じる必要があります

必ず原因はあります
(働き過ぎ、悩み過ぎ...)

食べ過ぎたとき、朝に床から起きるとき
一時的に高血圧になることが多いのです

こういう基本的なことを理解せずに降圧剤を飲んでいると
いずれ体の破綻が訪れます

交感神経から副交感神経へのキリカエ
私はローリング治療が最適だと考えております

※高血圧の原因は
人それぞれです



痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
↓     
info@ashiya-rolling.com



ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


roller_ion_all.jpg
19:44  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

内臓反射を診る、そして即治療

2018.06.19 (Tue)

ローリングをするとくすぐったい、痛いというのが
異常体であることを告げる肉体からのメッセージならば

その受け取り方を間違えないようにしなければなりません

これはきちんと勉強した人だけにできる診断です

人間の内臓を、東洋医学で五臓六腑といい
五臓は心臓・肝臓・腎臓・脾臓・肺臓のこと

つまり中身のつまった臓器です

腑は胃や腸、膀胱などのように
中が空洞になっている臓器をいいます

この五臓六腑、それぞれがバランスを崩してくると
それが体のあちこちに信号となってあらわれるとされています

人間の体は不思議な構造をしていて不調があると
その場所だけでなく別の個所にも痛みなどの反応が現れます

これが反射区とよばれるもので
肝臓などの「臓」の反応は右肋間に

胃などの「腑」の反応は左肋間に現れやすいのです

もちろん、こうした反射反応がでるのは肋間だけでなく
背中や耳や手足など、それこそ体じゅうのあちこちにあります

鍼灸や指圧で、ツボとよばれている部分も反射反応のあるところですが
同じ症状を改善するツボは一箇所だけではありません

ローリング治療でも同じで、肋間でりゃっ感(くすぐったい所)を訴えられたあと
別の反射の場所をローリングし、診断に間違えないかを確認します

体の不調を告げる反射の箇所は
ローリングではうっ血やしこりの異常発見の手がかりというだけでなく

治療の個所にもなります。

そこをローリング器具で加圧して
うっ血やしこりを取り除き、滞った血流をよみがえらせる

このことが治療にもなるわけです

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com



ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


roller_ion_all.jpg

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
18:36  |  ローリング療法  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

首こり

2018.06.18 (Mon)

「首こり」ですが
私も非常につらい時があります

首が凝っていると言うよりも
何かつまって来て頭が痛くなる感覚があります

患者様を治療していて
張っていると言う感覚よりも

つまっていると言った感覚です

私が柔道整復師の学校に通学している際
講師で来られていたDrが言っておられましたが

「肩こりって、あれ患者ですか?」

僕はその時に思ったんですが
たかが「肩こり」かも知れませんが

つらいものは
つらいです

私も首こり、肩こりを感じれば
すぐに治療してもらいに行きます

写真は患者様の首を指圧しているところです


jhygtrfrfrf.jpg

首を触っていると
小さな痛みのある「しこり」を感じます

それを一つずつ丁寧に施術して行きます
この際、強い刺激は厳禁です

器具を使う場合もあります
この場合も強刺激は厳禁です


kjhygff.jpg

使い分けは「しこり」の感じ方です
ほとんどの場合は指圧で十分ですが

中には器具を使った場合の方が
良い場合もあります

下の写真の方ですが
レントゲンを診なくても分かります

典型的なストレートネックです
直接刺激、頭の重力かかり頚部に良くありません


juyttgtyyuy.jpg

ストレートネックの方も
非常に多いです

この場合も非常に首が懲ります
また上肢がしびれたりと様々な症状が出ます

首がこると様々な症状が出ます



首がこってつらい方
頭痛、上肢がしびれたりすると言う方

ぜひご相談下さい!     
      ↓
info@ashiya-rolling.com



ローリング治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


roller_ion_all.jpg

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


ラグビー治療院 芦屋院・豊中院

10:01  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

椎間板ヘルニアの予防

2018.06.15 (Fri)

椎間板ヘルニアの一つの
原因と予防です

椎間板の栄養血管
これは非常に細い血管です

そのため血流が悪くなると
椎間板が弱くなり

椎間板ヘルニアになったり
椎間板がつぶれたりと言った症状が発生します

そのため腰部を治療する時には
とにかく椎間板に血流を送ろうとします

I治療

とくに血圧の低い人
末端まで血流が行っていない人

とにかく血流を椎間板に送り
椎間板ヘルニアの予防に当たって下さい



痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
http:://www.asshiya-rolling.com

roller_ion_all.jpg

ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
20:47  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

今後のラグビー選手の首

2018.06.14 (Thu)

ラグビー選手の首と言う題材ですが
今後、ラグビー選手の頚部は「こうなるだろう」と

私が考えている事を書きます

ラグビーはタックルをします
この時、首を突き上げます

この際、頚椎が圧迫され
椎間孔が狭くなり頚椎が詰まったように感じます

アメリカンフットボールもタックルをしますが
アメリカンのタックルは飛び込みます

頭からタックルに行くため
ラグビーのタックルとは少し違って来ると思います

次にタックルをするスポーツ
レスリングがタックルをします

レスリング選手がラグビーに来て
タックルの指導をすると聞いています

レスリング選手を治療すると
首痛をよく言われます

この時レスリングは
頚部の頭板状筋、胸鎖乳突筋、僧帽筋など

横側に痛みを訴えられます
頚部

ラグビー選手の場合は下部頚椎
頚椎のつまりや圧迫感を言われる方が多いです

レスリング選手に聞くと
タックルをする際「首を取りに行く!」

ラグビー選手にも聞きましたが
レスリング選手の方がタックルに関しては上手い!

首を取りに行くとは
相手のバランスを崩しに行くと思いますが

ラグビー選手にこの技術を取り入れると
もっともっとタックルの精度が上がる

今後はこう言うふうに
下部頚椎の圧迫感だけでなく

頚部の横側にも
痛みを訴えるラガーマンが出て来ると思います

レスリング選手のタックルは
190センチの大きなラガーマンも簡単に倒すと聞いております

技術的な事は私にも分かりませんが
もっと首を取りに行くタックルをすれば

タックルの精度は上がる!

治療しながら
この辺の事も指導出来れば

私自信も治療をしながら
楽しくなると思います

ラガーマンの頚椎の治療をしております
nhytyyuuuuujjj.jpg

同じくラガーマンの治療ですが
頭部を治療しています

頚部だけでなく
周りも良くほぐして行きます
nhhggffgh.jpg

もちろん頚部だけでなく
肩部もほぐした方が全体的に

良くほぐれます
nhhyhgggh.jpg

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


ラグビー治療院 芦屋院・豊中院

ローリング治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com



roller_ion_all.jpg
18:50  |  ラグビー治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT