FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

自転車による首凝り

2018.06.04 (Mon)

このような本を読んでおります
ストレートネック

競輪選手が来院されました

競輪選手の主訴は
背中、ハムストリングス、、下腿部の凝りを訴えられます

それだけではなく
首から肩の凝りを訴えられる選手が多いです

なぜなら競輪選手は走行中
首を反りかえられます

kjuyggh_20180604202600a76.jpg

写真を見て頂ければ
お分かりになると思いますが

姿勢が前傾になります
首は反りかえなければ前方が見えません

下部頚椎でかなりの神経の圧迫があります

すると必ず首は凝ったり
上肢がシビれたりします

これはプロの競輪選手だけでなく
ロードレースに載られている方すべてに言えます

これが自転車競技における
頚部痛の原因と考えます

冒頭にストレートネックの本
写真をUPしておりますが

普段こういった方々の姿勢は
背中が前傾になります

必然的に頚部はスワンネックとなります

スワンネックではまっすぐに見れないため
頚部を前に倒します

背中が前傾になっているため
頚部はストレートネックとなります

まずは施術で筋肉をほぐし
筋肉に正確な位置を認識させなければなりません

そして背中が真っ直ぐになるように
重心を体の後方に持って行きます

後ろに反り返るくらいの気持ちで良いです

東南アジアの方々が
頭の上に重量物を載せますが

あの位の姿勢を意識します

これが私の自転車競技における
頚部痛、スワンネックの考え方です

スワンネックは完全ではなくても
少しずつ改善されて行くと私は考えています
※経過には個人差があります

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


ラグビー治療院
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院

ローリング健康センター
芦屋院・豊中院
http://www.ashiya-rolling.com


roller_ion_all.jpg
スポンサーサイト
20:49  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |