FC2ブログ

常に体に痛みがある、どこと指摘出来ないけど痛みがある

2019.12.13 (Fri)

常に体に痛みがある
疲れやすい、どこと指摘出来ないけど痛みがある


こう言う方は
非常に多いです

これは血流が悪くなっているから
一言で言えばそう言う事です

では、血流の悪い所はどうなっているか!

我々の治療器具
ローリング器具で触って行くと

必ず「しこり」となって現れています
そして、その箇所は「痛い」「くすぐったい」などの反応を現します

20091031215434207_201912131757020c7.jpg

なぜ、そんな「うっ血」した所が出来るかと言うことですが

ストレス・・・近く神経を介して筋肉に「しこり」を作って行きます

内臓の疲労・・・内臓が疲れる事により
          体全身のあらゆる所に反射として「しこり」が現れます

筋肉のオーバーユーズ・・・筋肉の使い過ぎにより
                 筋肉に「しこり」を作って行きます

これらの「しこり」を治療して行きます
いずれも血流障害です

私が患者様を治療していて
一番「うっ血」が激しいと思う所ですが

それは腹部
内臓です

mkjhggghhhjjjkj_20191213181220759.jpg

内臓が一番血流障害を受けやすい部位です
なぜなら、内臓に一番自律神経が集中しているからです

一番ストレスを受けやすい所です

そのため内臓だから病気になり易いと言う考えではなく
血流が悪くなり易いから病気になり易い


私の考えです

常に痛みがある、疲れやすい
どこと指摘出来ないけど痛みがある
と言う方

「しこり」の治療も大事ですが
まずは、内臓の治療をして血流を良くする事に重点を置きます

そして「痛み」の発症しているところ
これを治療して行きます

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com

器具
スポンサーサイト



18:31  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

パフォーマンス向上の体

2019.12.13 (Fri)

ラガーマンの体を治療すると
大概が「痛い」ところだらけです

決っして痛がらす治療ではなく
少しに圧で痛がります

言うならば
「うっ血」だらけです

小倉選手

少しの圧で痛みのあるところは
必ず筋肉が「しこり」となって現れています

「うっ血部分」です

この「うっ血」は
その選手の疲労によって発症します

その「しこり」は
いずれ知覚神経を介して

ストレスを発生させて行き
パフョーマンスの低下

慢性的な痛みの発生
などを発生させて行きます

痛みが無い選手のメンテナンスをしても
痛がらなく「しこり」の選手を見た事はありません

何らかの不調を隠して
プレーしているのがほとんどです

また、痛みが発生しても
この「しこり」を治療して行きます

それでほとんどの場合は
体が軽くなり、痛みも解消して行きます

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com

器具

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
17:41  |  ラグビー治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |