FC2ブログ

腱鞘炎の治療の基本

2019.12.27 (Fri)

いわゆる腱鞘炎の肩ですが

私は腱鞘炎の方を治療していていつも思うのは
同じ仕事をしていて腱鞘炎になる人とならない人がいると言う事です

その違いは何か?と言う事ですが
私は姿勢に問題があると見ています

腱鞘炎の方は決まって猫背の方が多いです
猫背になると神経や動脈が圧迫されて行きます

首から神経が出ているため
猫背の人は首で神経が圧迫されます
吉岡さんの治療

首をほぐしますが
この時、やり過ぎると後がつらくなる人がいます

やり過ぎない程度が
良いと思います

次に鎖骨の下をローリング療法器具
ビューテーミニで治療して行きます
20091031215710395_201912271853475da.jpg

鎖骨の下からは上肢に行く
動脈、神経が束になって流れています

上肢全体を治療するのは
もちろんですが背中を良く治療します
kjhgffguuuhhhj_20191227185352777.jpg

肩関節のこう言ったところも
非常に大事です
肩の治療

とくに猫背になられている方は
こう言った所も非常に硬くなっています

大きなしこりとなっている方もいます
よく治療をします

また、下腹部も圧迫されるため
腹部も重要です
mokuteki02_2019122719234258a.jpg

股間節も圧迫されています
とくに全部が圧迫されています

また、股間節のこの部位がうっ血していると
反射区として胃も悪くなって来ます

私は腱鞘炎で猫背は
胃の調子も悪くなると考えています
松岡くんを治療

最低でも以上の治療をしてから
局部の治療に入って行きます
jjhyggghhjjjj_201912271905557a1.jpg

あまりに痛みがきつければ
痛み止めの注射も進める場合もあります

しかし、以上の治療が
腱鞘炎の治療の基本と考えています

少しでも痛みがあれば
そこからきつくなって来る可能性が十分にあります

少しの痛みも相談して下さい
痛みが長引く場合があります

また、上記にもしていますが
僕は腱鞘炎は胃にも良くないと考えています

腱鞘炎と思う方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com

器具
スポンサーサイト



19:40  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |