FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

痛み止め

2020.01.02 (Thu)

大腿部打撲で書きますが
前回のブログで「痛み止め」の注射について書きました

だいたい注射を打つ箇所ですが
大腿部が多いです

大腿部に膝が入る可能性が多いです
とくにCTB、FBに多いと思います

その時、私たち治療家も
施術をします

(施術前)
kmjkjnjhbbjbhbjhgtvgh_20200102193754ada.jpg

施術中ですが
周りの筋肉をほぐすようにします

傷めている場所は
極力触らないようにします

とくにハムストリングスを解します
ハムストリングスのつまりを取る

その次に大事な所は
股間節です

甲南股関節

(施術後)
jjuyuyuujjkkijuhuygyghjhjj_20200102200045f81.jpg

すると必ずと言って良い位
股間節は伸びるようになります

軽度であれば
この治療でも十分です

しかし、試合を重ねて行くと
打撲を何回も重ねて行き

治療だけでは不十分になり
痛み止めの注射を打つようになるのが

私の経験です

注射を討って良いか!
討ってはいけないか!

討っては良くないに決まっています

しかし、選手の気持ちを考えると
打つDrが多いのは分かります

そして、体が治っていないのに
こんな事をすると

必ず体と精神は比例しています!
性も根も尽き果てて行きます

私の経験上ですが
どうしてもこうなります

しかし、選手の心情を考えると・・・
仕方のない事かも知れません

出来るだけRICE処置をして
良い状態に持って行かなければ

ならないでしょうね!

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング健康センター
http://www.ashiya-rolling.com

20191025125328f1b_2020010119022718e.jpg

ラグビー治療院
http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
スポンサーサイト



20:01  |  ラグビー治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |