FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

痛みの基本(筋肉、腱のズレ、捻じれ、変形)

2020.10.21 (Wed)

痛みのある箇所には
筋肉に硬結が存在します

(※放散痛の場合は
確認が出来ない場合があります

しかし、この場合は
放散痛の原因となっている箇所の筋硬結を探します)

この痛みを引き起こしている筋硬結は
ほんの小さな「かたまり」です

痛みを引き起こしている筋硬結には
ある特徴があります

それは治療を施して行くと
必ず指やローリング器具に反発します

この反発を取るのが
私の治療です

では、なぜ反発する筋硬結が出来るのか?

それは筋肉が骨の走行からズレたり捻じれたり
変形して来るのが原因と私は考えています

ズレ、捻じれ、変形したりしている
筋肉、腱を使う事により

普通よりも無理な負担がかかります
その負担により筋硬結が出来ます

この筋硬結が
痛みの根本です

この筋硬結をゆるめて行って
指、ローリング器具に対する反発

これを取って行くのが
私の局所の治療です

ただ、局所の治療に入る前に
大事な事があります

局所に痛みが出ている人には
必ず骨格、姿勢にも異常を来しております

この骨格、姿勢を良い状態に戻す!

この骨格、姿勢の異常が
筋肉、腱のズレ、捻じれ、変形を来して来ます

これは全体的な治療ですが
全体的な治療を施さなければ

局所の治療は
なかなか成果はありません

従って私の治療は

全体的な治療(仙腸関節アプローチ
局所の治療(筋肉、腱のズレ、捻じれ、変形)

この二つを一緒に施す事が
私の治療です

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
     ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング治療院
ラグビー治療院
山西整骨院
http://www.ashiya-rolling.com

器具

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
スポンサーサイト



18:02  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

仙腸関節アプローチ(治療の基本)

2020.10.21 (Wed)

仙腸関節とは
ほとんど可動域のない関節です

動いてもほんの少しの動きとされ
臨床的にあまり重視されなかった関節です

しかし、仙腸関節を治療して行くと
治療後の経過が全く違う!

ほとんどが経過良好になります

仙腸関節にズレ、ねじれが生じると
体幹が捻じれ、ズレ、背骨がガタガタになって行き

様々な痛みの原因となります

したがって私の治療は
仙腸関節の動きを正常に戻し

捻じれ、ズレを治して行く!

これが私の治療の基本です

腰が痛い、膝が痛い、肩が痛い!
様々な患者さんが来られます

ただ、この時に疑問があるのは
同じ事をしていても

痛みの出る人と
痛みの出ない人がある!と言う事です

痛みにはそれなりに
要素があります

その要素は仙腸関節にある!

私が普段治療をしていて強く思います

〇治療の基本
仙腸関節を治療して行くと
ほんの少しのズレ、捻じれを感じたり

極めて小さい仙腸関節に付着している
筋肉の硬結を確認します

これらをきっちりと治療して行くと
仙腸関節は正常な位置に戻って行きます

以上の仙腸関節の治療を施し
姿勢を良好な位置に戻す治療を施し

そして、局所の痛みの出ている治療
これらすべてを施して行きます

したがって、すべての治療の基本は
仙腸関節にあると私は考えています

(仙腸関節を治療する器具)
症候器

ビュティミニ

赤玉、深細部

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com


芦屋ローリング治療院
ラグビー治療院
山西整骨院(各種保険取り扱い)
http://www.ashiya-rolling.com

器具

ラグビー治療院 芦屋院・豊中院
17:08  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |