FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

原因のない膝痛と腰椎椎間板ヘルニア

2019.10.03 (Thu)

大阪教育大学ラグビー部
行ける日は楽しみに行っております

lkjhuuuijoohhuiij.jpg

kkibubnjkkklkookkookkkmllkmlkm.jpg

早速、治療に入って行きます

膝に痛みを訴える選手です
膝膝靭帯の外側に圧痛がありました

mkjuuugugujjknkn.jpg


まず最初に圧痛の場所を確認します
内・外半月板、内・外側々靭帯、前・後十字靭帯など診ます

今回の選手には
その辺りに痛みはありませんでした

まず、局所をほぐして行きます
その時、軽め、短めで施術します

長めやきつめで治療はしません
長め、きつめでやってしまうと必ず良い結果は出ません

そして全体の「うっ血」の治療に入ります
すると必ず最初の圧痛よりも軽減しています

圧痛が取れている場合もあります
しかし、圧痛を取ろうとやり過ぎは禁物です

kuuuyhijiouguhjjjhh.jpg

次に椎間板ヘルニアと
病院で診断された選手です

lkkjjihuuhuhuiioihohiij_20191003125527c12.jpg

SLRは大した事はなく
ヘルニアの痛みでは無いと思いました

治療に入ると
体全身「うっ血」だらけです

おそらく椎間板が神経を圧迫してるのではなく
この「うっ血」が神経を圧迫していると思いました

kjuuyuyiuijoijoijio.jpg

ローリングで抑えている言った感じはなく
触っていると言った感じでした

結果はやはり症状軽減していました
私の経験上、椎間板ヘルニアと言われても

ほとんどが「うっ血」を取って行ってやれば
症状は軽減します

椎間板が神経を直接圧迫していれば
私の治療では何回施術しても同じです

症状は軽減しません
これも私の経験上の答えです

しかし、ほとんどは「うっ血」を除去すれば
痛みは軽減するものばかりです

椎間板ヘルニアと言われても
どうぞご相談下さい

いつも大学に行くのが楽しみです
行ける日には行きます

今後ともよろしくお願い致します

痛み、体調不良でお悩みの方
ぜひ、ご相談下さい!
      ↓
info@ashiya-rolling.com



ラグビー治療院http://www.ashiya-rolling.com

ラグビー治療院 <br />芦屋院・豊中院
スポンサーサイト



13:48  |  ラグビー治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/1025-1b6b1aa2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |