07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

コルセット

2009.06.19 (Fri)

ラグビー選手の治療ですが、
腰椎のきょく突起を骨折と診断された選手の治療です。
X-Pを診ていないので、よく分かりませんが、
確かに腰椎の第3、4に圧痛があります。
これはこれで仕方がない訳です。
これは日にちが経たなければ仮骨は出来ません。
問題に思ったことは、
コルセットをしていることです。
コルセットをすると筋肉の硬直が始まります。
そして、もちろん筋力も低下します。
とにかく、筋肉の硬直を取り、
すぐにでもリハビリ、筋力トレーニングをするべきです。
とにかく私に出来ることは治療です。
筋肉の硬直、それから来る痛みの除去に取り組みました。
腰椎の可動域を診ています。
ほとんど回旋、捻転が出来なくなっています。
Dc132.jpg
このように、脊柱起立筋、腰方形筋、腹斜筋を治療して行きます。
もちろん、腹部もほぐし内臓の動きもよくしてから腰部の治療に入っています。
Dc136.jpg
そうすると、このように動くようになります。
Dc137.jpg
次にハムストリングスを治療します。
というのは、私はハムストリングスというのは体のポンプと考えています。
ハムストリングスを治療して行くと、
体中の緊張が取れて行きます。
あるDrによれば、
ふくらはぎ(下腿部)をほぐせば、点滴の薬が入って行きやすい、
ふくらはぎは体のポンプ!
というDrもいますが、
これはその人の感性によるかもしれませんが、
私はこれをハムストリングスと考えています。
まず、硬さをチェックします。
ほとんど、屈曲しません。
Dc114.jpg
このように、治療をして行きます。
Dc115.jpg
ハムストリングスはほぐれて、つまりが取れると、
かなり動きやすくなります。
Dc116.jpg
これだけの治療をすると、
かなり、動きもよくなるし、
筋力トレーニングもやり易くなる訳です。

本当に「現場に出てなんぼ!」という言葉が私は好きなんですが、
現場に出ると、いろんな刺激、考えさせられるものがあります。
スポンサーサイト
12:29  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/324-2bd280dd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |