09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

アキレス腱断裂に対する不安感

2009.08.07 (Fri)

アキレス腱断裂、これはよくあります。
負傷する時は、バチッ!という音とともに負傷されます。
ふくらはぎにボールがジャストヒットした感じになります。
これは私が経験した事です。
人によっては「後ろから叩かれた感じ!」という人もいます。
アキレス腱断裂に関する診断は容易です。
ほとんど患者さんの発症機転を聞く事で、ほぼ目安は付きます。
この時に、トンプソン・テストという徒手検査をする事で確定して良いと思います。
超音波で確認するまでもありません。

だいたい30歳前後の方で、
筋力が落ちているにも関わらずに、
昔のイメージで体を動かされた時が危険です。
アキレス腱断裂に関しての医療従事者の認識は、
ほぼ、こういう事だと思います。
しかし、最近は若年者で断裂する方も、よく聞きます。
これはどういう事か?これを考えて見ました。

アキレス腱断裂の場合、ほぼ予防はないといわれています。
いくらストレッチをしても意味はありません。
ここで私が考えた事です。
最近に聞いた話ですが、
剣道をされている大学生の方(女性)が断裂をされました。
大学生ですから20歳前後です。
まだまだ、お若いです。
筋力もあるでしょう!
ストレッチもしっかりと、されていたでしょう!

あと考えられる事は?

私はこういった事を考えて見ました。
稽古や指導に対して何か不安があったのではないか!
アキレス腱断裂は剣道に非常に多いです。
これは下腿三頭筋を中心にアキレス腱に、
かなりの負担がかかるためです。
常に稽古で負担をかけていたでしょう!
この不安感、悩み事が普段負担をかけているアキレス腱に、
何か影響を及ぼしたのではないか!

私がアキレス腱を断裂した前日ですが、
所用で東大阪にいました。
私事ですが、東大阪によく行く鍼灸院があります。
そこでマッサージ、鍼治療をよく受けていました。
東大阪に来たついで、その治療院に寄ったのですが、
先生が不在でした。
治療をして頂くと、すごく楽になります。
治療して頂けなかった事に、
「明日から少し我慢しなければいけないなぁ?!」
という不安感がありました。
そして次の日、踏ん張った瞬間に断裂したのですが、
ここで私が言いたい事は、
治療がどうこうというのではなく、この不安感です。
私はこの不安感が怪我の要素ではないか!
自分の経験と若年者のアキレス腱断裂を聞いて考えて見ました。

上記した事は何ら確証はありません。
しかし、不安感、悩み事を抱えて練習、試合に挑む!
私は、これが一番の怪我の元と考えました。

アキレス腱断裂に対する不安感!
私には何らかの因果関係があるように思えるのですが!
スポンサーサイト
11:52  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/377-001408b4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |