07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

便秘と下痢

2009.08.26 (Wed)

治療の最初に肋骨と肋骨の間を治療していきます。
そうすることにより、内臓からの反射の診断になります。
こんな患者さんがおられます。
便秘と下痢の反応する箇所、両方に反応が現れている人です。
これは決して珍しくありません。

便秘と下痢、どちらが体に悪いかと言うと、これは便秘です。
下痢は毒を外に出そうとして人間が本来持っている自然治癒力が働いていると
言うことです。
便秘は免疫力が低下し、自然治癒力が働いていないと言うことです。
便秘と下痢、両方に反応が出ている人は、便秘と下痢を繰り返しています。
このような人に「便秘気味ですか?下痢気味ですか?」と聞くと、
たいていの人は便秘気味と言われます。
便秘も究極になってくると体が下痢を引き起こし、毒を外に出そうとします。
一見、自然治癒力が働いていますが、こんなことを繰り返していると、
いずれ体の破綻を引き起こします。
これの最悪の状態が潰瘍性大腸炎です。
他にも便秘からはいろいろな病気が引き起こされます。
(便秘と病気のつながり、私にはいろいろな発想があります。)

便秘はストレスからくる交感神経緊張状態です。
原因を突き止めストレスを解消し、食物繊維を中心とした食事をとり、
腸管の動きをよくするための運動をすることです。

薬だけに頼ると、下痢すら引き起こさない体になります。
下痢は基本的に体が毒を外に出そうとする反応なため、ときには下痢になることも
大事です。

便秘の原因ですが、こんな人もおられます。
食物繊維を多く摂り過ぎの人、サプリメントに頼り過ぎている人、
これらの人も便秘気味の人が多いです。
この場合、人間の体というのは良い物ばかりを入れていると逆に自然治癒力が働き、
「それは良い物だから外に出してはいけない!」という反応を起すのではないかと
思います。
なにも「有害物質を入れろ!」と言っているのではありません。
バランスよく、食事をすることです。
良いと思う物も、度が過ぎればマイナスになります。
以上、私の感性で書かして頂きました。
薬、注射に頼らず、
自然の摂理からくる自分の感性を生かすことで、
健康を手に入れることは出来ると思います。
スポンサーサイト
14:05  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/394-90483348

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |