FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

動くようになた膝

2009.08.28 (Fri)

病院で手術を勧められた患者さんです。

(治療前)
柴田さんの膝・治療前

初めの頃は、治療前ではほとんど言っていい程膝は曲がりませんでした。
今では治療前でも少し曲がるようになって来ました。

(治療後)
柴田さんの脚・治療後

治療が終わるとかなり曲がるようになります。

私は変形性膝関節症の方には手術を勧める場合もあります。
しかし、この方の場合は私には手術は考えられませんでした。
というのは、

膝関節の変形が少ない、
膝跳動(?)、
筋力がしっかりしている、

以上の理由で私は理学療法を勧めました。

治療を開始して2年になりますが、
(良好な結果は治療開始後、少しづつ現れて来ました。)
今では乗れなかった自転車にも乗れるようになり、
本人も喜んでおられます。

下の動画は治療後の膝ですが、
最初は全くと言っていい程動きませんでしたが、
今ではかなり動くようになって来ました。
[高画質で再生]

動くようになった膝 [ドメイン]

私は変形性膝関節症の患者さんに関しても、
出来るだけ手術を勧めず、
まずは理学療法で経過観察するようにしています。
と言うのは私の経験上ですが、
手術をして年月が経って来ると、
手術をした膝に関わらず、
どこかしらにヒズミ(痛み)が出て来るように思えます。
例えば、股関節や腰に痛みが出て来たり、
なかには新たな手術(大腿骨頭置換術)をされたりする場合もありました。

ただ、私はなんでもかんでも手術がいけないと言ってるのではありません、
やはり、変形、痛み、腫れがきつい場合は手術をした方が良い場合も多々あります。
しかし、上記しているように、
手術をしなくても理学療法だけで非常に良い結果が出る場合もあります。

今では人工関節置換術の技術もかなり良くなって来ました。
しかし、まずは理学療法やリハビリに励まれ、
そして、経過が良くなければ手術を考える、
私にはこの方法がベストに思えます。
(ただ、最初の診察から手術を勧める場合もあり、
一概に上記している事だけがベストではありません)
スポンサーサイト



12:19  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/396-a81f61ce

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |