FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

De Quervain病

2009.09.17 (Thu)

今回の題材ですが、
De Quervain病と最後に病と付いていますが、
病気というよりも手関節の腱鞘炎です。
長母指外転筋腱と短母指外転筋腱が通っている腱鞘に発症します。

原因は母指の過労により、
腱と滑膜(腱鞘)の摩擦の繰り返しにより炎症を生じます。

この腱鞘炎の診察ですが、
Finkelsteinテストという徒手検査を行います。

この腱鞘炎を治療する時ですが、
治療家によって様々な治療があると思います。
私もよくDe Quervain病の治療はします。
その時、痛みは手関節に限局されている時が多いですが、
私は決して手関節のみを診ているだけではいけない!
と思います。
というのは、
この腱鞘炎になっている方を診ていると、
上腕骨が内旋して内側に入り込んでいる方が多いです。
そのような方が必ず猫背になっています。
猫背になると、
上肢に行く血流が悪くなります。
また、上肢に行く神経も圧迫され少しの刺激で痛みが出やすくなります。

De Quervain病の場合、
局所のみにとらわれず、
やはり、全体を診る事が大事と思います。

局所のみの湿布や痛み止めの軟膏だけでは、
根本的な治療になっているとは考えられません!
スポンサーサイト



11:01  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/409-29935d5e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |