FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

ACL損傷

2009.10.07 (Wed)

最近、ACLの靭帯再腱手術をされるスポーツ選手が非常に多いです。
一昔前(いいかげんな言い方ですが)までは、
あまりする人は多くなかったと思います。
そのため、昔に何かスポーツをされていた人の膝を診ると、
ACLがすでに断裂、もしくはほぼ切れかけの状態の人が少なくありません。
最近のスポーツ医学の発達、アスリートの体に対する意識の向上、
これらがACLに対しての靭帯再腱術を受けるアスリートを増やしていると思います。
ところが、私がACL再腱術の術後のアスリートを診ていると、
この手術は慎重に受ける必要があると私は考えています。
まず、手術をされる前ですが、
膝に動揺性が著名に出現します。
この場合、膝に種々の弊害が出現します。
また、他にもいろいろな弊害は体中、あちらこちらに出現しますが、
手術を考えられた場合は、膝のみの弊害を考えるだけでいいと思います。
そして、手術をされ術後ですが、
これは、まず理学療法(リハビリ)の専門家がメニューを組まれます。
これはアスリートとしてのリハビリとしてではなく、
患者としてのリハビリです。
そして、私たちの治療も同時進行で進めて行きます。
この場合、私が一番重要としているのは、
選手のスポーツレベルです。
このスポーツレベル、パフォーマンスを落とさない治療をすると言う事です。
これは、その選手を治療して見なければ分からない事ですが、
まず、この事をアスリート(患者)に意識して頂きます。
そして、治療に入って行き、感性を鈍らすようになっている所を探して行く訳です。
そして、治療をしながら筋力の戻り具合などをチェックします。
また、早く現場に復帰したいがために無理にリハビリを行い、
筋肉、関節に負担をかけてしまう人がよくおられます。
ACLの場合、その他の再腱術と違い関節内部の靭帯のために、
焦っては非常に危険をはらむ場合があります。
時間の経過と相談しながらリハビリは行わなければなりません。
最後に私が行っているACL損傷のテーピングです。
伸展制限を行い、クロステープも入れていますので、
中は見にくいですが、これだけしていれば十分と思います。
Dc72.jpg
このACLの再腱術の術後を診ていると、
ほとんどの方は、パフォーマンスは下がっているように思えます。
(個人差はかなりあります。)
私は選手とよく相談します。
また、セカンドオピニオンを入れる場合もよくあります。
簡単に「手術をする!」と言う選手が非常に多いですが、
治療家として言える事は、
手術は本当に慎重になって欲しいと言う事です。
スポンサーサイト



10:17  |  スポーツ障害  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/424-bdc17bc6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |