09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

病は気から

2009.10.12 (Mon)

「笑いと免疫力」という、
リウマチ専門のお医者さんの本お読ませて頂きました。
この先生は、35年間もリウマチ患者さんの診察にあたられています。
先生は長年の経験から、
気の持ち方や笑いによってリウマチの症状が和らぐと言われます。
関節リウマチの患者さんの中には、
投薬やの種類や量をかえないのに、
急に病気が悪くなる人がおられ、
反対に症状が和らぐという人がいます。

(悪くなる人)
  ・友人との人間関係がこじれてしまった。
  ・夫との間がうまくいっていない(男性では妻との間がうまくいていない)。
  ・身内または友人の死亡。
  ・定年退職した夫と一日中いっしょに顔を付き合わせなければいけない。
  ・泣く泣く離婚した。
  ・子供の入学試験や就職試験。
  ・事業の失敗、夫の転職やリストラ。
 
(よくなる人)
  ・好きな人ができて結婚した。
  ・家族または友人との(こじれていた)人間関係が改善した。
  ・親しい友人と旅行した。
  ・離婚した(嫌いな夫と別れられた)。
  ・熱中できる趣味をもつようになった。

病気そのものによって起こる症状を5として、
それが、精神的な悩みや苦しみがあると症状
は7にも8にも悪化します。
症状が悪くなれば薬の量もそれだけ増えてきます。
心の状態によって、
病気はよくも悪くもなります。

私も治療家になって(鍼灸学校をいれると)23年になりますが、
患者さんと接していて思うことですが、
専門用語を使って病気や怪我のことを話している時よりも、
私と患者さんが意気投合し、
趣味や今話題になっていることを、
おもしろ、おかしく喋って治療している方が結果はいいように思います。
スポンサーサイト
13:01  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/431-6ccf111a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |