09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

股関節

2009.11.08 (Sun)

股関節に痛みを訴えられ方も多いように思います。
痛みのあり方は人それそれです。
今回は中年以降に起こる変形性股関節症について書きます。

この疾患は名前の通り、
股関節(寛骨と大腿骨)が変形して来て、
寛骨と大腿骨がぶつかって痛みが出て来る疾患です。
とくに女性に多いように思えますが、
原因はハッキリと分かっていません、
症状がひどくなると手術で人工的な骨を入れます。
確かに変形がひどくなり、
そして症状がきつくなると手術は必要です。
ところが、私が先日に診た患者さんを治療していて気づいたのですが、
股関節に違和感が出た時に治療をしていれば、
痛みも取れるし、
変形性股関節症の予防にもなると実感しました。
下の写真をご覧下さい、
Dc252.jpg
左下肢が短くなっているのが分かると思います。
この方も右の股関節痛で来院されていますが、
この下肢のアンバランスが右の寛骨と大腿骨を圧迫して行き、
そして、周囲の軟部組織に負担をかけ、
そして、その軟部組織、股関節に痛みが出ていると私は診察しました。
この方のレントゲンも診ましたが、
変形はあまり無いように思えましたが、
やはり、股関節の裂隙が狭くなって来ていました。
私が今回勉強させて頂いたのは、
この時点でしっかりとした治療、リハビリをしていれば、
手術まで行く事はない!
ただ、これを放っておくと、
軟部組織からどんどんと骨に負担がかかって行き、
そして変形がきつくなり、
行く行くは人工関節置換術の手術になると思いました。
また、この方の症状を聞いていると、
「膝が折れ曲がったような感じになる!」ともいわれています。
右下肢がこれだけ短い訳です。
膝も曲がらなければ歩けません、
股関節だけでなく、
膝関節にも負担がかかって行き、
そして、膝関節も変形がかかって行くように思います。
治療ですが、
やはり、股関節だけを診ていても、
この下肢のアンバランスは治りません、
全身のバランスを整えて行きます。
下の写真をご覧下さい、
Dc251.jpg
下肢の長さが大分そろって来ているのが分かると思います。
このように、痛みを取るだけでなく、
全身のバランスを整えて股関節に対する負担を減らし、
そして、股関節の裂隙を広げてやる、
これが我々治療家の治療と思います。
病院の場合は局所のみを診る、
そして、骨の変形がひどければ整形のDrでの手術、
しかし、誰でも手術はしたくないはずです。
そのためには、やはり早くベストな治療が必要です。
今回、この患者さんは当院に来院される前にも、
ちゃんとレントゲンを撮り、
また、それを持参して下さいました。
治療は非常にやり易いです。
スポンサーサイト
18:59  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/445-79a17bd4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |