06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

高血圧

2009.11.11 (Wed)

心臓は血液を循環させて酸素や栄養を全身に送る、
ポンプの役割をしています。
血圧とは、心臓から血液が送り出される時、
動脈壁に加わる血液の圧力の事をいいます。

心臓が収縮して血液を送り出した瞬間に動脈にかかる圧力、
これを収縮期血圧、最大血圧、上の血圧、
反対に心臓が拡張して、
血液が戻ってくる時は、
圧力が最も低くなるため、
拡張期血圧、最小血圧、下の血圧といいます。

高血圧の診断基準
分類 収縮期血圧(mmHg)   拡張期血圧(mmHg)
至適血圧 <120 かつ <80
正常血圧 <130 かつ <85
正常高値血圧 130~139 または 85~89
グレードⅠ・軽症高血圧 140~159 または 90~99
グレードⅡ・中等症高血圧 160~179 または 100~109
グレードⅢ・重症高血圧 180以上 または 110以上 

高血圧の種類とその原因
 ●本態性高血圧
  <原因がはっきりとしない、考えられる原因>
  ・過剰な塩分摂取
  ・肥満
  ・飲酒
  ・精神的ストレス
  ・肉体的労働の過剰
  ・たんぱく質、脂質の不適切な摂取
  ・喫煙

 ●二次性高血圧
  〈原因がはっきりしている〉
  ・腎性高血圧
   腎炎、慢性腎盂炎、糖尿病性腎症、
   のう胞腎、腎腫瘍、腎血管疾患など
  ・内分泌性高血圧
   甲状腺、副腎、脳下垂体などの内分泌器官の病気
  ・血管性高血圧
   大動脈炎症候群、大動脈縮搾症などの動脈の異常
  ・脳、中枢神経性高血圧
   脳膜炎、脳外傷など
  ・その他
   薬剤など

高血圧から起こる病気
高血圧をそのまま放置しておくと、
脳や心臓、腎臓に合併症が起こる!
●脳卒中
 〈血管が詰まるタイプ〉
  ・脳血栓
  ・脳塞栓
 〈出血するタイプ〉
  ・脳出血
  ・くも膜下出血
 〈心疾患〉
  ・心肥大、心不全
  ・心筋梗塞、狭心症
 〈腎不全〉
  
血圧コントロールのための降圧薬
●血管収縮を緩和
 ・カルシウム拮抗薬
 ・アンジオテンシン交換酵素(ACE)阻害薬
 ・アンジオテンシン?受容体拮抗薬
●体内のNa量を減らす
 ・利尿薬
●交感神経の緊張を緩和する
 ・β遮断薬
 ・α遮断薬 

(私の治療家としての考え方)
高血圧のほとんどは本態性高血圧です。
という事で、本態性高血圧について私の考え方を書かして頂きます。

下の動画をご覧下さい!
[高画質で再生]

血管美人で診る血液の流れ [掲示板]
毛細血管の血流、形状を診ています。
まず血流ですが、
この動画だけでは分かりにくいと思いますが、
よく見ると、
やたらと速くなっている所と、
遅くなっている所があります。
これを診ていて私が考えた事ですが、
血流というのは速過ぎても遅過ぎてもいけない!
やはり、速くもなく遅くてもない状態ベストだと私は考えました。
ここでなぜこういうバラバラの状態が出来るかという事ですが、
遅く滞っている所はストレスなどにより、
毛細血管が狭窄されたり、
老廃物などで詰まっている所があると思われます。
速過ぎる所は遅く滞っている所をが流そうとし、
心臓に負担がかかり血圧が高くなるように私は考えました。
血管
しかし、私が普段から血管美人で毛細血管を診ていると、
それだけが高血圧の原因とはいえないように思えます。
もちろん、上記している塩分の取り過ぎなどの原因もありますが、
というのは、低血圧にも関わらず、
やたらと血流の速い人、
また逆に、高血圧にも関わらず、
やたらと血流の遅い人がいます。
これは一体どういう事かという疑問が湧いて来ました。
私はここで自律神経失調症という事を思いつきました。
以前は血球には自律神経の作用はないように考えられていました。
しかし、現在は血球にも自律神経支配が働く!
という事がいわれています。
という事は、血圧が低いにも関わらず、
血流が速い人は、
心臓は交感神経が緊張していないのに、
血球は交感神経が緊張して血流が早くなっている、
自律神経がバラバラの状態、
自律神経失調症となられていると考えました。
血圧が高いにも関わらず、
血流の遅い人、
まったく逆の事がいえると思います。

これらは私が血管美人を測定していて考えた事ですが、
やはり、高血圧というのは、
過度のストレスから来る交感神経緊張状態、
また、自律神経がアンバランスによる自律神経失調症、
これらから根本的に診て行かなければいけないと思います。
高血圧の治療にとって、
私は薬物も大事と考えています。
しかし、薬物だけに頼って、
上記している事を見直さなければ、
真の治癒はないと私は考えています。

高血圧の治療
(高血圧の反射区)
●頭
頭部の高血圧の反応点

●首
高血圧の反応点

●合谷
合谷

(心臓の反射区)
●手のひら
手のひら・心臓の反射区

●足裏
足裏・心臓の反射区

(高血圧の主要経穴)
 頭部 百会 天柱  風池
 背部 天髎 心兪 膈兪 肝兪 腎兪
 胸腹部 関元 中脘 膻中 
 上肢 合谷 曲池 
 下肢 陽陵泉 足三里 三陰交 復溜

●とくに復溜穴には、
血流の悪さで体がむくんだり、
尿の出が悪くなるのを解消します。
復溜穴

以上ですが、
患者様に生活習慣を見直して頂く、
そして、定期的に内科で診察してもらう、
これらの事ももちろん大事ですが、
私は、我々の治療も十分に高血圧の方のお役に立てると考えています。

芦屋ローリング健康センター・山西整骨院
http://www.ashiya-rolling.com
スポンサーサイト
16:31  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/447-b96ef913

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |