FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

徒手

2009.12.23 (Wed)

私達が現場で診る怪我(スポーツ障害)ですが、
徒手で診察する事でほぼ目安は付きます。
この場合、異常があればDrへの対診が必要になってきます。
これは、私たちがいつも臨床で行っている診察でも同じ事です。
例えば膝関節です。
ACL、PCL、半月板、MCL、LCL、PLSです。
とくに問題になってくるのは、
膝内障と呼ばれるACL、PCL、半月板です。
ただこの場合ですが、
なんでもかんでものDrへの対診が必要という訳ではありません。
程度にもよります。
ただ、高レベルのアスリートに関しては、
社会的見解を考えると、
Drへの対診は不可欠となってきます。
そして、選手からよく聞く事がありますが、
「病院に行ったけど、X?Pのみで骨に異常はない!」
というだけで、
「大した説明がなかった!」
いまだに、こういう事が多々聞かれます。
もちろんX?Pも大事です。
しかし、触らなければならない疾患もたくさんあります。

また腰痛の方ですが、
私の所に何週間も入院されて、
その後に、やはり痛みがあって来られました。
私もパッ!と診ただけでは分かりません。
この場合ですが、
治療=診断という意識で選手(患者さん)を治療して行く訳です。
とにかく、選手を触る!という事です。
これは何も変な意味ではありません。
治療して行くと、痛みの患部が分かって来ます。
正直「こんなんで入院してたん!」という疾患もあります。
すると、この選手がどのような競技、
ポジションという事を考えれば、
「何故ここに痛みが出たのか!」というイメージが湧いて来ます。
すると、治癒は比較的に早いように思えます。

上記している事を読まれると、
私達の方が痛みや治療に関してはいいのでないか!
と思われるか知れません。
確かに「病院に行ったけど何もしてくれなかった!」
という事も多々聞きます。
この場合は私達の治療の方が比較的に効果があると思います。
ところが、逆もあるという事を我々は認識しておかなければなりません。
どういう事かというと、
「治療院に行って症状が軽快するどころか、逆にひどく悪化した!」
という事ですが、
これも少なくはありません。
初検が大事という事です。
この辺の鑑別をしっかりとしているか!
我々治療家が医療として業を行っているか、
ただ単なるサービスとして業を行っているか、
違いがはっきりと出ると思われます。

松葉杖を着かれている方々ですが、
選手には失礼ですが、
私はこういった光景を見ると、
何かやる気が湧いて来ます。
怪我は絶対にしてはいけません!
でも仕事はしたい!
矛盾した事をいっていますが、
仕事をさせて頂いていると、
選手達と一緒に戦っているように感じます。

今回のブログの結論ですが、
選手(患者)の気持ちになってやるという事が一番大事と思います。
私は仕事の話が好きです。
友人とお酒を酌み交わしている時も、
体調不良や痛みに関して相談して頂ける事が嬉しいです。
私もまだまだ未熟者で大した相談には乗れないかも知れません、
しかし、これが上記している院内、
現場での仕事にも繋がって来ると思います。
スポンサーサイト



19:54  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/465-b4d99c87

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |