09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

脱臼に対する準備

2010.03.16 (Tue)

知り合いのDrのブログに書かれていました。
人工芝のグラウンドで肘関節脱臼があり、
その場で整復したと、

私も二年程前に人工芝のグラウンドで肘関節脱臼を診ました。
(この時は救急車を呼ばれ、整復はしていません)

上のDrはサッカーの試合で発症した事が書いていました。
私の場合はラグビーの試合で診ました。

何がいいたいかという事ですが、
この人工芝に問題があります。
いずれも転倒された時に手を着き、
負傷されていると思われますが、
人工芝の場合だと、
手なり足が引っかかり易い、
ケガが多くなるという事です。

今までの私の経験上、
サッカーの試合で肘関節脱臼など、
あまり聞いた事がありません、
ラグビーではコンタクトや転倒が多くなるため、
サッカーよりも多くなると思います。
しかし、最近は人工芝のグラウンドで、
やたらとケガ多い事をよく聞きます。
あるスポーツメーカーでは、
人工芝のグラウンドでは捻挫が多いため、
その対策に向けたスパイクを研究されているようです。

最近では人工芝のグラウンドが多くなって来ています。
やはり我々も予想出来る怪我に対して、
準備しておかなければいけません!

下の写真は肘関節脱臼ではなく、
肩関節脱臼のものです。
グラウンドも人工芝ではなく、
普通の土のグラウンドでしたが、
やはり、こういったケガに対しても、
いつでも対処出来るようにしておかなければならないと思います。
Dc66.jpg

肩関節脱臼にはこのポータブルベッドが非常に役に立ちます。
下のベッドにテーピングボックスなど、
私の現場に行く必需品です。
Dc95.jpg
スポンサーサイト
21:06  |  スポーツ障害  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/488-4f9deb91

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |