09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

四ヶ月ぶりの患者さん

2010.04.29 (Thu)

昨年の12月30日に来られ、
今日、ほぼ四ヶ月ぶりに来られた患者さんです。

治療前ですが、
下肢の長さがだいぶと違っています。
治療前の下肢の長さの違い

たまにあるんですが、
スリッパの片方が見当たらない時があり、
片一方を履きながら片一方を探していると、
どちらかの膝が痛くなったりする時があります。
上の写真のような状態を放っておくと、
やはり膝や腰に負担をかけ、
いろんな障害が併発して来ると思います。
下肢の長さがこれだけ違って来るという事は、
骨盤もどちらかに傾いていると思われます。
内臓にも負担がかかって来ると私は考えています。

治療後です。
治療後、正常になった下肢の長さ

治療としてはローリングで体全身の血流を良くし、
筋肉をほぐして行っただけです。
とくに腹部の治療に重点をおき、
内臓の動きを良くする事を意識しました。

次は腰の動きを診ています。
治療前です。
治療前の腰の動き

この動きで精一杯です。
これだけ動きが悪いと、
腰も痛くなるのは当然と思えます。
また今回は肩や首が非常に辛いと言われていました。
下肢の長さもかなり違ってバランスも悪くなり、
そして腰や背中の筋肉もこれだけ硬くなり動きも悪くなっている、
本人は非常につらいと思えます。

治療後です。
三木さんの治療後

完璧とまでは言えませんが、
これだけ動きが良くなると、
本人は「非常に楽になった!」と言われていました。

四ヶ月ぶりに来られたのですが、
やはりもう少し間に治療を入れた方が良いように思えました。
ストレスにより血流が悪くなり、
筋肉も硬くなって骨格も悪くなって来ている、
この方を治療していて思った事ですが、
仕事の忙しさのあまり交感神経緊張状態となられ、
ストレスを溜め込んでいる!
こうなるといろんな疾病の原因にもなって来ると思われます。
人それぞれストレスの取り方や解消の違いはありますが、
この方の場合は治療に四ヶ月間を空けるのは、
ちょっと空けすぎと感じました。
スポンサーサイト
19:40  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/501-1c877525

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |