FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

頬骨骨折

2010.05.05 (Wed)

頬骨骨折ですが、
スポーツではラグビーや空手の試合でよくあります。
先日、あるラグビーの試合で頬骨骨折がありました。
実は私も20年前にラグビーの試合で負傷しました。
下の写真は20年前の私が負傷した時の物です。
頬骨骨折

右側の頬骨が骨折しているのが分かると思います。
眼球が陥没したり、
眼球の動きが悪くなったり、
転位がきつければ手術をされます。
しかし、転位があまりきつくなく、
機能的にも支障がないようであれば、
そのままにされて置く事も多々あります。

その他にも眼窩下神経を損傷し、
頬部、鼻外側、上口唇部、上歯肉部にシビレを訴える方も見られます。

この頬骨骨折ですが、
非常に痛みがきついです。
(私も経験しました)
今回私が診た選手も非常につらそうな顔をされておられました。
ここで私が重要に思う事があります。
それは「頬骨骨折をしっかりと診てあげる!そして痛みを分かってあげる!」という事です。
当たり前の事ではありますが、
この疾患ですが、
分かりにくいかも知れませんが、
頬骨弓を左右見比べると、
どちらかの陥凹が分かります。
そしてこの疾患はとにかく痛い、
その痛さを分かってあげる、
それだけでも選手は少しホッ!とされると思います。

どんな疾患でもそうですが、
負傷した時に「そんなん大丈夫や!」
など言われた選手はどんな気持ちになるでしょうか!
今回、頬骨骨折の選手を診てつくづくそんな事を感じました。
スポンサーサイト



21:44  |  スポーツ障害  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/503-9111b343

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |