FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

教科書通りには行かない!

2010.05.07 (Fri)

膝の障害で診ておかなければならない事を少しあげたいと思います。

ACL前十字
PCL後十字
PLS外側支持機構
MM内側半月板
LM外側半月板
MCL内側々副靭帯
LCL外側々副靭帯

膝蓋靭帯(内側に脂肪のかたまり炎症を持つ)

内側関節包靭帯(関節包と境界のあまりかわらない靭帯)

血症(脂のつぶが見られれば、骨の損傷を疑う)

ジャンパー膝?膝蓋靭帯

ランナー膝?腸脛靭帯

膝蓋骨高位

OーX脚

脛骨内反
脛骨捻転

以上が膝の障害で来院された方に対して、
とりあえず診察しておかなければならない事と思いますが、
実際に我々のところに来る患者さんを診ていると、
教科書通りには行かない疾患も多いと思います。

下の写真の方ですが、
小学6年生でサッカーをされている方です。
りくくんの膝

ローリングを当てている箇所に痛みを訴えておられます。
上記している疾患に当てはまるものが無いように思えます。
しかし、患者さんは痛みを訴えて来院されている訳です。
上記している事にとらわれず、
この痛みの原因になっていると思われる事を、
考えて行かなければならないと思います。

私なりに考えた原因については、
かなり長くなると思いますので、
ここでは控えたいと思います。
ただ言える事は、
その痛みは必ず教科書通りには行かない!という事です。
今日、この患者さんを診ていてつくづく思わされました。
やはり普段からよく勉強して、
感性を鍛えておかなければならないと思います。
スポンサーサイト



20:57  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/504-b0ce1c69

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |