07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

サッカーとラグビーの違い、いろんな意味で感じた

2010.05.31 (Mon)

堺ナショナルトレーニングセンターに行って来ました。
ナショナルトレーニングセンター

クラブハウスもあります。
これがまた立派!
堺ナショナルトレーニングセンター

僕はラグビーによく行きますが、
正直、ラグビーはサッカーより遅れているといった印象を受けました。
ナショナルトレーニングセンター・?


これだけサッカーが出来る環境が整えば、
サッカー人口が増えるのも当然です。
昔(20年?30年前)はラグビーの方が人気があったように思えます。
失礼な話ですが、その当時はサッカーの社会人リーグなど、
ほとんど観客はいてなかったように記憶していますが、
今ではこれだけサッカーが普及している、

高校生のラグビーの試合によく行きますが、
合同チームの多いこと、
(一つの学校では15人が確保出来ないため、数校でチームを作る)
何とかラグビーもサッカーのようになれないか!
それが今回のサッカーチームの帯同で一番に感じたことでした。

仕事に入って行きます。
二四六

上の写真は股関節の治療にしていますが、
今回一番印象に感じたことは、
ハムストリングスが硬くなっている選手が多いという事です。
やはりサッカーの選手は下半身が重要です。
写真では股関節を治療していますが、
ハムストリングスをほぐすには、
この股関節も重要と私は考えています。
また最近では股関節の動き(α角)の悪さが、
前十字靭帯損傷を招くといわれています。
股関節の治療も非常に大事と思います。

腰部も治療していますが、
今回はほとんど下半身の治療が主でした。
履正社

やはりサッカーは下半身の治療が中心です。
いつも行くラグビーでは上半身を訴える選手も多いです。
やはり競技によって怪我や損傷する箇所が違って来る、
その辺をちゃんと準備して仕事に入るという事ですね!

ちなみに下の写真はラグビー選手の肩を治療しているところです。
痛がっていますが、ほんの軽くローラーを転がしているだけです。
(普段はこのように痛がらすような事はしません)
肩を中心とした上半身に負担がかかっていると思われます。
ラグビーの選手ではこのように上半身も重要と考えますが、
サッカーの選手では上半身よりもやはり下半身、
まずこれを意識して良いと思います。
水山の肩の治療

普段は下の写真のように、
笑いながら痛みがらすよう治療はしません、
ご安心して治療を受けて下さい!
水山治療中・?
スポンサーサイト
05:55  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/509-e60bdca4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |