09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

痛みのつらさ

2009.05.15 (Fri)

平成18年2月26日

現代社会には、心身の不調をもたらすストレスの要因があふれています。
あらゆる現代人は身体のどこかしらに変調をきたしている、といっても過言ではありません。
あの人もこの人も、どこかしらに疾患をかかえて苦しんでいます。

そのなかでも、腰痛、神経痛、リウマチ、関節痛、生理痛など、
「痛み」に悩む人は本当に多いです。

痛みに襲われるたびに、この痛みは体のどこかのひどい病気からきているのではないか、
ひょっとしたらガンではないかなどと、不安におののく人も多いのではないでしょうか。
それも無理はありません。

私がおどろくのは、この痛みをあきらめている人が多いということです。

聞いていれば、痛みが出る前に「痛み止めの薬を飲むように!」と、
指導するDrもおられるということです。
こういうことをしていれば、体の痛み、不調は改善されず、血液循環がどんどん悪くなり、
人間本来もっている自然治癒力(免疫力)がどんどん低下していきます。
薬づけの体となり、いずれ体の破綻が訪れます。

このような人もおられます。
痛みに悩まされ、心療内科に訪れます。
「仕事を止めなければ、治りませんよ!」と、簡単に言われたそうです。
患者さんにとって、生活、人生がかかっています。
こんな心のないDrの診療は、即拒否するべきでしょう。

これらのようなことを、頼っていたDrに言われれば、嫌気もさし、諦める気にもなるでしょう。

今日の医療のあり方は、これらの人たちの訴える痛みに対して、まだまだ完全な答えを
だしていないということです。

偉そうなことを書きましたが、私も日々勉強です。
スポンサーサイト
16:21  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/56-82b527c6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |