FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

腹部の重要性

2010.10.19 (Tue)

治療前の下肢の長さです。
長さに違いがあります。
宮前さんの治療前

腹部を治療した後です。
宮前さんの腹部の治療が終った後の下肢の長さ

すべての治療が終わった後です。
宮前さんの治療後の下肢の長さ

腹部だけでも十分に下肢の長さが揃います。
腹部の重要性がお分かりになると思います。

(腹部の反射区)
腹部の反射点

またこんな方もいます。
捻挫で来院されている方です。
捻挫

やはり下肢の長さに違いがあります。
下肢の長短

下肢の長さに違いがあると、
私は捻挫の原因の一つとも考えています。
よく捻挫の予防や再発予防にテーピングを巻かれます。
もちろんテーピングは重要です。
私も現場でテーピングを巻きまくる時があります。
しかし、ただ巻くだけでなく、
上記しているように、
骨格も正常に整えてテーピングを施す!
私はこれがベストと思います。

腹部を治療すると下肢の長さは揃い、
骨格が正常に戻って行きます。
腹部の治療はこういった意味でも重要と考えています。

とはいっても、
現場ではなかなか時間がなく、
どこのトレーナーの方も、
テーピングだけに追われるのが現状と思います。

名神豊中ローリング健康センター
http://www.toyonaka-rolling.com/
スポンサーサイト



09:31  |  治療  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://kouzushima.blog66.fc2.com/tb.php/562-42426964

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |